« 知的財産戦略本部等の6本部を「科学技術戦略本部(仮称)」に統合へ | トップページ | 文化審議会著作権分科会基本問題小委員会(第3回2010/05/31)をツイート実況 »

2010/05/27

文化審議会著作権分科会法制問題小委員会(第5回2010/05/27)をツイート実況

2010年5月27日に開催された文化審議会著作権分科会法制問題小委員会(第5回)を傍聴し、その模様をツイッターにて実況した。Togetterにまとめたが、こちらにも掲載する。
なお、実況内容は当方の能力と作業の範囲内であることをご承知願いたい。

★2010/06/01 13:40追記:文化庁サイトに当日の配布資料が掲載された。議事内容はまだ。
文化審議会著作権分科会法制問題小委員会(第5回)議事録
http://www.bunka.go.jp/chosakuken/singikai/housei/h22_shiho_05/gijiyoshi.html

===================

  • 【知財】文化審議会著作権分科会法制問題小委員会(第5回) http://bit.ly/aGlsVk の傍聴席なう。実況はどこまでできるか不明。今回の議事は、(1)「公文書等の管理に関する法律」に関する権利制限について、(2)その他 です。 posted at 10:34:04
  • 資料1-1 公文書等の管理に関する法律について、資料1-2 公文書等の管理に関する法律のポイント、資料1-3 公文書等の管理に関する法律と著作権法の調整について、資料1-4 公文書等の管理に関する法律、(以上、内閣府提出) posted at 10:34:30

  • 資料2-1 「公文書等の管理に関する法律」に関する権利制限について、資料2-2 参照条文、参考資料 文化審議会著作権分科会法制問題小委員会 権利制限の一般規定に関する中間まとめ (以上) posted at 10:35:00
  • 土肥主査:開会宣言。傍聴についての確認等。事務局から資料の確認と、文化審議会著作権分科会法制問題小委員会の権利制限の一般規定に関する中間まとめについての報告を。 posted at 10:36:24

  • 事務局:資料の確認。権利制限の一般規定に関する中間まとめとパブリックコメントについて報告。(パブコメは文化庁サイトや電子政府サイトを参照)。 posted at 10:36:51
  • 土肥主査:本日の議事の「公文書等の管理に関する法律」に関する権利制限について、に関連して、同法について内閣府の岡本参事官から説明を。 posted at 10:43:19
  • 内閣府岡本参事官:同法の成立経過について説明。年金問題、自衛隊補給の問題で、文書管理の問題が浮き彫りになったことなどから、平成20年国会の首相演説、法案化、全会一致で成立した。平成21年7月に公布され2年以内に施行とされている。 posted at 10:50:32

  • 内閣府岡本参事官:公文書の意義→教訓を学び未来の国民に説明責任,管理保存し後世に伝えることは国の責務。一方、不適切な文書管理(期間満了前の廃棄、倉庫への放置、未作成)、各省庁任せ、職員の意識、スキル不十分が。国立公文書館への移管も進まない、という問題があった。 posted at 10:50:48

  • 内閣府岡本参事官:公文書の意義→教訓を学び未来の国民に説明責任、後世に伝えることは国の責務。一方、不適切な文書管理(期間満了前の廃棄、倉庫への放置、未作成)、各省庁任せ、職員の意識、スキル不十分が。国立公文書館への移管も進まず、の問題があった。 posted at 10:51:25

  • 内閣岡本参事官:本法では、公文書の位置づけ、共通ルールによる管理、意志決定に至る過程を検証可能な文書、国立公文書館への移管、期間満了文書廃棄の総理同意、各省庁からの報告、公文書館への文書移管対象を独法等にも拡大、公文書館の知見の活用を規定した。 posted at 10:52:08

  • 内閣府岡本参事官:資料1-3の同法と著作権法の調整について。利用請求者に供する特定歴史公文書の中に著作物が含まれるケースがある。公表権、氏名表示権、複製権、その他(複製物の譲渡等) posted at 10:54:42

  • 内閣府岡本参事官:資料1-3のもう1点。特定歴史公文書に係る永久保存への対応について。マイクロフィルムやデジタル画像保存。著作権法31条1項2号により劣化が進んでからは可能だが、公文書管理法の趣旨からは、劣化や請求を待つことなく行うべき。 posted at 10:59:07

  • 内閣府岡本参事官:ここは著作権法との調整を行いたい。国会図書館については著作権法第31条2項において手当がなされている。 posted at 11:00:06

  • 内閣府岡本参事官:*公文書管理法の条文を参照しながら、国立公文書館への文書移管について説明。*すいません、実況追えません。 posted at 11:04:00

  • 内閣府岡本参事官の説明終了(11:03) posted at 11:05:09
  • 土肥主査:続いて事務局から補足説明を。 posted at 11:05:27
  • 事務局:資料2-1の「公文書等の管理に関する法律」に関する権利制限について、により説明。1頁から2頁前半は内閣府説明と重複のため割愛。 posted at 11:06:30

  • 事務局:検討の方向性。文書等利用請求への対応について(公文書管理法第16条関係)。公文書管理法第16条第1項に基づく利用請求への対応の円滑化を図るため、基本的には行政機関情報公開法等と同様の調整規定を置くことが適当と考えられるがどうか? posted at 11:08:33

