« 参議院文教委員会6月20日(水)に著作権法一部改正法案+違法ダウンロード刑事罰導入修正案を採決か | トップページ | 【速報】著作権法の一部を改正する法律成立(衆議院修正「私的違法ダウンロード刑事罰導入」含む) »

2012/06/20

【速報】参議院文教委員会は、著作権法の一部を改正する法律案を全会一致で可決

【速報】参議院文教委員会は、著作権法の一部を改正する法律案を全会一致で可決した。また附帯決議も全会一致で可決。
★2012/06/20 16:20 参議院本会議でも賛成多数で可決成立(内閣提出案+衆議院「私的違法ダウンロード刑事罰導入」案)

★2012/06/20 11:27 追記:インターネット審議中継から議事全文を書き起こしたので追記
=====================================================
■参議院文教科学委員会 平成24年6月20日(水) 午前10時頃~ 全文書き起こし

○野上浩太郎委員長(自民党)
 ただ今から文教科学委員会を開会いたします。
 委員の異動についてご報告いたします。昨日、森ゆうこ君が委員を辞任され、その補欠として大島九州男君が選任されました。また本日、草川昭三君及びはたともこ君が委員を辞任され、その補欠として山本ひろし君及び蓮舫君が選任されました。
 著作権法の一部を改正する法律案を議題とし、質疑を行います。別にご発言もないようですから、質疑は終局したものと認めます。これより討論に入ります。別にご意見もないようですから、これより直ちに採決に入ります。
 著作権法の一部を改正する法律案に賛成の方の挙手を願います。(*出席者全員挙手)全会一致と認めます。よって本案は全会一致を以て原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 この際、鈴木君から発言を求められておりますので、これを許します。鈴木寛君。

○鈴木寛委員[理事](民主党)
 私はただいま可決されました著作権法の一部を改正する法律案に対し、民主党・新緑風会、自由民主党、たちあがれ日本、無所属の会、公明党、みんなの党、国民新党、及び新党大地・真民主の各派共同提案による付帯決議を提出いたします。案文を朗読いたします。
「著作権法の一部を改正する法律案に対する付帯決議案。
 政府及び関係者は本法律の施行にあたり、次の事項について特段の配慮をすべきである。
一.障碍者の情報アクセスを保証し、情報格差を是正する観点から、録音図書等の作成を行うボランティア活動がこれまでに果たしてきた役割に鑑み、ボランティア団体が法人格の有無に関わらず、円滑にその活動に取り組めるよう努めること。
二.視覚障碍者等への情報提供の充実に資するため、作成された録音図書等が有効に活用できるよう、視覚障碍者等のために情報を提供する事業を行う者のネットワークの構築に努めること。
三.違法なインターネット配信等による音楽・映像を、違法と知りながら録音・録画することの防止の重要性に対する理解を深めるための啓発等の措置を講ずるにあたって、国及び地方公共団体は、有償著作物等を公衆に提供しまたは提示する事業者と連携協力を図り、より効果的な方法により、啓発等を進めること。
四.有償著作物等を公衆に提供しまたは提示する事業者は、インターネット利用者が違法なインターネット配信等から音楽・映像を違法と知りながら録音・録画することを防止するための措置を講じるように努めること。
五.著作権法の運用にあたっては、犯罪構成要件に該当しない者が不当な不利益を被らないようにすることが肝要であり、とりわけ第119条第3項の規定の運用にあたっては、警察の捜査権の濫用や、インターネットを利用した行為の不当な制限につながらないよう配慮すること。
六.付随対象著作物の利用に係る規定である第30条の2、検討の過程における利用に係る規定である第30条の3、技術の開発または実用化のための試験の用に供するための利用に係る規定である第30条の4及び情報通信技術を利用した情報提供の準備に必要な情報処理のための利用に係る規定である第47条の9については、関係者からその具体的内容が条文からだけではわかりにくい等の意見があることを踏まえ、これらの規定の対象となる具体的な行為の内容を明示するなど、その趣旨及び内容の周知を図ること。
七.国立国会図書館による図書館資料の自動公衆送信に係る規定の運用にあたっては、出版市場とりわけ今後の発展が期待されている電子書籍市場等に不当な影響を与えないように留意すること。
八.デジタル化、ネットワーク化の進展に伴い、情報化が急速に進展する中、著作権に関する知識が多くの国民にとって必要不可欠のものになっていることに鑑み、学校等における著作権教育の充実や国民に対する普及啓発活動に努めること。
右、決議する。」
 以上でございます。なにとぞ委員各位のご賛同をお願い申し上げます。

○野上浩太郎委員長(自民党)
 ただいま鈴木君から提出されました付帯決議案を議題とし、採決を行います。本付帯決議案に賛成の方の挙手を願います。(*出席者全員挙手)全会一致と認めます。よって鈴木君提出の付帯決議案は全会一致を以て本委員会の決議とすることに決定いたしました。
 ただいまの決議に関し、平野文部科学大臣から発言を求められていますので、この際これを許します。平野文部科学大臣。

○平野文部科学大臣(民主党)
 ただいまの決議につきまして、その趣旨に十分留意をいたしまして、対処してまいりたいと存じます。

○野上浩太郎委員長(自民党)
 なお、審査報告書の作成につきましては、これを委員長にご一任願いたいと存じますが、ご異議ございませんか。(*異議なしとの声)ご異議ないと認め、さよう決定いたします。
 本日はこれに散会いたします。
=====================================================

○内閣提出の「著作権法の一部を改正する法律案」
http://www.mext.go.jp/b_menu/houan/an/detail/1318798.htm
○衆議院での「著作権法の一部を改正する法律案に対する修正案」
http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/syuuseian/6_529E.htm

|

« 参議院文教委員会6月20日(水)に著作権法一部改正法案+違法ダウンロード刑事罰導入修正案を採決か | トップページ | 【速報】著作権法の一部を改正する法律成立(衆議院修正「私的違法ダウンロード刑事罰導入」含む) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13284/55008857

この記事へのトラックバック一覧です: 【速報】参議院文教委員会は、著作権法の一部を改正する法律案を全会一致で可決:

« 参議院文教委員会6月20日(水)に著作権法一部改正法案+違法ダウンロード刑事罰導入修正案を採決か | トップページ | 【速報】著作権法の一部を改正する法律成立(衆議院修正「私的違法ダウンロード刑事罰導入」含む) »