« 弁理士出身菅直人首相の知的財産関係発言@国会 | トップページ | 文部科学省産学官連携基本戦略小委員会(第4回2010/06/10)をツイート実況 »

2010/06/08

「デジタル・ネットワーク社会における出版物の利活用の推進に関する懇談会」(第2回2010/06/08)をツイート実況

2010年6月8日(火)開催の総務省、文部科学省、経済産業省合同の「デジタル・ネットワーク社会における出版物の利活用の推進に関する懇談会」(第2回)をを傍聴し、その模様をツイッターにて実況した。Togetterにまとめたが、こちらにも掲載する。
なお、実況内容は当方の能力と作業の範囲内であることをご承知願いたい。

★2010/06/10 12:30追記 配布資料が総務省サイトに掲載された
デジタル・ネットワーク社会における出版物の利活用の推進に関する懇談会(第2回)配布資料
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/shuppan/30638.html

===============================

  • 【知財】【電子書籍】デジタル・ネットワーク社会における出版物の利活用の推進に関する懇談会(第2回) http://bit.ly/d8RNRa の傍聴席なう。当方の能力と作業の範囲内でツイート実況します。ハッシュタグは #denshi です。 posted at 16:47:26
  • 前回(第1回、3月17日開催)の懇談会、またそれ以降開催された2つのワーキングチーム(技術に関するWT、出版物の利活用の在り方に関するWT)の資料等は http://bit.ly/9zSFoU にあります。 #denshi posted at 16:47:52
  • 議事次第 1.開会、2.議事(1)野口構成員からのプレゼンテーション(2)ワーキングチームからの一次報告(3)その他、3.閉会 #denshi posted at 16:48:42
  • 配布資料は、資料5点と参考資料1点の合計6点。以下ツイート。 #denshi posted at 16:49:51

  • 資料1:野口構成員提出資料(電子書籍配信事業に関する事業企画会社の設立について)、資料2:技術に関するワーキングチーム第1次報告(案)、資料3:技術に関するワーキングチーム第1次報告(案)概要 #denshi posted at 16:50:04

  • 資料4:出版物の利活用の在り方に関するワーキングチーム第1次報告(案)、資料5:出版物の利活用の在り方に関するワーキングチーム第1次報告(案)概要、参考資料:構成員名簿。 #denshi posted at 16:50:48
  • あと、「配布資料」とは別枠ですが、座席表が傍聴席に追加で配付されている最中です。 #denshi posted at 16:51:35

  • 座席表には、内藤総務副大臣、中川文部科学副大臣、近藤経済産業大臣政務官、との記載があります。ホントに出席するのかは不明。 #denshi posted at 16:56:46
  • 末松座長:開会宣言。内藤総務副大臣、中川文部科学副大臣、近藤経済産業大臣政務官からご挨拶を頂戴する。 #denshi posted at 17:05:14
  • 内藤副大臣:我が国においてもiPadが発売され校長のようだ。ただ原点に帰りたい、アップルは囲い込み。多くのプレーヤーが参加できるオープンなプラットフォームを作りたい。2つのWTの第一次報告はそれに資すると思う。iPadという黒船にしっかり対応したい。 #denshi posted at 17:05:25

  • 中川副大臣:総理が交代しても政策、この懇談会の方向性はしっかり継続していきたい。将来のグローバルスタンダードに向けて国内の議論をしっかり固めて、日本のスタンダードを世界に訴えていきたい。 #denshi posted at 17:07:24

  • 近藤大臣政務官:菅直人新総理は強い経済と言っている。そのためには民間が主となり、官が下支えをする必要がある。大きな流れの中で民間でも検討が進んでいると聞いており、政府としても国際標準になるように努力したい。支持率回復を受けて推進したい。 #denshi posted at 17:10:23

  • *報道カメラ退場。事務局から配布資料の確認。 #denshi posted at 17:11:00
  • 末松座長:本日は2つのWTの第一次報告を受けて議論する。また先だってソニー、KDDI、凸版の電子書籍配信企画会社設立について野口構成員から説明をいただく。 #denshi posted at 17:12:21
  • 野口構成員:*資料1により説明。これは5月27日に発表と同様と思われますので、実況を省略します。 #denshi posted at 17:14:12

