« 総合科学技術会議、労働契約法改正(有期雇用)と若手学術人材確保を検討 | トップページ | ドラマ「リーガル・ハイ」著作権侵害訴訟を題材に »

2012/04/20

総務省:法曹人口及び法曹養成制度の改革に関する政策評価<評価の結果及び勧告>

総務省:法曹人口及び法曹養成制度の改革に関する政策評価<評価の結果及び勧告> http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/000056940.html

 法曹人口の拡大及び法曹養成制度の改革に関する政策について、総体としてどの程度効果を上げているかなどの総合的な観点から、政策評価を初めて実施し、以下について、法務省及び文部科学省に対し勧告を実施。
 ①司法試験の年間合格者数に係る目標値の検討、②法科大学院における教育の質の向上、③法科大学院の入学定員の更なる削減、他校との統廃合の検討、④未修者対策の強化、⑤法科大学院に対する公的支援の見直し、⑥修了者の進路の把握、就職支援の充実

|

« 総合科学技術会議、労働契約法改正(有期雇用)と若手学術人材確保を検討 | トップページ | ドラマ「リーガル・ハイ」著作権侵害訴訟を題材に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13284/54857610

この記事へのトラックバック一覧です: 総務省:法曹人口及び法曹養成制度の改革に関する政策評価<評価の結果及び勧告>:

« 総合科学技術会議、労働契約法改正(有期雇用)と若手学術人材確保を検討 | トップページ | ドラマ「リーガル・ハイ」著作権侵害訴訟を題材に »