« 知的財産小ネタ twitter 投稿まとめ(2010/04/21~04/24分) | トップページ | 知的財産戦略本部知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会(第7回、2010/04/26)を傍聴ツイート実況 »

2010/04/27

知的財産戦略本部コンテンツ強化専門調査会(第6回、2010/04/23)を傍聴ツイート実況

先週2010年4月23日(金)に開催された知的財産戦略本部コンテンツ強化専門調査会(第6回)を傍聴し、その模様をツイッター(Twitter)で実況した。トゥギャッター(Togetter)にまとめたが(http://togetter.com/li/16158)、こちらにも掲載する。

この実況はあくまでも当方の追いつく範囲なので、配付資料 とあわせて参考程度でお願いする。

なお、同調査会会長の中村伊知哉氏(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授)は、自身のブログ (http://www.ichiya.org/jpn/) でも私案を公表し、ツイッターハッシュタグ #c_policy (http://twitter.com/search?q=%23c_policy#search?q=%23c_policy)においてもツイッターユーザーと意見交換を行っている。

=====

  • 【知財】知的財産戦略本部:コンテンツ強化専門調査会 http://bit.ly/c3j3ZA 第6回:4月23日(金)10時~12時の傍聴席なう。当方能力&作業の範囲でツイート実況します。ハッシュタグは #c_policy です。 posted at 09:56:28
  • 議事次第:1.開会、2.「知的財産推進計画2010骨子」及び今後の進め方について、3.映像コンテンツ大国を実現するための検討委員会 (続く)#c_policy posted at 10:00:00

  • 議事次第:(続き)4.各省庁によるコンテンツ政策の検討状況の説明、5.「知的財産推進計画2010」に盛り込むべき事項(コンテンツ強化関連)について、6.閉会 #c_policy posted at 10:00:09
  • *配付資料→資料7点、参考資料4点 (以下1ツイート1点で) #c_policy posted at 10:00:35
  • 【資料1】「知的財産推進計画2010骨子」(※PowerPointスライド式に) #c_policy posted at 10:01:09

  • 【資料2】「知的財産推進計画2010(仮称)」骨子にに盛り込むべき事項について(コンテンツ強化関連) #c_policy posted at 10:01:16

  • 【資料3】コンテンツ教科専門調査会の今後の進め方について #c_policy posted at 10:01:26

  • 【資料4】映像コンテンツ大国を実現するための検討委員会報告書 #c_policy posted at 10:01:37

  • 【資料5】権利制限の一般規定の検討経緯 等 #c_policy posted at 10:01:57

  • 【資料6】経済産業省及び総務省によるコンテンツ政策の検討状況について #c_policy posted at 10:02:05

  • 【資料7】今回の論点 #c_policy posted at 10:02:14
  • (参考資料1)コンテンツ強化専門調査会(第5回)における意見まとめ #c_policy posted at 10:02:22

  • (参考資料2)コンテンツ強化専門調査会(第6回)参考資料(特区、3D、IPTV) #c_policy posted at 10:02:30

  • (参考資料3)目標指標例について #c_policy posted at 10:02:37

  • (参考資料4)ACTA(模倣品・海賊版拡散防止条約)第8回交渉会合の概要について #c_policy posted at 10:02:46
  • *資料の量から、本日はかなり駆け足(特に事務局説明部分)になるかも。ツイート実況が追いつかない部分もあると思いますが、ご了承を。 #c_policy posted at 10:04:07
  • 中村会長:開会宣言。まず「知的財産推進計画2010骨子」について説明を #c_policy posted at 10:05:22
  • 奈良参事官:*推進計画2010骨子について説明。(*実況省略) #c_policy posted at 10:07:45
  • 中村会長:末吉委員から【資料4】映像コンテンツ大国を実現するための検討委員会報告書について説明を。 #c_policy posted at 10:16:52
  • 末吉委員:現状の契約では、放送番組に関するものとは別にネット配信に関する契約が必要。 #c_policy posted at 10:17:06

