2014/08/20

平成26年改正著作権法「電子書籍に対応した出版権の整備」(平成27年1月1日施行)に伴う改正政省令が公布

「著作権法の一部を改正する法律」(平成26年法律第35号、平成26年5月14日公布、一部の規定を除いて平成27年1月1日施行)の施行に向けて、必要な政令(著作権法施行令)、省令(著作権法施行規則)、それぞれの改正が、平成26年8月20日の官報号外第185号にて公布された。

出版権としてCD-ROM等による出版についての権利やインターネット送信による電子出版についての権利が新たに規定され、それに伴う出版権の制限規定が整備されたこと等から、所要の規定の整備を行ったもの。具体的な内容は以下の通り。

-------
1.権利制限関係の規定の整備
○改正後の著作権法第86条第3項等により、出版権の制限に関し、新たに、出版権の目的となっている著作物の公衆送信について著作権の制限規定を準用することとされたこと等から、同項等で準用している当該著作権の制限規定のうち、政令・省令に委任している規定について、現行規定と同様の規定の整備を行う。
・令第2条第1項(視覚障害者等のための複製等が認められる者)
・令第2条の2第1項(聴覚障害者等のための複製等が認められる者)
・令第7条の2(美術の著作物等の譲渡等の申出に伴う複製等について講ずべき措置)
・令第7条の5(送信可能化された情報の収集、整理及び提供の基準)
・規則第4条の2(著作物の表示の大きさ又は精度に係る基準)
・規則第4条の4(送信可能化された情報の収集を禁止する措置の方法)

2.出版権の登録の申請書に係る記載事項の見直し
○出版権の登録の申請書に「対価の額又はその支払の方法若しくは時期の定め」(令第32条第2号)を記載することが、出版権者が出版権の登録を躊躇する大きな要因となっているとの指摘があることを踏まえ、対価の額等を出版権の登録の申請書に記載すべき事項から除外し、出版権登録申請書の様式(規則別記様式第七)について、所要の整備を行う。
-------

なお、改正点2に関連して、「出版権の登録の申請件数」は、昭和46年度~平成24年度の合計で293件に過ぎず、近年でも平成20年度2件、平成21年度0件、平成22年度5件、平成23年度3件、平成24年度0件とほとんど利用されていないのが実態である。(平成25年7月29日開催の「文化審議会著作権分科会出版関連小委員会(第6回)」参考資料「出版権に係る登録制度の概要」[PDF]より)

--------
【関連リンク】

■官報インターネット版

○著作権法施行令の一部を改正する政令(二八五)
https://kanpou.npb.go.jp/20140820/20140820g00185/20140820g001850012f.html

○著作権法施行規則の一部を改正する省令(文部科学二四)
https://kanpou.npb.go.jp/20140820/20140820g00185/20140820g001850050f.html

*30日経過後は https://kanpou.npb.go.jp/old/index.html から、平成26年8月20日の官報号外第185号を選択してください。

■電子政府の総合窓口(e-gov):パブリックコメントの結果

○著作権法施行令の一部を改正する政令案に関する意見募集の結果について
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=185000700&Mode=2

○著作権法施行規則の一部を改正する省令について
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=185000708&Mode=2

■文化庁

○平成26年通常国会 著作権法改正について
http://www.bunka.go.jp/chosakuken/26_houkaisei.html

○平成25年7月29日開催文化審議会著作権分科会出版関連小委員会(第6回)参考資料「出版権に係る登録制度の概要」
http://www.bunka.go.jp/chosakuken/singikai/shuppan/h25_06/pdf/sanko.pdf

以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/12

自民党政調、文部科学部会で「電子書籍に対応した出版権の整備について」等

自由民主党サイトの「会議情報」に以下の予定が掲載されている(2014年1月12日21:45時点)

---------------------------
2014年01月16日(木)
◆政調、文部科学部会
 13時30分(約30分) 702
 議題:1.第186回国会(常会)文部科学省提出予定法案について
    2.電子書籍に対応した出版権の整備について
    3.「教科書改革実行プラン」を受けた教科用図書検定基準の改正について
    4.その他
--------------------------

