« 知的財産戦略本部コンテンツ強化専門調査会(第6回、2010/04/23)を傍聴ツイート実況 | トップページ | 関東経済産業局「知財戦略コンサルティング活用事例集2010~知的財産経営の定着のために~」公開 »

2010/04/27

知的財産戦略本部知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会(第7回、2010/04/26)を傍聴ツイート実況

昨日2010年4月26日に開催された知的財産戦略本部:知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会(第7回)を傍聴し、その模様を当方のツイッター(Twitter)で実況した。今回は、会議傍聴中、ノートパソコン不調と通信環境不調(モバイルルータのUSB充電ケーブル忘れ)により、最後の約30分間分は、会議中ではなく同日22:12:59~22:24:47に後追いツイートしている。
トゥギャッター(Togetter)にまとめたが(http://togetter.com/li/16928)、こちらにも掲載する。

この実況はあくまでも当方の追いつく範囲なので、配付資料 とあわせて参考程度でお願いする。


=====

  • 【知財】知的財産戦略本部:知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会(第7回) http://bit.ly/dpp0ec の傍聴席なう。当方の能力と作業の範囲でツイート実況します。ハッシュタグは #IPK_policy です。 posted at 09:51:03
  • 配付資料:資料5点、参考資料4点。次からツイート。今朝差し替え追加があったみたいです。 #IPK_policy posted at 09:53:12
  • [資料1]今回の論点、[資料2]相澤(英)委員提出資料、[資料3]妹尾委員提出資料、[資料4]山本委員提出資料、[資料5]荒井委員提出資料 #IPK_policy posted at 09:54:16
  • [参考資料1]知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会(第6回)における主な意見、[参考資料2]「知的財産推進計画2010(仮称)」骨子に盛り込むべき事項について(知的財産による競争力強化・国際標準化関連) #IPK_policy posted at 09:54:42

  • [参考資料3]目標指標例について(討議用参考資料)、[参考資料4]ACTA(模倣品・海賊版拡散防止条約)第8回交渉会合の概要について #IPK_policy posted at 09:55:13
  • *あとすいません、モバイル環境=イーモバイル PocketWiFi D25HW のUSB充電ケーブルを忘れたので、もしかすると途中でツイート実況不能になるかもしれません。もしそうなったらごめんなさい。 #IPK_policy posted at 09:58:15
  • 妹尾会長:10時定刻開会宣言。前回に引き続き議論の尽くされていない事項についての議論を継続する。また、参考人として日経デザイン編集長の下川和哉さんに来て頂いており後ほどプレゼン頂く。まず、事務局から資料説明を。 #IPK_policy posted at 10:08:57

  • *資料目録にはありませんが、日経デザイン編集長下川和哉さんの[参考人説明資料]として「製品アピールやサービスのプロモーションのためのデザイン開発、意匠権活用方法」が配付されています。サイト上で公開されるかは不明。 #IPK_policy posted at 10:11:04
  • *すいません、PCの電源が突然落ちました。再起動復帰していますが、事務局高原参事官の資料説明部分はメモできていません。 #IPK_policy posted at 10:13:14
  • 妹尾会長:まず資料1の1頁、企業のブランド構築と知的財産権の活用に関して有識者参考人の下川さんからプレゼンを頂く #IPK_policy posted at 10:16:27
  • 下川参考人:ユーザーはデザインをユーザーと製品あるいはブランドとの接点で評価していく。手元のミネラルウォーターも店頭で発見、手を伸ばし、購入、運搬、開封、使用、収納、廃棄のリピートの中で使いやすさ、持ちやすさ等を評価する。 #IPK_policy posted at 10:36:32

  • 下川参考人:平成21年度意匠出願動向調査報告から具体例。日本コカ・コーラの「いろはす」、凸版印刷の「スタンディングパウチ」、JALの国際線「JALスイート」 #IPK_policy posted at 10:37:58

  • 下川参考人:まとめとして製品保護を超えて企業のブランディングにデザインを活用する場合、製品だけではなく、ユーザーのシークエンス上で接点になりうる物品の権利化を行い、適切な戦略の下に専用することが求められる。 #IPK_policy posted at 10:38:17

