« 模倣品・海賊版拡散防止条約(ACTA)構想は条約署名前の全文公表合意、次回会合9月日本で | トップページ | 文化審議会著作権分科会基本問題小委員会(第5回2010/08/23)=報告内容の具体化アクションは? »

2010/08/23

模倣品・海賊版拡散防止条約(ACTA)構想の第10回関係国会合の概要が公表

経済産業省と外務省は、8月16日~8月20日に米国の主催でワシントンで開催された模倣品・海賊版拡散防止条約(ACTA)の第10回関係国会合の概要を公表した。参加国は、我が国をはじめ、米国、EU、スイス、カナダ、韓国、メキシコ、シンガポール、豪州、ニュージーランド及びモロッコであり、米国からは、カーク通商代表及びサピロ次席通商代表が出席した。

今回第10回会合では、次回会合を2010年9月に日本で開催しそこで残された実質的論点を解決すること、署名の前に条約の全条文を公表することに合意したとのことである。また、我が国としてはACTAの早期実現を目指し、今後も関係国との議論を積極的にリードしていくとしている。

■交渉の概要(発表資料より引用)----------------------

●関係国は、スイス・ルツェルンで開催された前回会合の成果に基づき、条約のすべての章(前文、冒頭規定、一般的義務、民事執行、国境措置、刑事執行、デジタル環境における執行、国際協力、執行実務、制度上の措置、最終規定)について議論を進めました。

●また、米国は、関心を持つ方と政府関係者間でACTAについて意見交換を行う機会をもうけるため、利害関係者、非政府組織の代表、産業界代表、ACTA交渉参加国の交渉官による非公式会合を開催しました。

●関係国は、ACTAが、正当な貿易や世界経済の持続的成長を阻害する模倣・海賊行為の拡散をより実効的に撲滅する国際的枠組みを設立する条約であるとして、その重要性を強調しました。

●ACTAは既存の知的財産権の執行についての基準を構築することを目指すものであり、新しい知的財産権を含めようというものではなく、既存の知的財産保護の範囲について拡大するものでも、縮小するものでもありません。

●ACTAは、締約国が基本的権利と自由を尊重することに干渉するものではありません。ACTAは知的財産権の貿易関連の側面に関するWTO協定(TRIPS協定)および、TRIPS協定と公衆衛生に関する宣言と整合的です。交渉参加国は、ACTAが合法的なジェネリック医薬品の国境を越える取引きを阻害するものではないことを繰り返し確認し、特許をACTAの国境措置節の対象としないことに再確認しました。ACTAは交渉参加国の国境措置の権限ある機関に対して、侵害品検査のために旅行者の個人的な電子機器を調査することを義務づけるものではありません。

●関係国は、次回会合を2010年9月に日本で開催することに合意しました。また、次回会合で残された実質的論点を解決することに同意し、署名の前に条約の全条文を公表することに合意しました。
------------------------------------------------------
--------
★2010/08/23(金)20:30追記
経済産業省のリリースには記述が無いが、共同通信の配信記事-「海賊版防止条約」来月合意へ 日米欧中心に11年にも発効-(2010/08/23 19:58)には、"経産省によると、日本はすでに条約に盛り込まれる予定の規制について対応済みで、国内制度の見直しはほぼ必要ないという。"としているとのことである。
次回9月の会合と署名の前の全条文の公表に注目したい。また、全条文公表の際には、経済産業省や外務省による日本語訳の公表もして欲しいところである。
--------

【関連リンク】

◆経済産業省:模倣品・海賊版拡散防止条約(ACTA)構想(第10回関係国会合の結果概要)
http://www.meti.go.jp/press/20100702001/20100702001.html

◆外務省:模倣品・海賊版拡散防止条約(ACTA)構想(第10回関係国会合概要)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/22/7/0702_01.html

◆経済産業省:模倣品・海賊版拡散防止条約(ACTA)条文案の公表
(※条文案の英文の他、日本語での経緯、概要説明文書あり)
http://www.meti.go.jp/press/20100422001/20100422001.html

◆経済産業省:対外経済政策サイト
http://www.meti.go.jp/policy/trade_policy/index.html

◆外務省:知的財産権[※模倣品・海賊版拡散防止条約(ACTA)の項あり]
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/ipr/index.html


【関連記事】
*以下の記事は、カテゴリーACTA http://blog.hideharus.com/ip/cat22153487/ でまとめ読みできる。

◇模倣品・海賊版拡散防止条約(ACTA)構想は条約署名前の全文公表合意、次回会合9月日本で(2010/8/21 17:00)
http://blog.hideharus.com/ip/2010/08/post-aea8.html

◇模倣品・海賊版拡散防止条約(ACTA)構想の第10回関係国会合で条文案全体議論の予定(2010/08/12 18:51)
http://blog.hideharus.com/ip/2010/08/post-aea8.html

◇MIAUが模倣品・海賊版拡散防止条約(ACTA)の日本語訳を公開(2010/07/27 09:00)
http://blog.hideharus.com/ip/2010/07/post-4cee.html

◇模倣品・海賊版拡散防止条約(ACTA)構想の第9回関係国会合の概要が公表(2010/07/02 16:33)
http://blog.hideharus.com/ip/2010/07/post-fb2c.html

◇模倣品・海賊版拡散防止条約(ACTA)構想の第9回関係国会合で条文案全体議論の予定(2010/06/21 20:26)
http://blog.hideharus.com/ip/2010/06/post-a45b.html

◇ACTA(模倣品・海賊版拡散防止条約)条文案が公表[外務省・経済産業省](2010/04/22 12:17)
http://blog.hideharus.com/ip/2010/04/post-f16e.html

◇ACTA(模倣品・海賊版拡散防止条約)条文案が公表[USTR/EU]【速報】※再追記有(2010/04/22 09:07)
http://blog.hideharus.com/ip/2010/04/ustreu-0b8d.html

以 上

|

« 模倣品・海賊版拡散防止条約(ACTA)構想は条約署名前の全文公表合意、次回会合9月日本で | トップページ | 文化審議会著作権分科会基本問題小委員会(第5回2010/08/23)=報告内容の具体化アクションは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13284/49227213

この記事へのトラックバック一覧です: 模倣品・海賊版拡散防止条約(ACTA)構想の第10回関係国会合の概要が公表:

« 模倣品・海賊版拡散防止条約(ACTA)構想は条約署名前の全文公表合意、次回会合9月日本で | トップページ | 文化審議会著作権分科会基本問題小委員会(第5回2010/08/23)=報告内容の具体化アクションは? »