« 発明協会の月刊誌「発明」が「特許庁監修」の表記を2010年5月号から取りやめ | トップページ | 公益法人改革・知財関係予算事業見直しで特許流通アドバイザー派遣事業の廃止等 »

2010/05/13

知的財産戦略本部知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会(第8回、2010/05/13)を傍聴ツイート実況

本日2010年5月13日に開催された知的財産戦略本部:知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会(第8回)を傍聴し、その模様を当方のツイッター(Twitter)で実況した。
トゥギャッター(Togetter)にまとめたが(http://togetter.com/li/20710)、こちらにも掲載する。

この実況はあくまでも当方の追いつく範囲なので、配付資料とあわせて参考程度でお願いする。

=====

  • 【知財】知的財産戦略本部:知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会(第8回) http://bit.ly/aixajN の傍聴席なう。当方の能力と作業の範囲でツイート実況します。ハッシュタグは #IPK_policy です。 posted at 09:46:45
  • 配付資料:資料2点、参考資料6点。次からツイート。 #IPK_policy posted at 09:47:03

  • [資料1]「知的財産推進計画2010」に盛り込むべき事項について(知的財産による競争力強化・国際標準化関連)(案) #IPK_policy posted at 09:47:51

  • [資料2]相澤(英)委員提出資料 #IPK_policy posted at 09:48:15

  • [参考資料1]知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会(第7回)における主な意見 #IPK_policy posted at 09:48:39

  • [参考資料2]「知的財産推進計画2010」に盛り込むべき事項に関する議論の概要 #IPK_policy posted at 09:49:23

  • [参考資料3]低コストかつ効率的に各国で特許取得が可能な環境の実現に向けて #IPK_policy posted at 09:49:34

  • [参考資料4]目標指標について(討議用参考資料) #IPK_policy posted at 09:49:47

  • [参考資料5]国際標準化タスクフォースのミッションについて #IPK_policy posted at 09:50:04

  • [参考資料6]国際標準化タスクフォース名簿 #IPK_policy posted at 09:50:12

  • 資料は会議終了後、通例当日~翌日くらいには知財戦略本部のサイトで公開されます。 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/tyousakai/kyousouryoku/ #IPK_policy posted at 09:55:05
  • 妹尾会長:定刻、開会宣言。本日が本調査会の最終回。本日は今までの議論をふまえて取りまとめ。資料説明を事務局から。 #IPK_policy posted at 10:02:05
  • 高原参事官:配付資料の確認。さきほどツイートしたもの以外に委員席にはバイドール法関連の資料があるとのこと #IPK_policy posted at 10:08:15

  • 高原参事官:資料1の修正点。6頁、国際標準化機関人材800人。7頁、安全安心に目標指標。8頁、使用言語の違いに起因する負担の軽減(機械翻訳、外国特許文献検索) #IPK_policy posted at 10:08:34

  • 高原参事官:9頁、海外展開に対応したグローバルな特許取得、後で参考資料説明、ACTAについてアジアなどの新興国を含む。10~11頁、イノベーション関連の記述。11頁、中小企業向け手続き書類作成ツール。 #IPK_policy posted at 10:10:58

  • 高原参事官:12頁、ブランド構築、食文化等、ブランド構築等普及啓発。13頁、ユーザー参加型の実証実験。14頁、産学連携の評価の在り方。15頁、目標指標、研究開発支出。16頁、ブランド構築取り組み促進。 #IPK_policy posted at 10:14:27

  • *以上は資料1の説明 #IPK_policy posted at 10:14:53
  • 妹尾会長:まず前回会合で宿題となっていた日本版バイドール法の運用について。*前回資料4参照。http://bit.ly/cR5Pco 経産省産業政策技術課の石川課長から説明を。*説明資料は委員席のみ。 #IPK_policy posted at 10:19:51
  • 石川課長:日本版バイ・ドール法について関連条文に基づいて、経緯、概要についての説明。*実況省略。 #IPK_policy posted at 10:30:33

  • 石川課長;第19条の4号で特許権等の移転をする場合は国の事前承認の対象。下部規定では専用実施権等についても規定している。 #IPK_policy posted at 10:31:21