  • 下川参考人:ブランドは、営業、研究開発、広報、デザイン開発等、経営資源を結集して構築・維持・向上すべき。ブランド=商標といった単純視点ではなく、様々な知的財産権を上手に組み合わせ戦略活用がブランド構築、防衛のために必要。 #IPK_policy posted at 10:39:24
  • 相澤(英)委員:意匠、商標の権利行使の近代化が必要と感じる(*かなり要約してます)。中小企業のブランディングがすべてうまくいっていないわけではなく成功事例もある。成功事例に至らない規制があれば取り除く必要がある。 #IPK_policy posted at 10:40:30
  • 渡部委員:*書き取れず・・最後にバイドールの運用が4月1日から変わって混乱しているとの指摘。 #IPK_policy posted at 10:40:41
  • 相澤(益)委員、野元委員からの発言はPC不調で書き取れず。 #IPK_policy posted at 10:43:21
  • 高柳委員:ブランド構築の重要性はもちろんだが、成功事例集を出すとか、個々の企業の戦略を指導するとかは国の事業ではないと思う。(続く) #IPK_policy posted at 10:47:33

  • 高柳委員:(続き)国としてやるべきは、法制度の面の不備、おかしい、権利が狭すぎる・広すぎる、といった問題への取り組み。中国の意匠件数の出願増大も脅威となりうる。 #IPK_policy posted at 10:50:30
  • 佐藤委員:法制度に関しては縦割、不競法の適用等の課題もある(*すいません書き取り不完全です) #IPK_policy posted at 10:53:02

  • 佐藤委員:企業はプレーヤーなので自らがブランド構築に努力すべきのは当然。ただ中小企業では自力でできないこともあり、国のサポートも必要。 #IPK_policy posted at 10:53:11

  • 佐藤委員:(続き)ブランド構築にはマーケティングも重要。市場があってのブランド、価格、流通面も見てのブランド構築が求められている。 #IPK_policy posted at 10:53:19
  • 佐々木委員:高柳委員、佐藤委員の意見を受けて。事例集は誰のためのモノなのか。中小企業といえどもブランド構築を考える人は、特許庁や店頭書籍の情報に当たるのではないか。 #IPK_policy posted at 10:55:51
  • 江幡委員:実務ではパッケージのデザインが問題となる。イメージは似ているが、不競法で保護できるほどではないというケースはある。(*その他、個人ユースの制約、地方での戦略展開等について発言。書き取り落ち) #IPK_policy posted at 10:56:48
  • 妹尾会長:ここまでの議論。横断的な法の整備の必要性、これはすぐではないが課題としてあるということを認識して今後も議論を進めたい。(続く) #IPK_policy posted at 11:01:27

  • 妹尾会長:(続き)事例集などの啓発については、誰のためにかという佐々木委員の指摘に留意しながら進めたい。現状の特許庁、INPITのテキストには既にそのような視点が盛り込まれているが、さらに充実が必要だろう。(続く) #IPK_policy posted at 11:01:32

  • 妹尾会長:(続き)国がやる以上、日本製品のイメージ、ジャパンブランド構築が必要。安かろう・悪かろうから、高品質、そして安全・安心へ、クールジャパンへと展開してきた。個々の企業、製品のイメージが、日本全体のイメージを有効に使えるようにしたい。 #IPK_policy posted at 11:02:51
  • 妹尾会長:ユーザーイノベーションについての議論に移る[*イノベーションの概念等について資料3により説明](続き) #IPK_policy posted at 11:20:46

  • 妹尾会長:(続く)イノベーションについては個々の企業、大学により主体的に進められるべきものだが、それを誘導する施策として「イノベーション特区(創造的活動特区)」を提案する。(続く) #IPK_policy posted at 11:20:54

  • 妹尾会長:「イノベーション特区」を採用する場合、テクノロジーとコンテンツ、ものとサービスの融合を基点とする最新イノベーションに注力すべき。またアイデアの受信、試みの実証、結果と提案の発信を行うことができる地域とすることが重要。 #IPK_policy posted at 11:28:55
  • 西山委員:他国では既にユーザーイノベーションという言葉が政策に入ってきている。最終目標は個人がイノベーション精神を持って起業できるような体制であり、これを知財の側面から支援することが重要だと思う。(続く) #IPK_policy posted at 11:29:27

  • 西山委員:日本人はもちろんだが、外国人が日本国内に来てイノベーションの場に参画できる場が必要。 #IPK_policy posted at 11:29:53
  • 中村委員:大事な論点。3点ある。1点目は、IT、過去5年の動きはほとんどユーザー側から出てきている。WEB2.0、ITやインターネットはそれを使っている人が次の流れを作っている。(続く) #IPK_policy posted at 11:30:48

