« 国立国会図書館:2014年1月6日 国立国会図書館の使命を着実に果たすために―平成26年の新年を迎えて(大滝則忠館長) | トップページ | 「自炊代行業者と著作権侵害の成否」(田村善之、ウエストロー・ジャパン「今週の判例コラム」第19号) »

2014/01/06

「知のインフラ整備とデジタル著作権の挑戦」(福井健策弁護士、情報管理 Vol. 56 (2013) No. 10 P 661-66)

福井健策弁護士による「知のインフラ整備とデジタル著作権の挑戦」が、情報管理 Vol. 56 (2013) No. 10 P 661-66 として公開されている。
--------------
抄録:日本が今,貴重な予算をかけても早急に整備すべきインフラは「知のインフラ」である。欧米がその整備にしのぎを削る文化資料の巨大デジタルアーカイブについては,わが国でも価値ある活動は少なくないが,その多くは「ヒト・カネ・著作権」というべき課題にあえいでいる。特に大量の文化資料をデジタル公開しようとすれば権利処理の手間は膨大となり,わけても,探しても権利者が見つからない「孤児作品」の問題は深刻で,欧米でも対策が進む。わが国でも権利処理を推進するために,(1)権利情報データベースの整備,(2)パブリックライセンスの普及,(3)孤児作品対策を含むアーカイブ法制の立案,などの対策を早急に進めるべきである。
--------------

●「知のインフラ整備とデジタル著作権の挑戦」(福井健策弁護士、情報管理 Vol. 56 (2013) No. 10 P 661-66)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/johokanri/56/10/56_661/_article/-char/ja/

|

« 国立国会図書館:2014年1月6日 国立国会図書館の使命を着実に果たすために―平成26年の新年を迎えて(大滝則忠館長) | トップページ | 「自炊代行業者と著作権侵害の成否」(田村善之、ウエストロー・ジャパン「今週の判例コラム」第19号) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13284/58895408

この記事へのトラックバック一覧です: 「知のインフラ整備とデジタル著作権の挑戦」(福井健策弁護士、情報管理 Vol. 56 (2013) No. 10 P 661-66):

« 国立国会図書館:2014年1月6日 国立国会図書館の使命を着実に果たすために―平成26年の新年を迎えて(大滝則忠館長) | トップページ | 「自炊代行業者と著作権侵害の成否」(田村善之、ウエストロー・ジャパン「今週の判例コラム」第19号) »