« 出版者への権利付与の著作権法改正案は紙と電子一体の「総合出版権」に | トップページ | NHKスペシャル:シリーズ「ジャパン ブランド」2夜連続放送 »

2014/01/09

日本知的財産協会:米国特許法改正(AIA)の概要(第5版)

日本知的財産協会は、米国特許法改正(AIA)の概要(第5版)[PDF] をサイトに掲載。

第4版の内容に対し、一部記載の修正を行うとともに、USPTO発表の施行規則(2013.3.16施行分)に基づき、パブリックコメントの内容およびステートメント提出の事例を追加したもの。

1.出願権利化関係(先願主義、譲受人による出願、発明者の宣誓書と宣言書、特許が付与されない発明、特許庁料金)
2.真の発明者決定手続(出願に対する手続、特許に対する手続)
3.他者権利への対抗手段(情報提供制度、付与後異議申立制度(PGR)、当事者系レビュー制度(IPR)、ビジネス方法特許のPGRの例外)
4.補充審査
5.特許表示
6.その他(ベストモード開示義務違反抗弁の廃止、先使用抗弁の拡大、訴訟参加及び審理併合の要件、USPTOのファンド、弁護士の助言、サテライトオフィスの設置、主な施行日)

●日本知的財産協会:米国特許法改正(AIA)の概要(第5版)[PDF]
http://www.jipa.or.jp/topics/aia_fifth.pdf

|

« 出版者への権利付与の著作権法改正案は紙と電子一体の「総合出版権」に | トップページ | NHKスペシャル:シリーズ「ジャパン ブランド」2夜連続放送 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13284/58914079

この記事へのトラックバック一覧です: 日本知的財産協会:米国特許法改正(AIA)の概要(第5版):

« 出版者への権利付与の著作権法改正案は紙と電子一体の「総合出版権」に | トップページ | NHKスペシャル:シリーズ「ジャパン ブランド」2夜連続放送 »