  • 石川課長:事前承認が必要ない場合は政令で以下の、親会社から子会社への移転。大学からTLOに移転、技術研究組合から構成員である組合員に移転する場合。 #IPK_policy posted at 10:31:31

  • 石川課長:前回の指摘の1点目として現場に行き届いていないとの点、今月中に関係省庁を集めた会合を開いてあらためて周知徹底したい。契約による独占的通常実施権設定は国の承認不要であること。対象となる契約が新規または更新である点。 #IPK_policy posted at 10:32:14

  • 石川課長:2点目として、事前承認が認められる、認められないケースのガイドライン。これはなかなか難しい、先に述べた政令で事前承認不要としているものはある。欧州等も調べたがこのようなガイドラインは無い模様。また、偽造等のおそれもある。 #IPK_policy posted at 10:32:57
  • 妹尾会長:石川課長の説明について質問等があれば。 #IPK_policy posted at 10:33:26
  • 山本委員:周知徹底足りない。また、ガイドラインづくりについての懸念はわかったが、たとえば外資系企業を含む場合などはどうか、等は明らかにして欲しいし、専用実施権設定の予約等の扱いはどうか。 #IPK_policy posted at 10:36:31

  • 石川課長:現場への情報提供はさきほどのとおり実施したい。外資企業であれば自動的にアウトというのもどうかと考えており、個々のケースで判断せざるを得ない。 #IPK_policy posted at 10:38:18

  • 石川課長:専用実施権の予約については、法律上は移転よりも前の承認が求められているので、予約自体は事前対象外となるが、事前に相談してもらうという形になるのではないか。 #IPK_policy posted at 10:43:42
  • ??委員:日本政府の許可を必要とするようなものを対象とした契約、たとえば外為法では契約に「日本政府の承認」を条件として入れる。また事例の紹介などはできないか。 #IPK_policy posted at 10:47:44

  • 石川課長:実例が積み上がっていない部分はあるが、実例が積み上がれば事例の紹介はできると思う。但し、あるケースが過去にOKだからといって今回もOKとは限らない。#IPK_policy posted at 10:48:45
  • 山本委員:まず質問として、一部を譲渡する場合も事前承認の対象となるのか。また意見だがバイオベンチャー等ライセンスアウトの扱いを考慮して欲しい。 #IPK_policy posted at 10:49:12

  • 石川課長:持ち分については一部でもあれば事前承認の対象となる、もとは国の税金であることから適切な範囲での移転であるかのチェックが必要。*バイオベンチャーのついての回答は書き取れず。 #IPK_policy posted at 10:49:34

  • 山本委員:私は理解したが、現状、JSTやNEDOに問い合わせると特に各論部分はバラバラの回答。中には政務三役の印がいるという回答もあった。 #IPK_policy posted at 10:49:44
  • 高柳委員:外国で取得した特許はどうか? #IPK_policy posted at 10:49:49

  • 石川課長:外国で取得した特許権も事前承認の対象となる。 #IPK_policy posted at 10:49:55

  • 高柳委員:大学は外国で取得した特許権については意識していない周知徹底が必要。 #IPK_policy posted at 10:50:25
  • 相澤(英)委員:さきほどの外為法の例、外為法は安全保障で別マターで例としては布石説ではないか。 #IPK_policy posted at 10:50:44

  • 渡部委員:関係省庁に周知徹底は結構だが、ぜひ現場の意見もフィードバックして欲しい。 #IPK_policy posted at 10:53:36
  • 妹尾会長:リスクマネジメントをどうビルトインするかをいうことだと思う。本調査会としては今回の混乱ではなく、今後このような問題が起きないようにかと思う。 #IPK_policy posted at 10:53:52

  • *ここで石川課長は退席。妹尾会長「無罪放免というわけぢゃないよ」(一同笑) #IPK_policy posted at 10:54:03
  • 妹尾会長:本論に入る。[資料1]「知的財産推進計画2010」に盛り込むべき事項について(知的財産による競争力強化・国際標準化関連)(案)参照。*前回からの修正は高原参事官説明の通り、ペーパー上マーカー引き。 #IPK_policy posted at 10:56:48
  • 佐々木委員:1点目、PDCA、各省庁の対応は大丈夫か。2点目、外国出願に関する数値目標は前回も議論となったが残すのであれば記述を再考して欲しい。 #IPK_policy posted at 11:01:20