  • 末吉委員:必ずしもルールが明確でなかったことから3つのガイドラインを策定。 #c_policy posted at 10:17:13

  • 末吉委員:権利処理の集中化。4月から権利処理機関が業務を開始している。 #c_policy posted at 10:17:21

  • 末吉委員:放送番組のネット配信の普及促進について、現状はネット配信は採算が合うものとして確率はしていない。 #c_policy posted at 10:18:12

  • 末吉委員:今後の課題の1点目。ユーザーニーズを考えると携帯端末や家庭用テレビ(IPTV)への対応が必要。IPTV普及のためには高齢者でも使いやすい利便性、魅力あるコンテンツが必要。 #c_policy posted at 10:18:17

  • 末吉委員:2点目は著作権侵害コンテンツ対策。正規ビジネスの確立には不可欠。対策を政府に求めるともに、みたいコンテンツが正規配信されていないというユーザーの不満解消も必要。 #c_policy posted at 10:18:39

  • 末吉委員:3点目:優れたコンテンツを作るための土壌。海外展開、教育教材のデジタル化。 #c_policy posted at 10:19:08

  • 末吉委員:報告書には記載がないが、正規コンテンツのネット配信について、キャンペーン展開などで黒字化した事例の紹介もなされ、以前よりは明るい兆しがあると感じているところ。 #c_policy posted at 10:19:18

  • 末吉委員:同検討委員会で良かったことは、関係者が一つのテーブルに付いて協議する場ができたこと。 #c_policy posted at 10:19:32
  • 中山本部員:テーブルに付いていないアウトサイダーへの対応は?。 #c_policy posted at 10:20:59

  • 末吉委員:現時点ではまだそこまで行っていないのが実情。 #c_policy posted at 10:21:04
  • 中村会長:次に各省庁の検討状況。まず文化庁から。 #c_policy posted at 10:22:55
  • 永山著作権課長:権利の一般制限規定の導入について【資料5】権利制限の一般規定の検討経緯等 により説明。 #c_policy posted at 10:23:08

  • *永山著作権課長の説明はかなり駆け足なので省略。昨日の文化審議会著作権分科会法制問題小委員会(第4回2010/04/22)実況まとめ http://togetter.com/li/15905 等を参考にして下さい。 #c_policy posted at 10:25:25
  • 中村会長:次に【資料6】経済産業省及び総務省によるコンテンツ政策の検討状況について 事務局から。 #c_policy posted at 10:30:12
  • 奈良参事官:経済産業省「コンテンツ産業の成長戦略に関する研究会」本年1月から開催。本日4月23日午後に報告書とりまとめ予定。2020年の目標とその実現のための課題と具体的な対応を整理する予定。 #c_policy posted at 10:32:23

  • 奈良参事官:人材育成、海外市場獲得、国内構造改革と新たな市場の開拓に関する対応の方向を打ち出す。 #c_policy posted at 10:34:57

  • 奈良参事官:総務省「グローバル時代におけるICT政策に関するタスクフォース」の下に「コンテンツ振興検討
    チーム」を設置し12月から検討中。技術的・専門的見地からタスクフォースに提案予定。 #c_policy posted at 10:35:59

  • 奈良参事官:検討課題として、制作力の強化方策、ネット上の不正流通に関する保護の在り方、二次利用促進、っぐろー張る展開の支援。 #c_policy posted at 10:37:11
  • 中村会長:各省庁の検討状況について質問等は #c_policy posted at 10:37:46

  • 中山本部員:文化庁著作権審議会、権利の制限の一般規定について、早期実現して欲しい。 #c_policy posted at 10:38:36
  • 中村会長:次に推進計画2010に盛り込むべき事項について、事務局から資料説明を。 #c_policy posted at 10:39:46

