« 「知的財産推進計画の失敗」(知財戦略本部国際標準化戦略TF:山田肇教授) | トップページ | 文化庁が初心者向け著作権テキストの平成22年度版を公開 »

2010/07/07

妹尾堅一郎教授理論の入門本『事業戦略と知的財産マネジメント』(発明協会)

発明協会から新刊『事業戦略と知的財産マネジメント』(2010年6月21日初版)が発売された。本書は『産業財産権標準テキスト(総合編)』とセットで学ぶためのテキストと位置づけられているが、その妹尾堅一郎教授を委員長とする企画委員会・執筆ワーキング委員会が執筆を行っており、同教授の理論の入門書とも言える。

本書は「日本は技術力があるのに、なぜ事業で勝てないのか」という問題意識に基づいて作成されている。妹尾教授は、日本の科学技術力が事業を通じて世界の社会・生活・産業に資することができなければ意味がない、日本の科学技術力を日本企業の競争優位の中で産業競争力に転化させ、それを日本と世界の経済活性化につなげるべき、それを真剣に考えるときであるとしている。

本書の特色としては、従来の『産業財産権標準テキスト』が主に知的財産権の法律面・制度面での解説を中心とした教材であったのに対し、経営の観点から「ビジネスモデルと(標準化を含む)知財マネジメント」がどのように事業戦略を強化できるのか、について、国内外のさまざまな事業の事例を交えながら考察がなされている点である。
内容的には、妹尾教授の著書『技術力で勝る日本が、なぜ事業で負けるのか』(2009年7月30日初版)の入門書といってもよいだろう。主な対象者は、主に大学の経営系学部3・4年生であるが、経営と知財に関心のある読者に広く活用できるようにしたとされており、妹尾教授の著書が難しく感じられた方にも有益な図書であると言える。

参考までに目次(章レベルまで)を以下に引用する。
------------------------------------------
●プロローグ
●第1部 プロイノベーション時代の事業戦略と知財マネジメント
・第1章 社会・経営の変容と知的財産
・第2章 競争力モデルの変容:プロイノベーション時代
・第3章 事業経営における知財マネジメントの基本
・第4章 知財マネジメントとしての標準化
●第2部 ビジネスモデルと知財マネジメント
・第5章 独占市場形成型ビジネスモデルと知財マネジメント
・第6章 技術相互利用型ビジネスモデルと知財マネジメント
・第7章 基幹部品主導型モデルと知財マネジメント
・第8章 完成品主導型ビジネスモデルと知財マネジメント
・第9章 機器本体を巡るビジネスモデル群と知財マネジメント
・第10章 ブランドの知財マネジメント
・第11章 中堅・中小企業経営と知財マネジメント
●第3部 事業戦略と知財マネジメント
・第12章 ビジネスモデル開発競争と知財マネジメント
・第13章 三位一体経営と知財マネジメント
・補章 企業経営の諸側面と知財マネジメント
------------------------------------------

【本記事で取り上げた書籍】

◆『事業戦略と知的財産マネジメント』
特許庁監修・工業所有権情報・研修館企画、発明協会発行
2010年6月21日初版、ISBN-13: 978-4827109696、858円+税


◆『技術力で勝る日本が、なぜ事業で負けるのか』
妹尾堅一郎著、ダイヤモンド社発行
2009年7月30日初版、ISBN-13: 978-4478009260、2,400円+税

以 上

|

« 「知的財産推進計画の失敗」(知財戦略本部国際標準化戦略TF:山田肇教授) | トップページ | 文化庁が初心者向け著作権テキストの平成22年度版を公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13284/48816618

この記事へのトラックバック一覧です: 妹尾堅一郎教授理論の入門本『事業戦略と知的財産マネジメント』(発明協会):

« 「知的財産推進計画の失敗」(知財戦略本部国際標準化戦略TF:山田肇教授) | トップページ | 文化庁が初心者向け著作権テキストの平成22年度版を公開 »