  • 妹尾会長:PDCAについては本部事務局が各省庁をチェックする。外国出願の数値目標については事務局とも相当議論したが残させてもらった。 #IPK_policy posted at 11:02:35
  • 佐々木委員:外国出願の数値目標自体がナンセンスだと思う。 #IPK_policy posted at 11:04:31

  • 相澤(英):全く同意見。基本的に企業の話、知財本部が責任を負うとすると妙な行政指導になるのではないか。数値目標全般について、回帰分析もすべき。税金、補助金を投入するのであればなおさら。(*資料2の同委員提出資料参照) #IPK_policy posted at 11:04:45

  • 荒井委員:官が取り組みべき事項、民が取り組むべき事項、官民一体で取り組むべき事項を明らかにするのがこの計画。その観点から外国出願の数値目標は残すべき。 #IPK_policy posted at 11:07:41

  • 野元委員:コスト低減の話が出てきたのは賛成。ただ数値が足りない。 #IPK_policy posted at 11:08:55

  • 高原参事官:コストについては様々なファクターがあるため数値で特定するのが(・・・・) #IPK_policy posted at 11:09:10

  • 妹尾会長:かなりの人がわかりにくい日本語であったと思う(一同笑)。ただ、津村政務官がいう検証可能な数値目標としては明確にすべき。#IPK_policy posted at 11:09:53

  • 高柳委員:(コスト低減について?)アドバルーンとして入れることは必要、その上で数値目標を知財本部が責任を持てる形で入れて欲しい。 #IPK_policy posted at 11:11:03

  • 佐藤委員:コスト低減にしろ、外国出願を増やすにしろ、単純ではなく数値目標が難しいとは思う。しかし、強いメッセージとして明記すべきだと思う。 #IPK_policy posted at 11:14:17

  • 相澤(英)委員:会長にお任せするが、数値目標を入れるのはそれにあわせてやって達成するものだと思う。数値目標はアドバルーンだと言ってしまったら意味が無くなる。 #IPK_policy posted at 11:14:26
  • 妹尾会長;数値目標については難しいが、委員の意見をふまえて対応したい。 #IPK_policy posted at 11:15:22
  • 妹尾会長:使用言語の話、機械翻訳精度向上について(*委員から特に異議無し)。 #IPK_policy posted at 11:17:31
  • 荒井委員:11頁の中小企業向け手続き書類作成ツールは待ち望まれている。ユーザーの意見を取り入れて使いやすいモノを目指して欲しい。#IPK_policy posted at 11:19:38

  • 荒井委員:12頁のワンストップ対応窓口。現状でも都道府県、発明協会、商工会議所、弁理士会等の窓口がたくさんある、「ワンモアストップ窓口」にならないように各機関の連携を密にして欲しい。 #IPK_policy posted at 11:21:10
  • *すいません、ここでPCのバッテリー交換のため一時実況ツイートを中断します。 #IPK_policy posted at 11:26:04

  • *バッテリー交換終了。高柳委員から、10頁の成果イメージ技術輸出額2兆年→3兆円、13頁の産学連携についての質問、意見は書き取れず。 #IPK_policy posted at 11:29:27
  • 山本委員:13頁下の「知」のプラットフォームについては正直よくわからない。国費により整備された先端研究説を民間企業が共同開発や受託で円滑に利用できるようにはわかるが。 #IPK_policy posted at 11:32:20

  • 佐々木委員:オープンイノベーションと機密保持は裏腹な部分がある。企業が持っているバリューを使おうとするとどうしても既におつきあいのある大学とということになる、各地の大学の知を生かせるような体制を。(事務局から文科省中心に対応の旨回答) #IPK_policy posted at 11:35:30
  • ??委員:13頁の「ユーザー参加型の実証実験」を具体的にした方がいいのではないか? #IPK_policy posted at 11:39:33

  • 妹尾会長:今は決めずに前広にした方が良いと思う。 小さくしすぎるとこじんまりなPDCAになる #IPK_policy posted at 11:40:28
  • 江幡委員:記述を替える必要ないと思うが、11頁の「手続き書類作成支援ツール」について、将来は、特許だけではなく、意匠、商標等、その他の知財権にも応用できると中小ユーザーにフレンドリーだと思う。 #IPK_policy posted at 11:41:26

