« ブログURL(アドレス)変更のお知らせ【知的財産ネタの雑記帳】 | トップページ | 「特許庁システム最適化計画」「新検索システム」の更なる遅れを懸念する »

2010/06/22

「デジタル・ネットワーク社会における出版物の利活用の推進に関する懇談会」(第3回2010/06/22)をツイート実況

2010年6月22日(火)開催の総務省、文部科学省、経済産業省合同の「デジタル・ネットワーク社会における出版物の利活用の推進に関する懇談会」(第3回)を傍聴し、その模様をツイッターにて実況した。Togetterにまとめたが、こちらにも掲載する。
なお、実況内容は当方の能力と作業の範囲内であることをご承知願いたい。

なお、配布資料は総務省サイトに掲載されている。
◆デジタル・ネットワーク社会における出版物の利活用の推進に関する懇談会(第3回)配布資料
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/shuppan/30700.html

==============================

  • デジタル・ネットワーク社会における出版物の利活用の推進に関する懇談会(第3回) http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/shuppan/30489.html の傍聴席ナウ。 #denshi posted at 10:00:57
  • 本日、ツイート実況に必須のイーモバイルPocketWiFiをオフィスに忘れてきたため、ケータイ経由での通信です。すいませんが、ツイートが散発的になる可能性があります。 #denshi posted at 10:01:16
  • 前回までの懇談会及びその下の2つのワーキングチームの議事要旨、配付資料等は http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/shuppan/index.html を参照してください。 #denshi posted at 10:01:42
  • 本日の予定の議事は、(1)高井構成員からのプレゼンテーション、(2)懇談会報告(案)に関する審議、(3)その他 となっています。 #denshi posted at 10:01:52
  • 本日の配布資料は、資料1:高井構成員提出資料(日本の書店発の電子書籍流通)、資料2:デジタル・ネットワーク社会における出版物の利活用の推進に関する懇談会報告(案)、参考資料:構成員名簿、です。 #denshi posted at 10:02:04
  • 高井構成員:日本の書店発の電子書籍流通。昨日プレスリリース。日本の出版文化の世界発信も念頭にネットワーク社会に対応し書籍流通取り組み強化。9月をめどにiPad、iPhone向けのアプリ、その後Andoroid等にも展開予定。書店店頭でのダウンロード等。 #denshi posted at 10:05:23

  • 高井構成員:基本コンセプト。出版流通と書店業界の再活性化。紙の本から電子の本まで、読書ライフをトータルにサポート、電子書籍においても日本書籍から洋書まで幅広く、一度購入した電子書籍をデバイス間でシームレスに。 #denshi posted at 10:06:38

  • 高井構成員:統合アプリ、iPhone、iPadから、Andoroid、Windowsへの展開も予定 #denshi posted at 10:07:45

  • 高井構成員:購入した蔵書を「ライブラリ」から所有デバイス間で同期。クラウド上で、購入した本、しおり、メモ、どこまで読んだかを「ストア」が記録し、アクセス・同期。 #denshi posted at 10:09:24

  • 高井構成員:店舗、インターネットでの紙の販売に加えて、店舗でのデジタル販売、インターネットでのデジタル販売、のハイブリッド販売、4つの出口展開の相乗効果を目指す。店頭でのSDカード販売も。 #denshi posted at 10:11:11

  • 高井構成員:メーカーとの協力により電子書籍リーダー端末も販売。紀伊國屋だけではなく書店改善対に広げていきたいと考えている。 #denshi posted at 10:12:17

  • 高井構成員:冊子・ハイブリッドからウェブまで。店舗×書籍×電子書籍の総合的な購入履歴サービス。ポイントなどとの連動。 #denshi posted at 10:13:17

  • 高井構成員:まとめ。豊富な品揃え。統合アプリ、快適な読書感。蔵書感覚、マルチデバイス、ハイブリッド読書。クラウド読書、デバイス体験、書評サイトやSNS。この取り組みは出版社の協力無くしてできないものであり、ご協力を戴きたい。 #denshi posted at 10:14:53

