« [TV番組]「技術売買 ある中小企業の決断」7月1日(日)24:50~25:20 | トップページ | イーライセンスが公正取引員会のJASRAC審決取消訴訟を提起 »

2012/07/02

[TV番組]山中伸弥教授出演/「不治の病を治せ~iPS細胞 実用化前夜~」7月3日(火)19:30~19:56

[TV番組]山中伸弥教授出演/「不治の病を治せ~iPS細胞 実用化前夜~」@NHK クローズアップ現代 http://nhk.jp/gendai/?g-20120703-3223 ※7月3日(火)19:30~19:56

[公式サイトより引用]--------------------
iPS細胞を使って人の組織を作り、移植により「不治の病」を治す。この“夢の再生医療”が現実になろうとしている。iPS細胞の「がん化」リスクを減らす培養方法が見つかったためだ。最も移植が早いと見られているのは、「加齢黄斑変性」という視力が失われる病気、日本に40万人の患者がいるとされる。患者のiPS細胞から網膜組織を作り出して移植するというものだ。また、難病患者からiPS細胞を作り出し薬剤の効果を確かめる取り組みが始まり、具体的に効果のあるものも見つかりつつある。さらに、iPS細胞を使うことで、がんの原因を探るための研究も始まった。実用化目前のiPS細胞研究の最前線に迫る。
-------------------------------------

★2012/07/04 14:20 追記:公式サイトに放送の全文テキストと動画の一部がアップされました。

●“夢の医療”は実現するか - NHK クローズアップ現代
http://nhk.jp/gendai/?g-20120703-3223
*全文テキスト
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3223_all.html

[一部引用]-------------------
(必要な体制として)先ほど言いました研究開発を進めるというのも非常に大切ですが、よく私はジクソーパズルと同じだと感じます。
パズルの完成には全部のピースがそろわないとだめです。
研究開発というのは、その1つのピースにすぎません。
それ以外に厚労省であったり、PMDAから許可を得るという、許認可というピースが必要です。
倫理的なピースも必要です。
特許のピースも必要です。
いろんなピースが全部そろって、初めて一般的な治療になります。
そして、より大切なのは、そのピースを全部組み立てる役割の人もいます。
経営的な感覚を持った人もいますので、そういった体制が取れて初めて一般的な治療になっていくと思います。
-----------------------------

|

« [TV番組]「技術売買 ある中小企業の決断」7月1日(日)24:50~25:20 | トップページ | イーライセンスが公正取引員会のJASRAC審決取消訴訟を提起 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13284/55102130

この記事へのトラックバック一覧です: [TV番組]山中伸弥教授出演/「不治の病を治せ~iPS細胞 実用化前夜~」7月3日(火)19:30~19:56:

« [TV番組]「技術売買 ある中小企業の決断」7月1日(日)24:50~25:20 | トップページ | イーライセンスが公正取引員会のJASRAC審決取消訴訟を提起 »