« 発明協会が子ども向けサイト「はつめいキッズ」オープン! | トップページ | 模倣品・海賊版拡散防止条約(ACTA)構想の第9回関係国会合で条文案全体議論の予定 »

2010/06/18

文化審議会著作権分科会国際小委員会(第1回2010/06/18)をツイート実況

2010年6月18日に開催された第10期文化審議会著作権分科会国際小委員会(第1回)を傍聴し、その模様をツイッターにて実況した。Togetterにまとめたが、こちらにも掲載する。なお、実況内容は当方の能力と作業の範囲内であること、また今回途中メール処理のため丸々実況が抜けている部分があることをご承知願いたい。

★2010/06/23追記:当日配布資料が文化庁サイトに掲載された。議事内容はまだ。
文化審議会著作権分科会国際小委員会(第1回)議事次第
http://www.bunka.go.jp/chosakuken/singikai/kokusai/h22_01/gijishidai_100618.html

====================

  • 文化審議会著作権分科会国際問題小委員会、早めに来たが、担当者が来るまでロビーで待機せよとのこと(金融庁庁舎) posted at 09:32:54
  • 【知財】第10期文化審議会著作権分科会国際小委員会(第1回)平成22年6月18日(金)10時~12時 http://bit.ly/brpYit 冒頭非公開(選任)のため、傍聴者は廊下で待機中。 posted at 10:02:59
  • 昨年度までの開催状況は http://bit.ly/9nIEvC に。平成13年度→2回、平成14年度→5回、平成15年度→6回、平成16年度→3回、平成17年度→5回、平成18年度→4回、平成19年度→1回、平成20年度→2回、平成21年度→3回、の開催です。 posted at 10:03:23

  • なお、小委員会下のWTとして、平成20年度は「国際ルール形成検討ワーキングチーム」→6回、http://bit.ly/ajONVk、平成21年度は「国際裁判管轄・準拠法ワーキングチーム」→11回 http://bit.ly/9zvxuS がそれぞれ開催されています。 posted at 10:04:07
  • まだ廊下で待機中。第10期文化審議会著作権分科会国際小委員会(第1回) posted at 10:06:30
  • 傍聴者入場。主査は、道垣内正人委員に決まったようです。 posted at 10:09:23
  • 本日の議題は、(1)主査の選任等について、(2)今期の国際小委員会の進め方について、(3)WIPO等における最近の動向について、(4)その他、となっています。 posted at 10:10:00
  • 配布資料(以下3ツイート)資料1:文化審議会著作権分科会国際小委員会委員名簿、資料2:小委員会の設置について(平成22年2月15日文化審議会著作権分科会決定)、資料3:今季の国際小委員会の進め方について(案) posted at 10:13:42

  • (続き)資料4-1:WIPO等における最近の動向について、資料4-2:アジア著作権会議について、資料4-3:日中著作権協議および覚書締結に関する報告、(続く) posted at 10:14:04

  • (続き)資料5:スリーストライク制度に係る各国の状況、資料6:著作権関連国際会議等のスケジュール(以上) posted at 10:14:19

  • 参考資料目録は時間の関係で会議終了後にツイートします。 posted at 10:14:44
  • 小委員会での趣旨、検討事項について、資料2により事務局より説明。 posted at 10:16:09
  • 資料3:今季の国際小委員会の進め方について(案)により事務局より説明。(1)国際裁判管轄、(2)インターネットによる国境を越えた海賊行為への対応への在り方、(3)著作権保護に向けた国際的な対応の在り方、(4)知財と開発問題、フォークロア問題への対応の在り方。 posted at 10:18:31

  • 事務局:今期は、(2)インターネットによる国境を越えた海賊行為への対応への在り方、が大きなテーマになると考える。制度面と執行面の双方からの検討が必要。制度面についていわゆるスリーストライクについては、国内導入というよりも海外の実情調査が必要。 posted at 10:20:49

  • 事務局:執行面ではコンテンツ業界との情報交換も重要。二国間協議、国内関連省庁との情報交換・共有も重要と考えている。 posted at 10:25:29

  • 事務局:WTは設けず小委員会レベルでの検討としたい。スケジュールとしては、第2回(9月頃)、第3回(11月頃)に現状と課題について(企業からのヒアリング)、WIPOの状況、第4回(1月)に小委員会kのまとめ案としたい。 posted at 10:27:14
  • ??委員:ACTAについての記述がないが。 posted at 10:27:24

  • 事務局:ACTAについては年内妥結を目指し、次回会合は6月下旬の予定。ここで交渉内容について検討するという段階ではなく、ACTAに盛り込まれた内容を報告する形になると思う。 posted at 10:27:32
  • 山本委員:スリーストライクについて、業界からのヒアリングを行うことになっているが、すでに知財戦略本部等でかなり検討してきた状況。そのような状況でヒアリングをしても「意見を聴いた」だけになるのではないか?権利者側、プロバイダ側の意見も出尽くしている。 posted at 10:28:03

