« 知的財産関連事業含むJKA補助事業のあり方見直しへ | トップページ | 営業秘密侵害罪における処罰対象範囲の拡大等改正不正競争防止法が本日7月1日から施行 »

2010/06/29

農林水産省「平成21年度農林水産知的財産戦略総合推進事業(農林水産分野における知的財産に係る保護強化)」に関する事業報告書を公表

農林水産省は「平成21年度農林水産知的財産戦略総合推進事業(農林水産分野における知的財産に係る保護強化)」に関する事業報告書を平成22年6月29日付で公表した。同省の補助事業による「農林水産知的財産保護コンソーシアム」(平成21年6月19日設立)の1年間の活動をとりまとめたもの。

活動概要として、商標の監視調査(和歌山県、鳥取県及び長崎県水産物海外普及協議会からの申込みによる)、日本産物の模倣品及び偽装品の海外現地調査、地方相談会の開催(岩手県、栃木県、長野県、新潟県、京都府、高知県、熊本県、大分県の8府県で開催)などが挙げられている。

注目される日本産物の模倣品及び偽装品の海外現地調査では、
■中国
(1)中国産等であることは正しく表示されているが、パッケージに日本の地名が記載されていたケース→「紀州」(梅)、「北海道」(魚珍味、ビスケット)
(2)日本のヱスビー食品(株)のねりわさびにパッケージやロゴ表示が酷似する商品(*同社は、特段の対抗措置を講じない方針)
■台湾
(1)模倣及び産地偽装が疑われるもの→大分県産日田梨の偽装、包装紙のデザイン模倣
(2)製造者の偽装、ただ乗りが疑われるもの→日本に実在する製造業者を偽装した味噌、「江戸甘味噌」(東京都味噌工業協同組合の地域団体商標)との表示がある味噌(*台湾では商標登録されておらず違法ではない)
(3)台湾産等であることは正しく表示されているが、パッケージに日本の地名が記載されているもの→「北海道」(牛乳、チーズ等)、「長崎」(かまぼこ)
等が見受けられたとしている。


【関連リンク】
◆農林水産省:「平成21年度農林水産知的財産戦略総合推進事業(農林水産分野における知的財産に係る保護強化)」に関する事業報告書の公表について
http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/tizai/100629.html

◆農林水産知的財産戦略総合推進事業に関する事業報告書(平成21年度事業報告書)
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/tizai/brand/b_conso/pdf/Reports.html

◆農林水産省:農林水産知的財産保護コンソーシアム
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/tizai/brand/b_conso/index.html

以上

|

« 知的財産関連事業含むJKA補助事業のあり方見直しへ | トップページ | 営業秘密侵害罪における処罰対象範囲の拡大等改正不正競争防止法が本日7月1日から施行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13284/48750938

この記事へのトラックバック一覧です: 農林水産省「平成21年度農林水産知的財産戦略総合推進事業(農林水産分野における知的財産に係る保護強化)」に関する事業報告書を公表:

« 知的財産関連事業含むJKA補助事業のあり方見直しへ | トップページ | 営業秘密侵害罪における処罰対象範囲の拡大等改正不正競争防止法が本日7月1日から施行 »