現在までの状況の整理として、当ブログの1月9日付記事も参考にしていただきたい。

●自由民主党:会議情報
https://www.jimin.jp/activity/conference/

●当ブログ:出版者への権利付与の著作権法改正案は紙と電子一体の「総合出版権」に(2014/01/09 19:20)
http://blog.chizaineta.com/2014/01/post-574b.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/09

出版者への権利付与の著作権法改正案は紙と電子一体の「総合出版権」に

共同通信記事「出版権、電子書籍にも拡大 文化庁が法改正で方針」によれば、文化庁は、海賊版対策などを目的とする出版者への権利付与の著作権法改正について、「出版権」の対象を紙の出版物だけでなく電子書籍を含める改正とする方針を固め、通常国会に提出予定、経団連提案の紙の出版権とは別の「電子出版権」は新設しない方向とのこと。

出版者(社)への権利付与については、文化審議会著作権分科会出版関連小委員会で議論されてきたが、「著作隣接権」ではなく「出版権」の改正で対応する方向となった後も、紙媒体で出版と電子出版に係る権利の一体化の是非について、一体設定を求める出版社側委員と、別設定を求める著作者側委員と経団連委員、との構図となっていた。また、中間報告のパブリックコメントでも同様であった。

平成25年12月20日開催の同小委員会において、報告書案[PDF]が了承されていたが、紙媒体で出版と電子出版に係る権利の一体化の是非、については同20~24頁において、両論併記の形となり、「電子書籍に対応した出版権の立法化に当たっては、小委員会で示された関係者の意見や出版・電子出版の実態、出版者の役割等を考慮することが必要であると考えられる」とされていた。

一方、「電子書籍と出版文化の振興に関する議員連盟(電子書籍議連)」は、出版社側と同様に紙出版と電子出版を一体化した「総合出版権」を基本方針とし(同議連事務局長の石橋みちひろ議員のブログ記事より)、また同議連の馳浩議員も、文化庁担当との打ち合わせなどにおいて、同議連の方針と文化庁提出法案が合わない場合には、議員修正も辞さない旨を伝えてきた模様。(馳浩議員ブログ記事 12月3日12月6日等)。

前記小委員会報告[PDF]23頁に記載されたように、要は契約をきちんとすることが大事ということになるのではあるが、法改正の行方、またどのような形になるにせよ改正後の実務運用は注視されるところである。

●出版権、電子書籍にも拡大 文化庁が法改正で方針(共同 01/09 17:18)
http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014010901001570.html

●文化審議会著作権分科会出版関連小委員会
http://www.bunka.go.jp/chosakuken/singikai/shuppan/index.html

●文化審議会著作権分科会出版関連小委員会報告書(案)(*平成25年12月20日の小委員会で了承されたされたもの)[PDF]
http://www.bunka.go.jp/chosakuken/singikai/shuppan/h25_09/pdf/shiryo_1.pdf

●石橋みちひろ議員ブログ:「電子書籍と出版文化の振興に関する議員連盟」第3回総会開催~基本方針固める
http://blog.goo.ne.jp/i484jp/e/c9df6de9bd461bf8b84b06c8490b88e5

●馳浩議員ブログ
12月3日 http://ameblo.jp/hase-hiroshi/entry-11717393198.htm
12月6日 http://ameblo.jp/hase-hiroshi/entry-11720648854.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

著作権分野の海外協力、アジア地域における音楽著作権の集中管理、フランスにおける書籍電子利用法の運用状況(文化庁:文化審議会著作権分科会国際小委員会(第2回)議事録)

文化庁は、平成25年11月15日に開催された文化審議会著作権分科会国際小委員会(第2回の議事録をサイトに掲載した(資料は既に掲載済み)。

WIPO等の最近の動向(視覚障害者等の発行された著作物へのアクセスを促進するためのマラケシュ条約(仮称)、伝統的文化表現の保護に係るテキスト)、著作権分野の海外協力、アジア地域における音楽著作権の集中管理(JASRAC渡辺副本部長)、フランスにおける書籍電子利用法の運用状況(井奈波朋子弁護士)、等についての発表と質疑応答が行われている。

●文化庁:文化審議会著作権分科会国際小委員会(第2回)議事録
http://www.bunka.go.jp/chosakuken/singikai/kokusai/h25_02/gijishidai_131115.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/06