  • 高井構成員:(質問:時期は9月から?)9月1日か30日かはともかく、9月で進めている。 #denshi posted at 10:16:44

  • 高井構成員:(質問:タイトル数は?)出版社や著者との相談。大学向けBtoBでは現在1500タイトルだが、ぜひ多くの協力を得たい。 #denshi posted at 10:16:55

  • *議題(2)懇談会報告(案)に関する審議、に移る。ボリューム見ると実況はちょっと端折り気味になるかも #denshi posted at 10:17:42
  • *事務局から「報告書を読み上げます」と宣言。ホントに「はじめに」から読み上げておりますが・・・・・ #denshi posted at 10:19:33

  • 事務局:基本分析。出版市場規模、出版者、書店はいずれも減少縮小。図書館は蔵書、貸し出し点数、利用者数とも増大傾向。電子書籍市場も拡大傾向。 #denshi posted at 10:21:38

  • 事務局:電子出版市場等。日本、米国、欧州、韓国の状況。 #denshi posted at 10:22:28

  • *事務局も、飛ばし飛ばしの駆け足モードに切り替えました #denshi posted at 10:23:20

  • 事務局:基本的視点。「知のアクセス」の保証。出版文化の継承。デジタルネットワークの利点活用。紙か電子倍高井の二元的選択ではなく、ハイブリッド型の創出。米国などの電子出版取り組みの活性化。 #denshi posted at 10:27:04

  • 事務局:基本的視点の続き。我が国の小規模な出版社が電子書籍市場に参画できるように。国会図書館の役割。国際競争力の強化。電子出版とデジタルアーカイブによりユビキタスアクセス #denshi posted at 10:27:35

  • 事務局:具体的論点。出版物の権利処理の円滑化のための組織的アプローチ。検討会議を設置し、具体的な検討に速やかに着手する。 #denshi posted at 10:31:28

  • 事務局:出版者への権利付与(侵害コンテンツへの出版者による差し止めを認めるなど)の意見もあったが、懐疑的な意見も多くあり、また米国のように契約によるべきとの意見もあり、今後更なる検討が必要。 #denshi posted at 10:31:42

  • 事務局:文字文化を担保するためのフォーマットや文字コード。違法・有害情報へ対応の在り方。書店の活性化。 #denshi posted at 10:32:57

  • 事務局:知のアクセスへの確保。図書館と民間との役割分担。絶版本へのアクセス、納本制度、アーカイブ等は国会図書館がその役割を果たすべき。 #denshi posted at 10:36:45

  • 事務局:一方、図書館による公共サービス、特にデジタルネットワーク経由でのサービス(貸し出し)については、関係者から様々な懸念が示された。現状でも貸し出しが圧迫との意見。検討競技界で継続検討。 #denshi posted at 10:36:55

  • 事務局:技術的課題の解決。オープン型電子出版環境の実現と「知のインフラ」へのアクセス環境の整備。電子出版を様々なプラットフォームで利用、提供できるようにする。中間フォーマットの統一、XMDFとドットブック。統一規格協議会を設置。 #denshi posted at 10:39:55
  • *さて、ここまでにいくつの新たな【協議会】が出てきたでしょう?? #denshi posted at 10:40:37
  • 事務局:海外の出版物に自由にアクセスできるように、日本の出版物を世界に発信する。日本語表現と組版、海外デファクトへの対応。ファイルフォーマットの国際標準化。海賊版への対応。 #denshi posted at 10:42:37

  • 事務局:電子出版を紙の出版物と同様に長い期間にわたって利用できるようにする。異なる端末、プラットフォーム間での利用。公共財としての電子出版の保存、民間商業業サービスと公共アーカイブの連動。 #denshi posted at 10:44:27

  • 事務局:あらゆる出版物を簡単に探し出して利用できるようにする。検索の重要性、書誌情報とデジタル社会に対応した標準化の必要性。全文テキスト検索、GoogleブックスはOCRテキストに対し、国会図書館デジタルではイメージデータ。OCRの精度向上等。 #denshi posted at 10:47:28