  • 中村委員:(続き)2点目。クールジャパンの源泉、ハイカルチャーではない、ポップの役割が重要。コミケの創作の場としての力はすごいが、一方で著作権侵害の巣窟という面もある。またケータイ小説等も目を見張る。(続く) #IPK_policy posted at 11:32:20

  • 中村委員:(続き)3点目。政策として何ができるのか、そうした場やフィールド、プラットフォームを提供することが必要と思う。その意味で「特区」が重要だが、コンテンツ特区とイノベーション特区をリンクさせる必要がある。 #IPK_policy posted at 11:32:56
  • 妹尾会長:次に目標指標例についての議論に移る。 #IPK_policy posted at 11:33:14
  • 荒井委員:*書き取れず #IPK_policy posted at 11:33:31

  • 野元委員:海外出願増加の目標は違和感。売り上げや利益につながるか?少ないことによる具体的な問題・不利益は何か?企業や事業によっても異なり、平均値では議論できない。事業での必要性と費用を考慮して出願をしている。(続く) #IPK_policy posted at 11:36:36

  • 野元委員:(続き)むしろ必要なのは機械翻訳の精度の向上。 #IPK_policy posted at 11:36:56

  • 荒井委員:一例として、国内出願だけの場合は(公開情報が閲覧されることにより)技術が流出する一方、海外での権利は無い、という問題が生じている。 #IPK_policy posted at 11:37:49

  • 佐々木委員:*書き取れず #IPK_policy posted at 11:44:58

  • 大渕委員:海外出願件数の現状について。技術に国境はないが、事業にターゲット国はある、それを各企業が経営的に判断した結果だと思う。目標数値を決めることが、経営判断に制約を加えることにならないか。 #IPK_policy posted at 11:45:23

  • 妹尾会長:海外出願件数の目標について、それが実現できなかった場合、検証と責任は誰が負うのか?。民間企業に押しつけられてはたまらないというのはもっともだと思う。目標指標としての記載方法は考えたい。 #IPK_policy posted at 11:45:49

  • 福島委員:海外出願の翻訳費用は何度も議論されているとおり。海外出願についてはその数をベースに議論されると、費用だけではなく、出願実務の点でも厳しい。数値でというならば権利化されたものをベースにすべき。 #IPK_policy posted at 11:45:57
  • *通信不安定のため。場所を変えてツイートします。 #IPK_policy posted at 11:58:20
  • 【知財】本日4月26日午前の知的財産戦略本部:知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会(第7回)のツイート実況が、パソコン、通信環境不安定のため途中でした。これから会議中メモを元に再構成した残りのツイートをお送りします。 #IPK_policy posted at 22:12:59
  • *会議中(2010/04/26 11:42:37)にツイートした(既に削除済み)相澤(英)委員の発言概要を次ぎ発言の通り修正します。×「件数ではなく、比率で書いた方が」→○「比率ではなく、件数で書いた方が」 #IPK_policy posted at 22:13:10

  • 【訂正】相澤(英)委員:出願件数の数値目標については、懐疑的、以前の行政指導のようにならないか。(ここで入室した津村政務官を見て)政務官が数値目標をリクエストされたがどうしてもならば、比率ではなく、件数で書いた方が害になる可能性は少ないだろう。 #IPK_policy posted at 22:13:23

  • *前ツイートの訂正×「件数ではなく、比率で書いた方が」→○「比率ではなく、件数で書いた方が」の意味は、比率で目標を設定すると目標に達するか微妙なときに分母となる件数を抑える傾向が出るのではとの懸念からのようです。 #IPK_policy posted at 22:13:33
  • 妹尾会長:機械翻訳について事務局に資料収集を依頼しているがまだ手が回っていない状況。 #IPK_policy posted at 22:13:43
  • 妹尾会長:資料4、本日海外出張で欠席の山本委員からの提出資料。前回、産学連携活動全体の評価、国としての評価はどうあるべきかを議論すべきタイミングに来ているのではないかとの問題提起。(続く) #IPK_policy posted at 22:13:54

  • 妹尾会長:(続き)産学連携活動の進展の測定、日本と諸外国の比較、3番目に個別の大学の評価、という点にあると思う。 #IPK_policy posted at 22:14:05
  • 渡部委員:山本委員提出資料の1番目(産学連携活動指標の確立と集計を行う)についてはその通り。2004年の国立大学法人化前の特許が原則個人帰属であったこと。(続く) #IPK_policy posted at 22:14:14

