« 農林水産省「平成21年度農林水産知的財産戦略総合推進事業(農林水産分野における知的財産に係る保護強化)」に関する事業報告書を公表 | トップページ | 日本弁理士会「パテント」誌2010年5月号掲載記事公開 »

2010/07/01

営業秘密侵害罪における処罰対象範囲の拡大等改正不正競争防止法が本日7月1日から施行

平成21年4月に成立した不正競争防止法の一部を改正する法律(平成21年法律第30号)が本日平成22年7月1日から施行される。(平成22年4月28日公布の不正競争防止法の一部を改正する法律の施行期日を定める政令による)施行される改正内容の概要は以下の通りである。

(1)営業秘密侵害罪の目的要件の変更
 営業秘密侵害罪における目的要件を、「不正の競争の目的」から「不正の利益を得る目的で、又はその保有者に損害を加える目的で」に改めた。(第21条第1項各号関係)
(2)営業秘密の不正取得に対する刑事罰の対象範囲の拡大
 詐欺等行為又は管理侵害行為による営業秘密の不正な取得について、記録媒体の取得、複製の作成という方法に限定することなく、一般に刑事罰の対象とした。(第21条第1項第1号関係)
(3)営業秘密の領得行為自体への刑事罰の導入
 営業秘密の管理に係る任務を負う者が、当該任務に背いて営業秘密を領得する行為について、記録媒体の横領、複製の作成等による場合に限り、新たに刑事罰の対象とした。(第21条第1項第3号関係)

改正の詳細な内容、実務上の留意事項については、下に掲げた関連リンクを参照されたい。

【関連リンク】

◆経済産業省:不正競争防止法の一部を改正する法律の施行期日を定める政令について
http://www.meti.go.jp/press/20100423001/20100423001.html

◆経済産業省:「営業秘密管理指針(改訂版)」の公表~事業者の価値ある情報の管理方法等を解説!~
http://www.meti.go.jp/press/20100409006/20100409006.html
*改正不正競争防止法において刑事罰の対象とされた行為の明確化を行うとともに、事業者の実態を踏まえた合理性のある秘密管理の方法を提示しつつ、中小企業者等の利便に資するチェックシート、各種契約書の参考例等の参照ツールが掲載されている。

◆経済産業省:不正競争防止法説明資料
http://www.meti.go.jp/policy/economy/chizai/chiteki/unfair-competition.html
*不正競争防止法の概要、過去の改正内容等の説明テキストが掲載されている。

◆経済産業省:METI Journal 経済産業ジャーナル平成22年7・8月号
http://www.meti.go.jp/publication/data/2010_07.html
*特集2「営業秘密管理」。「知的資産」をしっかり守り活用している企業の紹介、これから取り組む企業のためのツール「営業秘密管理指針」の活用法等

以上

|

« 農林水産省「平成21年度農林水産知的財産戦略総合推進事業(農林水産分野における知的財産に係る保護強化)」に関する事業報告書を公表 | トップページ | 日本弁理士会「パテント」誌2010年5月号掲載記事公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13284/48765203

この記事へのトラックバック一覧です: 営業秘密侵害罪における処罰対象範囲の拡大等改正不正競争防止法が本日7月1日から施行:

« 農林水産省「平成21年度農林水産知的財産戦略総合推進事業(農林水産分野における知的財産に係る保護強化)」に関する事業報告書を公表 | トップページ | 日本弁理士会「パテント」誌2010年5月号掲載記事公開 »