  • 事務局:行政機関以外の国の機関からの移管文書の取扱い。著作権等の制限についても行政機関や独法から移管された文書と同様の取扱いとすることが適当と考えられるがどうか? posted at 11:10:23

  • 事務局:一般からの寄贈・来た聞く文書については、公文書管理法の目的の範囲内で運用されることとなるため、無制限に利用拡大にならないと思われるが、適切な運用が確保される必要があると考えられるがどうか? posted at 11:12:00

  • 事務局:地方公共団体の公文書管理法相当条例への対応。仮に著作権法で公文書管理法について著作権法の調整を行う場合は同様の対応が適切ではないかと考えられるがどうか? posted at 11:13:19

  • 事務局:保存のための電子化。一定の公益性が認められると考えられるのではないか?当該永久保存のために必要な限度で権利制限を行うことが適当と考えられるがどうか? posted at 11:14:39
  • 土肥主査:以上の説明を踏まえて、ご意見、質問があれば? posted at 11:14:54
  • 小泉委員:資料2-1の4頁。一般からの寄贈・寄託文書の「適切な運用」。意義を考えれば足枷の方向になら無い方がよいのではないか? posted at 11:16:54
  • 土肥主査:(続く発言無しのため発言を促す)保存のところでも何かあれば。 posted at 11:19:17
  • 松田委員:保存に関しての質問(*マイク無しでよく聞き取れず) posted at 11:19:52

  • 事務局:(*松田委員への質問に回答した模様) posted at 11:22:51
  • 松田委員:保存の問題について国会図書館と同様の規定を置くことには賛成。ただ公文書の場合、たとえば、一般から寄贈・寄託されたもの自体が著作権侵害ではあるが、歴史的公文書としては意義があるケースがある。 posted at 11:23:33

  • 内閣府岡本参事官:各省庁庁から国立公文書官への移行時のスクリーニングの対象となると思う。 posted at 11:23:51
  • 松田委員:国会図書館とパラレルに考えると保存のため部分は同じだが、公共の用、閲覧の部分は異なると思うが。 posted at 11:26:35

  • 内閣府岡本参事官:資料1-3で(*書き取れず) posted at 11:26:49
  • 道垣内委員と内閣府岡本参事官、同中原専門官との間でやりとりが続いていますが、メール処理のためちょっと自供中断 posted at 11:29:49
  • *今のところ、基本的に方向性は賛成という意見のみです。 posted at 11:34:11
  • 山本(り)委員:地方公共団体に関して公文書管理法相当条例を制定したケースは? posted at 11:36:32

  • 事務局?:調べたところ1件のみ。 posted at 11:36:40

  • 内閣府岡本参事官:国の方で定めていけば地方公共団体もその流れには乗るだろう。 posted at 11:36:50
  • ??委員:寄贈・寄託の場合の著作権者の意思は? posted at 11:37:25

  • 内閣府岡本参事官:著作者本人からの寄贈・寄託の場合はそこで確認。第三者からの場合もなんらかの了解を・・(あまり具体的な言い方ではなかったように) posted at 11:41:12
  • 土肥主査:情報公開法と同様の規定を置くこと、第三者からの寄贈・寄託については、委員各位の賛成が得られたと思う。保存の場合は~(*聞き取れず)。本日事務局から提示された方向性で行くということでよいか? posted at 11:41:20

  • *森田委員と松田委員から補足質問有り。 posted at 11:46:22
  • 松田委員:著作権侵害の物の扱いをはっきりした方がいい。 posted at 11:46:55

  • 事務局:一般論としては制限規定の中に適法なものと限定するものはない。国会図書館でも無い、これはしっかりした出版社から受け入れているということもあるが。公文書の場合も同様になるのではないか? posted at 11:47:02
  • 土肥主査:事務局提示の方向性で了解が得られたとしてよろしいか(*意義無く承認) posted at 11:47:34
  • 事務局:次回は日程未定。追って調整。 posted at 11:47:39
  • 土肥主査:閉会宣言(11:45) posted at 11:47:45
  • 【知財】文化審議会著作権分科会法制問題小委員会(第5回2010/05/27)の当方実況ツイートをトゥギャりました。http://bit.ly/aMGvlH ※議事:「公文書等の管理に関する法律」に関する権利制限について posted at 11:59:13
  • ★2010/06/01追記

  • 【知財】文化審議会著作権分科会法制問題小委員会(第5回)議事録 http://bit.ly/aGlsVk ※平成22年5月27日の配布資料公開、議事内容まだ 議事:「公文書等の管理に関する法律」に関する権利制限について posted at 13:39:37

  • ===================

    |

    « 知的財産戦略本部等の6本部を「科学技術戦略本部(仮称)」に統合へ | トップページ | 文化審議会著作権分科会基本問題小委員会(第3回2010/05/31)をツイート実況 »

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13284/49082627

    この記事へのトラックバック一覧です: 文化審議会著作権分科会法制問題小委員会(第5回2010/05/27)をツイート実況:

    « 知的財産戦略本部等の6本部を「科学技術戦略本部(仮称)」に統合へ | トップページ | 文化審議会著作権分科会基本問題小委員会(第3回2010/05/31)をツイート実況 »