文化庁:メディア芸術(特にマンガ,アニメ)に係る情報収集・分析,メディア芸術の情報拠点構築の研究補佐員(非常勤・期間業務)を募集

文化庁が、メディア芸術(特にマンガ,アニメ)に係る情報収集・分析,メディア芸術の情報拠点構築の研究補佐員(非常勤・期間業務)を募集している。

●文化庁:平成26年度文化庁非常勤職員(研究補佐員)(期間業務職員)採用のお知らせ
http://www.bunka.go.jp/oshirase_koubo_saiyou/2014/hijoukin_boshu_140106.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/22

「違法ダウンロード刑事罰化」の施行、周知は文化庁が担当

 今回の「私的違法ダウンロード刑事罰」は内閣提出法案ではなく議員修正だから文化庁は何もしない、という誤解がある模様。困惑はあるにせよ、著作権法の所管官庁として、政令、省令の起草や、パンフレット等の作成は文化庁(文部科学省)が行うことになります。
 そもそも、議員立法だから文化庁は何も知らなかったなんてことはありません。発端となった昨年8月の自民党の部会には、文化庁はもちろん、内閣府(知財戦略本部)、法務省、総務省、経産省、等の関係省庁の担当者が出席していました。

 ちなみに「映画の盗撮の防止に関する法律」も議員立法でできたものですが、所管官庁は文化庁で、条文やQ&A等が http://www.bunka.go.jp/chosakuken/eiga_tousatsu.html に。

 なお、当然のことですが、刑事罰は捜査と密接な関係があり、法務省、警察庁等も連携していくのでしょう。

 いずれにせよ「違法ダウンロード刑事罰化」の部分の施行は平成24年10月1日で、国や事業者等の周知等の取り組み義務は公布の日から施行となることは、法律付則で決まっていますが。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/07

文化審議会著作権分科会法制問題小委員会(第12期第1回 2012/06/07)実況ツイート

2012年6月7日(木)に開催された文化審議会著作権分科会法制問題小委員会(第1回) http://www.bunka.go.jp/oshirase_kaigi/2012/chosaku_hosei_120516.html を傍聴、実況ツイートしたもののまとめです。実況内容は当方の能力と作業の範囲内です。

togetterにもまとめてあります→ http://togetter.com/li/316701

-----------------------------
まったりモードで実況予定/文化審議会著作権分科会法制問題小委員会(第1回) http://www.bunka.go.jp/oshirase_kaigi/2012/chosaku_hosei_120516.html #知財ネタ #著作権 2012/06/07 14:00:40

議事:(1)法制問題小委員会主査の選任等について(この部分は非公開で傍聴者は一時退出)、(2)法制問題小委員会審議予定について、(3)その他 2012/06/07 14:01:30

配布資料 ○資料1:第12期文化審議会著作権分科会法制問題小委員会委員名簿、○資料2:小委員会の設置について(平成24年3月29日文化審議会著作権分科会決定)、○資料3:第12期の法制問題小委員会の当面の検討課題について(案) 2012/06/07 14:01:56

○資料4:海外におけるパロディの取扱いに関する調査研究報告書、○資料5:ワーキングチームの設置について(案) 2012/06/07 14:02:08

○参考資料1:文化審議会関係法令、○参考資料2:第12期文化審議会著作権分科会委員名簿、○参考資料3:第12期文化審議会著作権分科会 各小委員における検討について(第36回著作権分科会配布資料3)、 2012/06/07 14:02:38

○参考資料4:平成23年度法制問題小委員会の審議の経過等について、○参考資料5:著作権法の一部を改正する法律案の概要 2012/06/07 14:02:49

念のため:いま当方が実況ツイートしているのは、文化庁の文化審議会著作権分科会 http://www.bunka.go.jp/chosakuken/singikai/index.html の法制問題小委員会です。国会、衆議院文部科学委員会(内閣提出著作権法改正案、自公の「違法ダウンロード刑事罰」修正案)ではありません 2012/06/07 14:06:34