  • *野口構成員の説明終了 17:17 #denshi posted at 17:18:20
  • 末松座長:杉本主査から技術に関するWTの第一次報告案の説明を #denshi posted at 17:22:53
  • 杉本主査:資料3を用いて説明。表現の多様性の確保、知のインフラの整備、世界に伍していけるビジネスモデルの構築。多様なプレーヤーの連携、オープン型、国会図書館のデジタルアーカイブ等の知のインフラ整備、国民のアクセス整備。 #denshi posted at 17:23:02

  • 杉本主査:以下、アジェンダ。1&2:電子出版を様々なプラットフォーム、様々な端末で利用、提供できるように。国内FF(中間FF)。3:海外の出版物に自由にアクセスと共に日本の出版物を世界に発信。海外デファクト対応環境整備、EPUB等との変換、海賊版撲滅環境整備。 #denshi posted at 17:26:09

  • 杉本主査:アジェンダ4:電子出版を紙の出版物と同様に長期間利用できるように。異なる電子出版端末、プラットフォーム間での相互運用。公共財としての保存環境整備。 #denshi posted at 17:35:27

  • 杉本主査:アジェンダ5:あらゆる出版物を簡単に探し出して利用できるように。紙と電子出版双方の書誌情報フォーマット確立環境整備、全文テキスト検索環境整備 #denshi posted at 17:35:34

  • 杉本主査:アジェンダ6:出版物間での、字句、記事、目次、頁などの相互参照等。雑誌協会とコンソーシアムの連携。アジェンダ7:紙の出版物と同様貸与。家族、友人、特定コミュニティ内での貸与に係る検討、図書館にほる貸与に係る検討・実証 #denshi posted at 17:36:22

  • 杉本主査:アジェンダ8:作り手売り手の経済的利益、読み手の安心・安全。認証課金プラットフォーム、書店を通じた紙と電子のシナジー、読み手のプライバシーの保護(ライフログ等)。アジェンダ9:作り手の意図を正確に表現できるように。外字、異体字。 #denshi posted at 17:36:31

  • 杉本主査:アジェンダ10:障害者、高齢者。子供などの身体的条件に対応した利用。テキストデータの音声読み上げ、雑誌・コミックのアクセシビリティ確保。 #denshi posted at 17:36:41
  • 末松座長:続いて利活用WTの第一次報告案について、徳田主査代理から #denshi posted at 17:38:13
  • 徳田主査代理:資料5により説明。検討の視点、知の拡大再生産、国民の知へのアクセス、出版市場の拡大。デジネット社会での出版物での継続的創造と市場の活性化。民間企業と国会図書館の連携。 #denshi posted at 17:46:27

  • 徳田主査代理:具体的論点1。権利処理の円滑化による取引コスト低減。集中管理の仕組みを検討。一方、権利処理の集中化になじまない物もあるなどの慎重意見もあった。今後は、実態をしっかりと検証、把握した上でその必要性を含めて議論が必要という方向。 #denshi posted at 17:46:35

  • 徳田主査代理:具体的論点2.出版者への権利付与。権利付与が必要とする意見(権利内容明確、出版契約促進、差し止め請求、侵害対策)、慎重であるべきとの意見(権利関係を複雑にするなど)。その可否を含めて様々な見解があり、今後更なる検討が必要。 #denshi posted at 17:46:46

  • 徳田主査代理:論点3。再生産の在り方。文字文化、ファイルフォーマットの共通性、統一性。文字コードの在り方の検討。表現のバランスと #denshi posted at 17:57:04

  • 徳田主査代理:論点4:違法、有害情報への対応。書店の活性化。論点5:図書館と民間の役割分担。公共サービスの在り方と懸念。著作権者、出版者、書店、図書館とで合意を図りながら検討刷る必要がある。論点6:知のアクセスの確保。年齢、身体条件等。 #denshi posted at 17:57:14
  • 三田構成員:両方のWTに所属したので経緯は承知している。作家の立場から。日本語で使われている文字は多様、コンピュータで表示できない文字もある。長く守り続けてきた漢字を守るべき。国が書体を作って無償配付するくらいが必要。 #denshi posted at 17:57:42

  • 三田構成員:国会図書館のデジタルアーカイブを配信するためには著作権処理が必要だが、裁定制度では困難が伴う。出版者や協会も参加して権利処理のための期間が必要。報告書案では慎重だが進めるべき。国民の財産を利用できるようにすべき。 #denshi posted at 17:58:20

