« 文化審議会著作権分科会法制問題小委員会(第11回2010/12/03)傍聴メモ後半 | トップページ | 弁理士のあり方、試験制度見直しの衆議院経済産業委員会質疑 »

2011/06/04

知的財産推進計画2011決定

政府の知的財産推進本部(本部長:菅直人総理大臣)は、平成23年6月3日開催の同本部会合にて、知的財産推進計画2011を決定した。

○知的財産戦略本部
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/
※2011/06/04 00:40 時点、計画2011は未掲載。

○政府インターネットテレビ:菅総理の出席行事・会議等 知的財産戦略本部-平成23年6月3日
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg4926.html
※菅総理(本部長)の挨拶(2分19秒)
★書き起こし★
今日は知的財産戦略本部の会合で大変重要な決定を戴きました。いろいろな本部、私も出ておりますが、短い時間でこれだけ熱のこもった本部の場面は本当に凄いなという、そのみなさんのもの凄い分厚いこれまでの議論を強く感じさせて戴きました。
私も国際標準化というのは大変重要だということで、いろいろな指示をさせて戴きましたけれど、今回その国際標準化戦略と、そしてクールジャパン戦略という、そのことを本当にですね、戦略としての位置づけで、進めて戴きました。
知的財産推進計画2011、この会合で決定して戴いたことを本当に感謝申し上げます。
先端医療、次世代自動車等の分野における競争力といったことも含めた国際標準化と、東日本大震災によって、やや、クールジャパンの日本ブランドが、毀損されたところもありますけれど、さきほど大変、これはどなたでしたか、日本人の勇気ある、秩序ある行動そのものが、ある意味で日本に対する尊敬として世界から共鳴されている、そのことも広い意味でのクールジャパンとしての大きな財産ではないか、強く感じております。
そういった意味で、これもどなたかから、良いものを作ったんだから、後は政治、予算を付けろ、とそういう声が聞こえましたけれど、これはもちろん、私自身の責任でありますけれど、我が党あるいは国会をあげて、皆さん方のその思いをきちんと実現に繋げるよう政治の場でも頑張っていくということをあわせて申し上げて、お礼とさせて戴きます。どうも本当にご苦労さまでした。(以上)

○首相官邸:官房長官記者発表 平成23年6月3日(金)午前
http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201106/3_a.html
|知的財産戦略本部会合について
また、更に本日閣議前には、知的財産戦略本部会合が開催をされ、「知的財産推進計画2011」の決定等を行ないました。
この計画は、我が国が知的資産を創出・活用して成長に結びつけていくための戦略を、誰がいつまでに何をするのかといった具体的な工程まで含めて示したものであります。
詳細は、玄葉国家戦略担当大臣及び内閣官房知的財産戦略推進事務局から発表があるので、そちらでお聞きをいただきたいと思います。

【報道】
○知財推進計画を決定=菅首相、実行に意欲-政府(時事 2011/06/03 12:57)
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2011060300229

○次世代自動車・海水淡水化…知財推進計画を決定(読売 2011/06/03 18:38)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110603-OYT1T00813.htm

○国際標準獲得へアジアと連携 政府、知財推進計画2011決定(日経 2011/06/3 20:54)http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819481E2E1E2E3818DE2E1E2E4E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;at=DGXZZO0195164008122009000000

以上[facebook 2011/06/04 00:43 投稿記事を転載]

|

« 文化審議会著作権分科会法制問題小委員会(第11回2010/12/03)傍聴メモ後半 | トップページ | 弁理士のあり方、試験制度見直しの衆議院経済産業委員会質疑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13284/51851563

この記事へのトラックバック一覧です: 知的財産推進計画2011決定:

« 文化審議会著作権分科会法制問題小委員会(第11回2010/12/03)傍聴メモ後半 | トップページ | 弁理士のあり方、試験制度見直しの衆議院経済産業委員会質疑 »