文化庁の文化審議会著作権分科会法制問題小委員会(第1回) http://www.bunka.go.jp/oshirase_kaigi/2012/chosaku_hosei_120516.html 現在は会議非公開の「主査の選任等」で、傍聴者は講堂の外に一時退出させられています。 2012/06/07 14:08:33

前年度同様に、主査は土肥一史教授、主査代理は大渕哲也教授が選出されたようです。河村文化庁次長の挨拶を経て、今年度検討課題について事務局より説明中。 2012/06/07 14:15:34

当面の検討課題(資料2)。○1.いわゆる「間接侵害」に係る課題(第30条第1項柱書及び同項第1号に係る課題を含む)、○2.著作権法第30条(私的使用のための複製)に係る課題、○3.著作物のパロディとしての利用に係る課題→ワーキングチーム設置で検討、との説明。 2012/06/07 14:17:26

なお、3月29日の著作権分科会で委員会から指摘された保護期間の延長、戦時加算の撤廃、等については、追い追い?との説明。 2012/06/07 14:20:08

上野委員:昨年度委託研究で実施された「海外における著作物のパロディの取扱いに関する調査研究報告書(平成24年3月)」[PDF 1.09MB] http://www.bunka.go.jp/chosakuken/pdf/chosakuken_toriatsukai.pdf について報告中。 2012/06/07 14:21:42

海外パロディ調査研究については実況省略。前ツイートのリンク先の原典見てください。←事情によりちと内職しますんで(苦笑) 2012/06/07 14:23:43

上野委員による海外における著作物のパロディ調査研究の報告終了 14:29 2012/06/07 14:30:28

土肥主査:事務局説明の今期の当面の検討課題、上野委員報告の海外著作物パロディ調査報告、についてご意見、ご質問があれば。→と発言を促すが誰からも挙手なし。また上野委員、事務局に補足説明を求めるもこれも無し。 2012/06/07 14:32:36

土肥主査:特にご意見がないようであれば、今期の当面の検討課題については、事務局説明(資料3)のとおりで進めることになるがよろしいか?→重ねてたずねるも発言無し。 2012/06/07 14:34:16

松田委員:せっかくの機会なので発言。パロディについては、定義(狭義、広義)、感受すべき範囲、高度な風刺、等、裁判所としては苦労する問題があるのではないか?外国の事例ではどうだったか? 2012/06/07 14:36:45

上野委員:なかなか比較が容易ではない。ドイツのそれとアメリカのターゲット型など。なぜ著作者が感受しなければいけないのかというハードル、裁判所で判断するにしても司法判断になじむのか、という問題。文化的な背景が前提だからできるのか、といったことも。 2012/06/07 14:38:49

土肥主査:パロディの検討についてはワーキングチームの設置を予定、事務局より説明を。 2012/06/07 14:39:44

事務局:資料5、パロディワーキングチームの設置。チーム員は主査が指名、検討は会議開催でけではなく、メーリングリスト等も活用。なお、原則として会議は非公開とするが議事要旨を作成しこれを公開。 2012/06/07 14:42:30

(で、ワーキングチームの議事要旨っていうのが、過去の実情としては、1行~3行程度という情報公開にはまったくなってないんだよなぁ。。。。。) 2012/06/07 14:43:23

土肥主査:ワーキングチームの設置についてご承認いただいたということでよろしいか(*異議なし)、 2012/06/07 14:43:51

土肥主査:パロディのワーキングチームの座長は小泉直樹委員にお願いしたい(*異議なし) 2012/06/07 14:44:45

土肥主査:検討課題についてご承認いただいが、課題についてご意見があれば→これも特に委員から発言無し。 2012/06/07 14:45:43

事務局:次回は6月28日(?すいません、聞き取りそこね)の予定。大渕委員から前年度の報告書の報告等をあらためていただくこととしたい。間接侵害はWTでヒアリングを行ったが、小委員会でも再度行いたいと考えている(これは次回ではなく)。事務局としても課題に的確に対応していきたい。 2012/06/07 14:47:36

事務局:次回は6月29日の10時~東海大学校友会館にて。 2012/06/07 14:48:05

土肥主査:では本日は閉会(14:48)。 2012/06/07 14:48:24

文化庁の文化審議会著作権分科会法制問題小委員会。国会(衆議院文部科学委員会)での内閣提出著作権法改正案の審議、自公「違法ダウンロード刑事罰」の修正案、の話は一言も出ませんでした。(*予想通りですが) 2012/06/07 14:50:28

次回開催日は28?29?ちと聞き取りに自信ないので後で確認。 2012/06/07 14:58:24

先ほどまでのツイートまとめ。実況内容は当方の能力と作業の範囲内です文化審議会著作権分科会法制問題小委員会(第12期第1回 2012/06/07)実況ツイート #著作権 #知財ネタ http://togetter.com/li/316701 2012/06/07 15:04:18
-----------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/02

内閣提出の著作権法改正案は強行採決も?

