« グリー株式会社:訴訟の判決に関するお知らせ(vs ディー・エヌ・エー&ORSO) | トップページ | TPPでもくろまれるアメリカ文化による世界支配の野望(日刊サイゾー) »

2012/02/27

弁理士厚生年金基金:AIJ投資顧問会社との取引について

弁理士厚生年金基金:AIJ投資顧問会社との取引について[PDF] http://benrishi-kikin.or.jp/topics/pdf/AIJ.pdf

※AIJ社には運用委託をしていない。同基金の委託7社からもAIJ社の商品及び同種の商品は組入れられていない。

----------
弁理士厚生年金基金の状況は知りませんが(退職後1年程度で脱退しました)。
厚生年金基金の資金運用は悪化の一方で、一時期は約1900基金あったのが、今は約580基金。うち81基金が財政悪化(資金が必要額の9割を下回る)により、厚生労働省の監視対象に指定。
EU諸国の国債格付け引き下げで運用益の低下傾向はどこの基金にも影響があるとの指摘も。
やっぱり自分で蓄えておくのが一番ということでしょうか。

|

« グリー株式会社:訴訟の判決に関するお知らせ(vs ディー・エヌ・エー&ORSO) | トップページ | TPPでもくろまれるアメリカ文化による世界支配の野望(日刊サイゾー) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13284/54852799

この記事へのトラックバック一覧です: 弁理士厚生年金基金:AIJ投資顧問会社との取引について:

« グリー株式会社:訴訟の判決に関するお知らせ(vs ディー・エヌ・エー&ORSO) | トップページ | TPPでもくろまれるアメリカ文化による世界支配の野望(日刊サイゾー) »