  • 三田構成員:アメリカの電子出版には大きな規制があり、コミックで少しでも血が流れていればアウト。日本文化をどうやって発信するか? #denshi posted at 17:58:28
  • 長尾構成員:利用者の視点にたって利便性を高めることが必要。関係者間で協力し合い、前向きに合意できることから進めていく必要がある。(*かなり要約。実際にはもっと長かったです) #denshi posted at 18:00:14
  • 佐藤構成員:出版社としても後ろ向きではない。ただ読み手の利便性を追求していくとどこに行き着くのか? #denshi posted at 18:05:03

  • 佐藤構成員:第1回でも指摘したが、知の拡大再生産に関して著者のモチベーション=利益の向上は、デジタル化の流れとトレードオフになることが多い。広く行き渡ることが目的にならないようと申し上げた(*このあたり発言内容の再現不十分かも) #denshi posted at 18:06:06
  • 高井構成員:学術情報センターの書誌情報?についての記述が全くないが、議論されていないのか?(*座長からWTで検討するようにとの発言有り #denshi posted at 18:09:19
  • 野間構成員:講談社の取組みについて紹介。五木氏、京極氏の作品について、紙の本の書籍売り上げに好影響を与えるだろうという確信のもとに電子配信し、良い結果になった(五木氏のものは2~3割アップとのこと)。 #denshi posted at 18:12:55

  • 野間構成員:とは言えまだ実験途上であり、やってみないとわからないことも多い。iPad向け配信も結構面倒なことがあった。ただ配信できる環境は調いつつあり今後も実証が必要。 #denshi posted at 18:13:03
  • 大橋委員:書店の立場からもデジタルと紙のハイブリッドには積極的に取り組みたい。知のアクセスポイントは図書館だけではなく、書店もその役割を担っている。その観点から議論を深めて欲しい。 #denshi posted at 18:15:42
  • 金原構成員:著者から作品を預かる出版者の立場としては、出版者、印刷会社等も含めた配分については懸念がある。ただ、出版社の参画がなければこのプロジェクトは進まないので、参画できる環境、出版社としての権利なのか、著者との契約慣行になるのかはともかく検討して欲しい。 #denshi posted at 18:19:45
  • 野口構成員:中間フォーマット、書誌データの統一についてはよい活動と思う。ただし、世界に通用するオープンなものとなるよう誰もが参加できる、お金のかからないものをすべきであり、国の支援が必要。 #denshi posted at 18:21:27
  • 佐藤構成員:野口構成員にうかがいたいがEPUBはデファクトと言えるのか? #denshi posted at 18:23:38

  • 野口構成員:デファクトの定義によると思うが、アマゾン等が採用している。 #denshi posted at 18:23:46

  • 佐藤構成員:野口構成員のオープンでロイヤリティがないものという意見には同感。フォーマットについては、資料2にあるような内容を資料3にも盛り込んで欲しい。 #denshi posted at 18:25:38
  • 阿刀田構成員:素人めいた意見だが、20年後、30年後のビジョンとして紙の本の無い社会を目指すのかを検討して欲しい。 #denshi posted at 18:27:41
  • 三田構成員:阿刀田構成員にコメント。私はじっくり読みたいものは紙だと思う。あまり本を読んでいなかった層が手軽な電子書籍を読んで、これは紙もという方向になると思う。 #denshi posted at 18:29:22
  • 末松座長:皆さんのご意見に感謝。本日は時間なのでここまでとする。*事務局から次回は6月22日の朝10時~との案内有り。*閉会 18:30 #denshi posted at 18:31:13
  • 【知財】【電子書籍】「デジタル・ネットワーク社会における出版物の利活用の推進に関する懇談会」第2回(2010/06/08)の当方ツイート実況をトゥギャりました。 http://bit.ly/97ccux #denshi posted at 18:45:14
  • ===============================

    |

    « 弁理士出身菅直人首相の知的財産関係発言@国会 | トップページ | 文部科学省産学官連携基本戦略小委員会(第4回2010/06/10)をツイート実況 »

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13284/49085825

    この記事へのトラックバック一覧です: 「デジタル・ネットワーク社会における出版物の利活用の推進に関する懇談会」(第2回2010/06/08)をツイート実況:

    « 弁理士出身菅直人首相の知的財産関係発言@国会 | トップページ | 文部科学省産学官連携基本戦略小委員会(第4回2010/06/10)をツイート実況 »