  • 事務局:出版物間での字句、記事、目次単位での相互参照。電子出版を紙の出版物と同様に貸与できるようにする、家族や友人等の特定コミュニティでの貸与、図書館による貸与は、様々な考え方があるが、米国での実情を参考に実証実験を進めたい。 #denshi posted at 10:50:34

  • 事務局:出版物の作り手、売り手からの経済的な利益を守る、読み手の安心、安全を守る。認証課金プラットフォームの構築、電子出版と書店の関係がゼロサムではなく、プラスサムになるように。読み手のプライバシーの保護は総務省のICTガイドライン。 #denshi posted at 11:09:42

  • 事務局:出版物の作り手の意図を正確に反映できるように。外字、異体字への対応。障害者、高齢者へのアクセシビリティの確保、テキストデータ、雑誌、コミックへの対応。 #denshi posted at 11:09:55
  • *報告書案の施策とアクションプランはここまでの説明と重複するので省略。事務局説明終了(10:50) #denshi posted at 11:10:08
  • 金原構成員:22頁。知のアクセス、国会図書館に関する協議会の件。国会図書館のデジタルアーカイブの有効活用は望ましいと思うが、図書館にはそれ以外の役割との整合性、著作権法上の権利制限等を十分に検討して欲しい。 #denshi posted at 11:10:20

  • 金原構成員:17頁の①。集中管理の件。権利の処理は第三者ではなく、出版社の主体になって行うことが、実務上、投下労力、経済的な点からも望ましいと考えている。 #denshi posted at 11:10:37
  • 三田構成員:1点目は音声読み上げ、視覚障害者にとっては望ましい。ただ、個人的には合成音声ではなく、人間読み上げいいと思うが、風圧を感じた。文芸書等は実績ある音訳ボランティアと連携して取り組んで、読み上げソフトとの棲み分けをして欲しい欲しい。 #denshi posted at 11:10:56

  • 三田構成員:2点目は異体字の点。フォントさえあれば再現できる環境が整っているが、個人でフォンと購入は厳しい、ぜひ国が作成、購入するなどして無料で配付して欲しい。 #denshi posted at 11:11:08

  • 三田構成員:3点目は過去の紙のみの出版物のデジタルアーカイブの件。最近のものは紙でも電子組版されており、そこからデジタル化が可能ではないか、その場合、外字等をコンバートするソフトを国が作って欲しい。 #denshi posted at 11:11:19
  • ??構成員:電子、デジタルだけではなく、紙の出版物の在り方についても、今後の協議会での検討事項として欲しい。 #denshi posted at 11:12:06
  • 徳田構成員:三田構成員指摘のフォントの件。IPAフォント(経済産業省下の独立行政法人が配付している無償フォント)を拡張して進めると良いのではないか #denshi posted at 11:13:45
  • 佐藤構成員:(冒頭メモ取り損ね)この報告書で多くの協議会、検討会の設置が盛り込まれているが、元締めとなるような会議を設定して、全体のコントロールができるようにして欲しい。 #denshi posted at 11:16:16
  • ??構成員:52頁以降の具体的施策に「データの保護」を加えて欲しい。コンテンツの保護、著作権法30条の私的利用が適正かどうかも含めて検討すべき。著者、出版者にも安全・安心となるように #denshi posted at 11:19:18
  • 里中構成員:権利制限、図書館の問題。図書館は、著者・出版者に還元することなくそのサービスを続けてきた点にはまだわだかまりがある。図書館の地域における役割は認めるが「欧米を参考に」と言いながら、定価への上乗せ(国による補填)等は取り入れられていない。 #denshi posted at 11:22:23

  • 里中構成員:デジタルネットワーク社会への対応、そこでの利活用には賛成だが、これを機会に、権利制限、著者・出版者への還元も考えて欲しい。 #denshi posted at 11:24:30