  • 山本委員:海外での状況についても、フランスはプロバイダが実質1社でスリーストライク遮断で新会社は逃げられない、韓国はプロバイダは多いが国民総背番号で捕捉できる、という事情がある。そのような種々の事情を考えると、企業等からのヒアリングに意味がない。 posted at 10:30:09
  • 道垣内主査:(書き取れず) posted at 10:33:46

  • 事務局:課題設定の背景について補足する。インターネット上の著作権侵害については、ご指摘の通り文化庁だけではなく、知財戦略本部等でも取り上げられている。文化庁のツールとして、二国間協議、権利執行の支援という観点から報告検討いただきたい。 posted at 10:33:56

  • 事務局:国内制度をどうするかということはこの国際小委員会での検討範囲を超えていると思う。スリーストライクについては、ISPを総務省が所管していることもあり、文化庁で望ましいと結論を出したとしても、そのまま導入とはならないだろう。 posted at 10:34:13

  • 事務局:海賊版対策というときに問題となっている国にダメだダメだというだけでは交渉に乗ってもらえない。文化産業の振興、ビジネスという点からの説得が必要であり、そのためにビジネス現場の企業の方からのヒアリングを考えた。 posted at 10:36:52
  • 山本委員:スリーストライクについては、日本の権利者が海外の導入国でそれを有効に活用して海賊版対策を行うことができるかの情報収集、調査が課せられた課題と理解した。ただ、それは企業からのヒアリングではうまく収集できないだろう。 posted at 10:38:40

  • 事務局:ご指摘の点を踏まえて記述は修正したい。またご提案させていただきご議論をお願いしたい。 posted at 10:39:39
  • 上原委員:制度面、ACTAやスリーストライクは動きつつある話。事務局説明の通りACTAをどうするかという話ではないと思う。ただACTAについては欧州等では権利者団体等からの意見も出てきている。スリーストライクについてもネット上での動きもある。 posted at 10:41:50

  • 上原委員:制度に対応してネット上の現実の動きが変わるのか、それにどう対応するのか、といった検討は必要だと思う。二国間協議についても結果だけではなく、ある要求が出てきた背景などの情報提供もお願いしたい。 posted at 10:44:33

  • 上原委員:インターネット上の侵害と一口にいうのではなく、いくつかのパターンがあると思う。合法的に入手したものを違法に使っている、P2Pによる非常に有効な、有効というのも変だが海賊版流通手段、ネット上で流通しているものをパクる等。パターン別に分析すべき。 posted at 10:46:37

  • 上原委員:企業からのヒアリングとしてどのような内容を考えているか? posted at 10:50:03
  • 事務局:具体的内容はまだ考えていない。アニメ、漫画等のコンテンツをビジネスとして扱っている企業を対象に現場の声を聴きたい、ということ。 posted at 10:50:09
  • 上原委員:個人的には、そのヒアリングでは全体把握はできないと思う。企業は自分たちのビジネスの範囲内のことを見ており、自分たちの市場として動かしにくいところは手を付けないと思う。インターネット全体での状況は把握する調査ができないものか? posted at 10:50:17
  • 久保田委員:漫画やアニメといった侵害がわかりやすいものの話はよく出る。だが、産業との関係でいえば、プログラム、ソフトの侵害も取り上げてほしい、わかりにくいことから避けられてきた傾向があると思う。 posted at 10:52:01
  • 池田委員:スリーストライクに関して。各国でどのような侵害が行われていて権利者がどう困っているのか、それに対してどのような方策がとられて、それがどのような効果を挙げているのかを知りたい。 posted at 10:53:23
  • 道垣内主査:資料3について大枠承認、細かい修正は当方に一任いただくということでお願いできないか(*異議無し承認) posted at 10:57:10
  • 道垣内主査:次に議題(3)WIPO等における最近の動向について事務局から報告を。 posted at 10:57:56
  • 事務局:①著作権等常設委員会(SCCR)非公式会合。権利の制限と例外、視聴覚実演の保護について。権利の制限と例外については、視聴障害者向けの条約について2012年採択前提としたスケジュール提案。他、2000年19か条の議論等。6月会合でスケジュール調整。 posted at 11:03:44

  • *事務局の前発言は「資料4-1:WIPO等における最近の動向について」ベース。 posted at 11:06:02

  • 事務局:②第5回開発と知的財産に関する委員会(CDIP)。4月に会合。調整メカニズム、モニタリング、評価及び報告の形式について、既存の監視システムを活用し、2012~2013年に開始で合意。③IGC(実況省略) posted at 11:08:34