内閣提出の著作権法改正案は、自民党が文部科学委員会欠席を続けた場合に強行採決も?

馳浩衆議院議員(自民党)公式ページ 平成24年5月30日~はせ日記~ より
https://www.facebook.com/hasehiroshi.kousiki/posts/340668429338584

【引用開始】------------
午後の委員会中、民主党の田島一成さんが申し訳なさそうにやってきた。
「ごめん、明日、理事懇開きます。明後日、著作権法のお経読みさしていただきます。来週水曜日の定例日に、質疑採決します!」
「・・・それ、強行採決するってことね!」
「はせさんも出てきてくださいな!」
「問責2閣僚がおやめになれば素直に出ていきますし、そういう環境を作るのが与党の務めですよね!」
と申し上げたら、
「そんなン、参議院のことやん!」
とおっしゃる。
「ですから、衆議院でいくら数の力で強行採決しても、参議院では委員会すら開かれませんよ。参議院の意思で問責を野党一致して可決したんですから。参議院で成立する見通しのない法案を、どうして衆議院で審議できるんですか?意味ありませんよ。」
【引用以上】------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/08

文化庁:文化庁月報平成24年3月号(No.522) 連載「著作権トピックス」電子書籍の流通と利用の円滑化に関する検討会議

文化庁:文化庁月報平成24年3月号(No.522) 連載「著作権トピックス」電子書籍の流通と利用の円滑化に関する検討会議 http://www.bunka.go.jp/publish/bunkachou_geppou/2012_03/series_07/series_07.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/12

【傍聴準備メモ】文化審議会著作権分科会法制問題小委員会(第6回)

本日平成24年1月12日(木)午後3時~午後5時

文化審議会著作権分科会法制問題小委員会(第6回)

http://www.bunka.go.jp/oshirase_kaigi/2011/chosaku_hosei_111226.html

文化庁:著作権分科会 法制問題小委員会 http://www.bunka.go.jp/chosakuken/singikai/housei/index.html

議題(予定)

(1)国立国会図書館からの送信サービスに係る権利制限規定について

(2)契約・利用ワーキングチームからの経過報告について

(3)司法救済ワーキングチームからの経過報告について

(4)「クラウドコンピューティングと著作権に関する調査研究」について(報告)

(5)その他

■議題(1)国立国会図書館からの送信サービスに係る権利制限規定について

●「電子書籍の流通と利用の円滑化に関する検討会議」報告の公表(平成24年1月10日)

http://www.bunka.go.jp/bunkashingikai/kondankaitou/denshishoseki/kouhyou.html

■議題(2)契約・利用ワーキングチームからの経過報告について

●「契約・利用ワーキングチーム」議事要旨

http://www.bunka.go.jp/chosakuken/singikai/housei/keiyaku.html

■議題(3)司法救済ワーキングチームからの経過報告について

●「司法救済ワーキングチーム」議事要旨

http://www.bunka.go.jp/chosakuken/singikai/housei/shihou.html

■議題(4)「クラウドコンピューティングと著作権に関する調査研究」について(報告)

●「クラウドコンピューティングと著作権に関する調査研究」

→平成23年12月21日開催の知的財産戦略本部コンテンツ専門調査会の資料2-2「担当府省ヒアリング説明資料(デジタル化・ネットワーク化関係)~著作権制度上の総合的検討、インターネット上のコンテンツ侵害対策~」[PDF]に関連記述有り。

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/tyousakai/contents_kyouka/2012/dai3/siryou2_2.pdf

以上(2012年1月12日 13:33)

| | コメント (0) | トラックバック (0)