  • 妹尾会長:ここはご指摘を踏まえて修正したい。 #IPK_policy posted at 11:41:49
  • 相澤(英)委員:それならば種苗法も(笑)。産学連携については、税金。補助金の点から成果をきちんとはかるべき。 #IPK_policy posted at 11:44:24

  • 山本委員:賛成。アメリカでは大学の技術を使った製品の数、波及した雇用創出なども出している。 #IPK_policy posted at 11:44:33

  • 佐藤委員:前にも指摘したとおり大学の知財の現場教化は喫緊の課題。「短期」の視点を入れて欲しい。 #IPK_policy posted at 11:46:02

  • 妹尾会長:「短気」な方が多いということで「短期」・・・すいません(苦笑)。「短期」「短期・中期」という形にしたい。 #IPK_policy posted at 11:47:38
  • 妹尾会長:委員の立場での意見。6頁の国際標準化機関で議長や主査になり得る人材800人、の点。なにをもってなり得るとするのか、研修の受講者数では意味がない。研修を受ければOKなど日本だけだ。 #IPK_policy posted at 11:50:25

  • 上條委員:標準化人材育成に関しては、知財と標準化はセット、知財の知識経験のある人に標準化教育、標準化の知識経験のある人に知財の教育を #IPK_policy posted at 11:50:39
  • 荒井委員:16頁。目標指標の例示で、登録対抗制度に関する検討の有無、とあるが検討の有無は目標としておかしい。 #IPK_policy posted at 11:52:15

  • 妹尾会長:ご指摘を踏まえて修正したい。 #IPK_policy posted at 11:52:46
  • 相澤(英)委員:*書き取れず。 #IPK_policy posted at 11:53:40

  • 山本委員:*16頁の目標指標(イ)~(ハ)について指摘(*事務局で修正) #IPK_policy posted at 11:57:00
  • 妹尾会長:大変活発な議論を戴いた。最終的なとりまとめは会長の私にご一任いただきたい(*異議無し) #IPK_policy posted at 11:58:11

  • 妹尾会長:では修正の上、最終的な報告を、企画委員会、本部に上程するよう算段したい。 #IPK_policy posted at 11:59:07
  • 妹尾会長:国際標準化TFについて事務局から報告を。 #IPK_policy posted at 11:59:46

  • 高原参事官:[参考資料5]国際標準化タスクフォースのミッションについて、[参考資料6]国際標準化タスクフォース名簿 により報告。本調査会の妹尾会長が同TFの会長に選任された。また岸副会長、上條委員も入っている。 #IPK_policy posted at 12:01:40
  • 津村政務官:2月16日の第1回から3ヶ月で8回の会合。活発なご議論を戴いたことに感謝、PDCAをきちんと回せるように政治も努力するので、これからもご協力頂きたい。 #IPK_policy posted at 12:04:01

  • 妹尾会長:会長として皆様に御礼申し上げる。拍手で締めくくりたい。(*一同拍手)閉会。 #IPK_policy posted at 12:04:43

  • *閉会12:03。実況終了 #IPK_policy posted at 12:05:18
  • 【知財】知財戦略本部:知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会第8回(2010/05/13)の当方ツイート実況(能力&作業範囲内)等をトゥギャりました。http://togetter.com/li/20710 #IPK_policy posted at 13:23:44
  • 【知財】知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会[第8回]議事次第 http://bit.ly/d6Xg2H ※平成22年5月13日開催の配布資料 #IPK_policy posted at 14:46:16

  • =====

    |

    « 発明協会の月刊誌「発明」が「特許庁監修」の表記を2010年5月号から取りやめ | トップページ | 公益法人改革・知財関係予算事業見直しで特許流通アドバイザー派遣事業の廃止等 »

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13284/48351768

    この記事へのトラックバック一覧です: 知的財産戦略本部知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会(第8回、2010/05/13)を傍聴ツイート実況:

    « 発明協会の月刊誌「発明」が「特許庁監修」の表記を2010年5月号から取りやめ | トップページ | 公益法人改革・知財関係予算事業見直しで特許流通アドバイザー派遣事業の廃止等 »