  • *里中構成員の発言趣旨は第1回懇談会とほぼ同様・・・・ #denshi posted at 11:25:12
  • 佐藤構成員:日本の出版では、著者と出版者が一心同体となって動いてきた。しかし、出版物が違法侵害された場合に出版社ができることが少ないのは実情に合わない。「隣接権」までいかずとも、侵害舎に対して何か後ろ盾となるものを考えて欲しい。 #denshi posted at 11:33:16
  • 高井構成員:官が民を圧迫することの無いようにして欲しい。様々な懇談会や競技会ができるようだが、基本は民。国会図書館の問題にしても国会図書館は「官」であることを念頭に。 #denshi posted at 11:33:45

  • 高井構成員:次に税制の問題。電子商取引における税制の不備で海外企業にハンデを負っている。ここに財務省はいないが是非見直して欲しい。 #denshi posted at 11:34:03
  • 末松座長:(*ここで構成員からの意見は途切れたので)では本日の議論はココまでとして、指摘を踏まえて報告としたい。本懇談会はここで一段落とするが、今後、各種の協議会のフォローアップを行いたい。 #denshi posted at 11:36:19
  • 内藤総務副大臣:懇談会での議論に感謝。中間フォーマットの件で方向性が出たことを歓迎する。利活用についても協議会の場で今後さらなる議論をお願いしたい。アップルの動きは否定しないが、我が国の文化を世界に発信する点から今後も協力をお願いしたい。 #denshi posted at 11:38:49
  • 中川文部副大臣:報告については結論というより、論点整理を戴いたものと考えている。今後も日本の出版、知へのアクセスの充実にご協力を戴きたい。競争できるプラットフォームを構築していく点から、この懇談会で関係者が議論できたことは意義深いと考えている。 #denshi posted at 11:41:10

  • 中川文部副大臣:タイムスケジュールについて。予算措置が必要なものは来年度以降順次手当になると思うが、1年くらいのスパンの中で皆さん方の議論を一定の段階まで深化させて欲しい。日本から外に向かってしかかり発信ができることを目指して。 #denshi posted at 11:42:59
  • 末松座長:皆さんに感謝。本日閉会(11:43) posted at 11:48:22
  • *記者会見に入りましたが、当方は一般人なので参加できません。ここで実況を終了します。最初に書きましたが、イーモバイルPocketWiFiを忘れたため、FOMA64Kで通信。約110分間の課金が多分とんでもないことになっているような(汗) #denshi posted at 11:50:39
  • 【知財】【電子書籍】「デジタル・ネットワーク社会における出版物の利活用の推進に関する懇談会」第3回(2010/06/22)の当方ツイート実況をトゥギャりました。 http://togetter.com/li/30974 #denshi posted at 12:32:00
  • 3回とも傍聴しましたが、寝ていた論点を掘り起こして、たくさんの協議会や検討会を生み出したような・・・。でも民の一部はしっかり前進で期待。RT @ichiyanakamura: 電子出版懇、主な論点は2つ。出版社への著作隣接権付与の是非、図書館の配信ルール。すんなりとは行かない。 posted at 13:00:01
  • ほとんど複数の新設協議会に先送りですが RT @nagaimichiko: 電子書籍の研究会(総務・文科・経産合同のやつ)の報告書案がもう出てた。動き早いね。http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/shuppan/30700.html posted at 15:21:04
  • 【知財】【電子書籍】デジタル・ネットワーク社会における出版物の利活用の推進に関する懇談会(第3回)配布資料 http://bit.ly/bQEeXA ※平成22年6月22日開催分。懇談会報告(案)等 #denshi posted at 17:55:11

  • ==============================

    |

    « ブログURL(アドレス)変更のお知らせ【知的財産ネタの雑記帳】 | トップページ | 「特許庁システム最適化計画」「新検索システム」の更なる遅れを懸念する »

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13284/49086192

    この記事へのトラックバック一覧です: 「デジタル・ネットワーク社会における出版物の利活用の推進に関する懇談会」(第3回2010/06/22)をツイート実況:

    « ブログURL(アドレス)変更のお知らせ【知的財産ネタの雑記帳】 | トップページ | 「特許庁システム最適化計画」「新検索システム」の更なる遅れを懸念する »