  • 渡部委員:(続き)また各省庁でやっている、ホントは全部合せてみないとダメだが。2004年からもう5年、6年経過しており議論するには良い時期とのご意見と思う。(続く) #IPK_policy posted at 22:14:23

  • 渡部委員:(続き)山本委員提出資料の2番目(日本版バイ・ドール法の改正に伴う基準と運用の明確化を)については、現在の議論とはまったく別の問題だが、いま来ている通達が現場が混乱を呼んでいる。(続き) #IPK_policy posted at 22:14:32

  • 渡部委員:(続き)昨年日本版バイ/ドールの運用に関する改正があったが、事前承認制になったということで、企業との既存の契約も破棄しなければならないのではないか、といった問題。どこで検討しているかも不明。ガイドラインを作るなど早急に対応を求めたい。 #IPK_policy posted at 22:14:41
  • 妹尾会長:日本版バイ・ドールの運用に関する問題については現場が混乱しているとのことなので、事務局に調査してもらう。 #IPK_policy posted at 22:14:50
  • 相澤(英)委員:産学連携活動指標、今はどうなのかがわからない、いましている評価の何が問題でそこをどう変えるべきかという具体的な話がない。過去はともかく、2004年以降国立大学法人化、補助金が入っているはずなので、報告はあるはず。 #IPK_policy posted at 22:15:34

  • 妹尾会長:評価はされているが、去年はこう、今年はこう、という試行錯誤の状態と理解している。もう5年、6年経つので、その都度評価だと安定性がない。各大学独自評価はともかく、政府としての指標が必要というのが山本委員の意見ではないか? #IPK_policy posted at 22:16:43

  • 渡部委員:いないひと(*本日欠席の山本委員を指す)の意見を推測するのは(笑)。特許出願数だけが注目され、実質的な産学連携活動成果が見えていないという点にあるのではないか? #IPK_policy posted at 22:16:53

  • 妹尾会長:今この場で比率を入れるとかは間に合わない、ただこういうものは必要だということ。 #IPK_policy posted at 22:17:04

  • 相澤(英)委員:そうすると補助金を出し続けるということか。各大学が自主財源でやるならば自由。しかし、補助金を出すならば、きちんとしないで指標で、きちんとした政策判断が必要。 #IPK_policy posted at 22:17:12

  • 佐藤委員:今までも指摘した事項だが、産学連携では、大学知財本部、TLO、は見直すべき時期に来ている、しっかり指標を定めて評価し、どこを改善すべきかをはっきりさせるべき。その意味で指標は必要。(続く) #IPK_policy posted at 22:17:21

  • 佐藤委員:(続き)比較対象がアメリカの大学だけというのもダメ。韓国や中国の大学。私が持っているデータでは、韓国にも負けている状態、それをきちんと把握すべき。 #IPK_policy posted at 22:17:31

  • 妹尾会長:今の話、相澤(英)委員の補助金出す、出さないの・・・・ #IPK_policy posted at 22:17:39

  • 相澤(英)委員:いつまでも自立しない大学知財本部やTLOへの補助金を出し続けるのはどうか。最後は政治判断だと思うが、何年か経ったら自立してもらうことが必要。 #IPK_policy posted at 22:17:49

  • 妹尾会長:指標を具体的に作るという話ではなく、これらを整備すべきだというのが今回の整理。 #IPK_policy posted at 22:17:59
  • 妹尾会長:あと1点、国際標準化の話があるが、津村政務官が退室されるとのことなので、ここでご挨拶を戴く。 #IPK_policy posted at 22:18:08

  • 津村政務官:途中入室、退室で申し訳ない。形式的な挨拶は抜きにして、30分間ほどお聞きして、PDCAを念頭に置いて議論されていることに感謝。(続く) #IPK_policy posted at 22:18:19

  • 津村政務官:(続き)報告だが、大臣から話があったこととして、知財、IT、科学技術、それらの話が煮詰まって俯瞰すると重複する論点も多いのでよこ串を指したいと、全員は無理だが、代表の方に集まってもらって整理したいと考えている。 #IPK_policy posted at 22:18:37
  • 妹尾会長:最後に国際標準化について、骨子では特定戦略分野について官民一体の取り組みが盛り込まれたが、この特定戦略分野自体は決定されていない。関連して事務局から報告。 #IPK_policy posted at 22:18:47