  • 事務局:④APECの知的財産専門会合(IPEG)。アジア著作権会議の概要についての報告。映連作成のDVD上映。韓国のスリーストライクを含む累進責任法には、各国が興味を示し、次回会合で引き続き報告されることになった。 posted at 11:11:30
  • 事務局:ACTAについては条文案が公開されたが、公開を巡っても激しい議論が交わされたようだ。年内妥結を目指し、早く透明性を確保すべきだという意見と、現段階で公開すれば混乱を招くだけだという意見。 posted at 11:14:14
  • 前田委員と事務局の質疑応答は書き取れず。 posted at 11:16:10
  • *メール処理のためメモ取れずでした、ここから復帰。議題は(4)その他 に posted at 11:26:40
  • 事務局:資料4-2により著作権情報センターとの共催による2月のアジア著作権会議の報告。資料4-3により3月の日中著作権協議および覚書締結に関する報告。 posted at 11:29:25
  • 事務局:資料5によりスリーストライク制度に係る各国の状況報告。(*我が国での導入についてここで議論するものではない、海外の実情把握の点からの紹介との念押しあり)。 posted at 11:31:28

  • 事務局:スリーストライク。韓国。2009年4月著作権法改正、7月施行。アカウントの停止、掲示板サービスの停止、著作権委員会による勧告等が盛り込まれている。 posted at 11:35:44

  • 事務局:スリーストライク。台湾。2009年4月改正、5月施行。改正時原案には無く、国会審議で盛り込まれたとのこと。ISPとプロバイダの契約で対処することから、権利行使、本政策実施のための行政司法手続き、行政機関はない、ボランタリーベースでの対応を検討中。 posted at 11:35:52

  • 事務局:スリーストライク。フランス。2009年6月の違憲問題などを経て導入。本年7月よりHADOPIの運営開始予定。 posted at 11:38:05

  • 事務局:スリーストライク。イギリス、ニュージーランドが準備中。 posted at 11:38:13
  • 久保田委員:日中との覚書について、認証機関制度等の問題、政府としての戦略をうかがいたい。 posted at 11:43:29

  • 事務局:日本レコード協会が認証機関として認められている状況。認証機関の内容等もさらに調査する必要があると考えている。(*説明が要領を得ず) posted at 11:43:35

  • 久保田委員:中国の認証機関は信頼性の確認、権利執行に有効な制度ではないか?ゴールデンブリッジという会社が動いているようだ。認証機関制度が日本企業の権利を守る点で有効であるならば、ぜひ協力したいので進めてほしい。 posted at 11:47:21

  • 事務局:中国の認証機関制度では、映像と音楽のみが対象とされているので・・・・ posted at 11:47:36

  • 久保田委員:(中国の認証機関制度対象の)映像にはゲームソフトは入るのか? posted at 11:47:48

  • 事務局:微妙なところで・・・ posted at 11:47:50

  • 事務局:中国側からは、認証機関になって何をしたいのか、という問いかけもある。我々が考えているのは権利の保有者を確認することを期待しているが、中身は精査する必要があると思う。 posted at 11:50:35
  • 石井委員:本日話題に上がらなかったが、放送とインターネット、番組コンテンツの正規流通、不正規流通等にも目を向けてほしい。海外展開、アジア展開の点から重要。 posted at 11:52:17

  • 池田委員:民放としても、一刻も早い放送条約の成立を望んでいる。 posted at 11:52:25

  • 上原委員:放送条約についてはWIPOでも議論が遅れている状況だが、外交会議に行けるように詰めていただきたい。 posted at 11:52:35
  • 道垣内主査:本日の予定議題は終了。(*次回日程は事務局から連絡とのこと)。閉会(11:52) posted at 11:53:12
  • 午前中の第10期文化審議会著作権分科会国際小委員会(第1回)。事務局からはACTAは条約交渉の大詰めで検討対象外、スリーストライクの国内導入もここでの検討対象外と明言。第2回、第3回での企業ヒアリングはどういう形になるのかいまいち不明確。 posted at 12:20:04

  • 午前中の第10期文化審議会著作権分科会国際小委員会(第1回)。あと、メモが取れなかった間は、伝統的文化表現の保護あたりの話で、そもそも著作権で保護すべき範疇なの?ってあたりが、委員の疑問らしい。これは途上国と先進国で長年懸案だったようですが。 posted at 12:22:45
  • 【知財】文化審議会著作権分科会国際小委員会(第1回2010/06/18)の当方実況ツイートをトゥギャりました。 http://togetter.com/li/29985 posted at 12:35:51
  • ※2010/06/23追記

  • 【知財】文化審議会著作権分科会国際小委員会(第1回)議事次第 http://bit.ly/c97KR6 ※平成22年6月18日資料。資料5「スリーストライク制度に係る各国の状況」。但し同小委で国内導入は検討しない(事務局説明) #c_policy posted at 13:22:28

  • ====================

    |

    « 発明協会が子ども向けサイト「はつめいキッズ」オープン! | トップページ | 模倣品・海賊版拡散防止条約(ACTA)構想の第9回関係国会合で条文案全体議論の予定 »

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13284/49082758

    この記事へのトラックバック一覧です: 文化審議会著作権分科会国際小委員会(第1回2010/06/18)をツイート実況:

    « 発明協会が子ども向けサイト「はつめいキッズ」オープン! | トップページ | 模倣品・海賊版拡散防止条約(ACTA)構想の第9回関係国会合で条文案全体議論の予定 »