« 科学技術振興機構(JST)が「特許の効率的管理と特許群による活用に向けて」を提言 | トップページ | 第6回知的財産管理技能検定の1級の問題分野、2級・3級の試験問題が公開 »

2010/07/09

「愛知の発明の日」記念シンポジウム「企業におけるイノベーションと知的財産戦略~イノベーションジレンマは克服できるのか~」開催

愛知県は「愛知の発明の日」を記念して、来る平成22年7月30日(金)13時~17時に、トヨタテクノミュージアム産業技術記念館大ホール(名古屋市西区5)にて、記念シンポジウム「企業におけるイノベーションと知的財産戦略~イノベーションジレンマは克服できるのか~」を開催する。

シンポジウムは、近年、知財立国である我が国の企業が産業のグローバル化とともに、世界における競争力を失いつつあり、多くの特許や高度な技術力を持っていてもグローバル市場において優位性を持てない状況を克服するために、これからの研究開発や知的財産戦略についてどう取組んでいくべきかを基調講演とパネルディスカッションにより参加者と共に考えることを狙いとしているという。

プログラム内容としては、愛知の発明表彰大賞受賞者のアイシン精機株式会社小川和己氏が成果発表を、「イノベーションと知的財産戦略」と題して小川紘一氏(東京大学知的資産経営総括寄付講座特任教授)が基調講演を、「企業におけるイノベーションと知的財産戦略~イノベーションジレンマは克服できるのか~」と題して、小川紘一氏、栗原一雄氏(富士通株式会社知的財産権本部知的財産戦略室長兼渉外部長代理)、佐々木剛史氏(トヨタ自動車株式会社知的財産部長)をパネリスト、上條由紀子氏(金沢工業大学大学院准教授)をモデレーターとしてパネルディスカッションが、それぞれ行われる。

詳細及び申込みは愛知県ホームページに掲載の8月1日は「愛知の発明の日」 を参照。

★愛知の発明の日:毎年8月1日。愛知県では、平成16年3月に策定した「あいち知的財産創造プラン」の中で、「知的財産を大切にする風土づくり・基盤づくり」を進めるため、豊田佐吉翁が明治31年に最初の”動力織機”の特許を取得した8月1日を「愛知の発明の日」と定め、発明や知的財産について県民の皆様と共に考える日としている。


【関連リンク】

◆愛知県|知的財産
http://www.pref.aichi.jp/category/4-5-3-0-0.html

◆8月1日は「愛知の発明の日」
http://www.pref.aichi.jp/0000009888.html

◆第7回「愛知の発明の日」記念シンポジウム募集チラシ[PDF 260.81KB]
http://www.pref.aichi.jp/cmsfiles/contents/0000009/9888/chirashi2010.pdf

以上

|

« 科学技術振興機構(JST)が「特許の効率的管理と特許群による活用に向けて」を提言 | トップページ | 第6回知的財産管理技能検定の1級の問題分野、2級・3級の試験問題が公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13284/48831639

この記事へのトラックバック一覧です: 「愛知の発明の日」記念シンポジウム「企業におけるイノベーションと知的財産戦略~イノベーションジレンマは克服できるのか~」開催:

« 科学技術振興機構(JST)が「特許の効率的管理と特許群による活用に向けて」を提言 | トップページ | 第6回知的財産管理技能検定の1級の問題分野、2級・3級の試験問題が公開 »