  • 内山次長:国際標準化戦略。産業界の英知と主体性を、政府がバックアップという姿勢。4月22日の知財戦略本部企画委員会(座長:川端文科大臣)にて、国際標準化戦略タスクフォースの設置、座長は妹尾会長にお願いすることに決定(続く) #IPK_policy posted at 22:18:56

  • 内山次長:(続き)先ほど会長から話があった具体的な特定戦略分野についはこのタスクフォースで検討し5月末の推進計画に盛り込んで決定という運びになる。 #IPK_policy posted at 22:19:05

  • 妹尾会長:それ以外で何かあれば。 #IPK_policy posted at 22:19:13
  • 荒井委員:資料5の提出資料。中小企業にとっては、オカネの問題以外に、特許の手続は複雑で難しい。特許審査のために出願だけではなく審査請求が必要だということを知らない人も多いし、早期審査はほとんど知られていない。(続く) #IPK_policy posted at 22:19:26

  • 荒井委員:(続き)普及啓発は尽くしても限界。一歩踏み込んで中小企業用一体型願書の導入を。中小企業は出願と同時に審査を望むことが多いから、願書、審査請求書、早期審査請求を一体化した様式の導入。保険申込書のイメージ(続く) #IPK_policy posted at 22:21:01

  • 荒井委員:(続き)中小企業用一体型様式の導入で手続き面の複雑さが解消され、ユーザーフレンドリーになり、政府にとっても普及広報よりもコストがかからない、と思う。 #IPK_policy posted at 22:21:10

  • 相澤(英)委員:様式を変えるのであれば、中小企業だけではなく、変えるならば全部変えればいい。(政府側の)コストについて電子出願との関係もあり、検討の必要がある。 #IPK_policy posted at 22:21:20

  • 妹尾会長:出願フォーマットの話もあり、それとあわせての検討課題となるのではないか #IPK_policy posted at 22:21:43
  • 渡部委員:国際標準化戦略タスクフォースのスケジューリング。環境整備や企業支援をどうい仕組みでやっていくのか。 #IPK_policy posted at 22:23:06

  • 内山次長:国際標準化戦略タスクフォースは5月連休明けからになると思う。その検討結果は知財戦略本部決定に盛り込まれることになる。この調査会で指摘された事項も含めて説明していく。 #IPK_policy posted at 22:23:16
  • 佐藤委員:推進計画2010の最終段階にあるが、政権交代もあって昨年と今年とやり方が違うのだろうと思っている。ここでの審議がどうブレークダウンされるのか? #IPK_policy posted at 22:23:26

  • 妹尾会長:そこは私もわからないので事務局に。 #IPK_policy posted at 22:23:35

  • 内山次長:3月末の本部会合において、専門調査会での検討結果はしっかり盛り込まれた。本計画においてもこれまでの専門調査会の意見を反映させていく。政務3役、本部の下の企画委員会の審議も踏まえて、決定していくが、過程はこれまでと同様。 #IPK_policy posted at 22:24:01
  • 妹尾会長:専門調査会での決定が本計画にイコールというわけには行かないと思うが、我々としてはすべき議論をきちんとしていく。 #IPK_policy posted at 22:24:21

  • 妹尾会長:次回が5月13日(木)10時~が最終回で本調査会としての最終報告をとりまとめる。意見があれば事前に事務局に頂きたい。 #IPK_policy posted at 22:24:36

  • *閉会。11時57分終了。 #IPK_policy posted at 22:24:47
  • 【知財】知的財産戦略本部:知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会[第7回]議事次第 http://bit.ly/b2OWcQ ※平成22年4月26日開催の配布資料 #IPK_policy posted at 22:26:18

  • 【知財】知財戦略本部:知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会第7回(2010/04/26)の当方ツイート実況(能力&作業範囲内)等をトゥギャりました。http://togetter.com/li/16928 #IPK_policy posted at 22:43:31

  • =====

    |

    « 知的財産戦略本部コンテンツ強化専門調査会(第6回、2010/04/23)を傍聴ツイート実況 | トップページ | 関東経済産業局「知財戦略コンサルティング活用事例集2010~知的財産経営の定着のために~」公開 »

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13284/48194888

    この記事へのトラックバック一覧です: 知的財産戦略本部知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会(第7回、2010/04/26)を傍聴ツイート実況:

    « 知的財産戦略本部コンテンツ強化専門調査会(第6回、2010/04/23)を傍聴ツイート実況 | トップページ | 関東経済産業局「知財戦略コンサルティング活用事例集2010~知的財産経営の定着のために~」公開 »