  • 奈良参事官:*資料2、資料7、参考資料1、参考資料2、参考資料3 に基づいて駆け足で説明。実況不能。 #c_policy posted at 10:41:23
  • 中村会長:まず、コンテンツ特区について、参考資料2、資料7を中心に意見を伺いたい。 #c_policy posted at 10:44:10
  • 角川委員:コンテンツ特区はぜひ実現して欲しい。中身のある者にして欲しい。手を挙げたところに具体的なアイデアが無く、結局は国頼みということの無いように #c_policy posted at 10:56:23

  • 角川委員:ファンドについて、特区の事業を優遇するということも考えるべき。中国は国を挙げて力を入れている、北京等の事業には国が集中投資し地域もそれに応えるべく精力的に動いている。 #c_policy posted at 10:57:00
  • 中山本部員:コンテンツ特区は日本全体の閉塞感を打ち破る点でも大賛成。質問だが、道路使用許可等の特定をもうけるのはわかるが、著作権等まで及ぶのか? #c_policy posted at 10:57:19

  • 奈良参事官:国等による調整機能を考えている。制度そのものをいじるとなると時間がかかる。 #c_policy posted at 10:57:35

  • 中山本部員:要するに使いたい人と権利者の間を国等が仲立ちしましょう、というだけ? #c_policy posted at 10:57:44

  • 角川委員:ジャストアイデアだが、たとえば「コンテンツフリーの日」のようなものをもうけてその日は大目に見るとか。 #c_policy posted at 10:58:06

  • 中山本部員:私も実際に行くがコミュケ等は著作権侵害の巣窟、それを認めようとなるとやはり著作権法改正が必要。 #c_policy posted at 10:58:21

  • 吉羽委員:コンテンツ特区そのものには賛成。ただ、コミュケ等は多少大目に見ないと文化が発展しない反面、公に認めると「それでいいんだ」という風潮になりそう。 #c_policy posted at 10:59:26

  • 中村会長:あるイベントについて、参加企業が自社の権利についてはフリー使用を認めるとかは? #c_policy posted at 11:00:09

  • 角川委員:まだジャストアイデア。ただ認めてあげる方向で考えるということで。 #c_policy posted at 11:00:19

  • 杉山委員:*参考資料2にあるプロジェクト1件について体験談を話されるが書き取れず。 #c_policy posted at 11:01:02
  • 別所委員:特区全般についてその成果をどのように評価しているのか? #c_policy posted at 11:01:36

  • 奈良参事官:評価委員会による評価を行っている。 #c_policy posted at 11:02:04

  • 別所委員:*音響スピーカー雑音により聞き取れず。 #c_policy posted at 11:02:34

  • 久夛良木委員:*音響スピーカー音量小さく聞き取れず。 #c_policy posted at 11:11:57
  • 杉山委員:資料7に大学に関する記述があるので一言。自分たちは一定のリスクを取ってやっているが。他の大学の学生からは、午後8時以降は大学施設が使えない、自分たちはもっとやりたいという声も聞く。健康管理等の点もあるが24時間使えるような施設が必要。 #c_policy posted at 11:12:51
  • 角川委員:コンテンツ特区の具体的な内容についてはワーキンググループを立ち上げてそこで検討してはどうか。 #c_policy posted at 11:13:02
  • 中村会長:コンテンツ特区については、制度の改正、たとえば著作権法改正、税制改正等以外に、こういうことをやりますよというアナウンスメント効果も大きいと思う。 #c_policy posted at 11:19:54

  • 中村会長:角川委員提案のワーキンググループ設置については事務局で検討して欲しい。 #c_policy posted at 11:26:03
  • *コンテンツ特区の具体像については各委員がアイデアを述べたという感じ。 #c_policy posted at 11:27:09
  • 中村会長:次に国際標準化、3D等について議論したい。 #c_policy posted at 11:27:30
  • 角川委員:3Dテレビについては動き出したが、正面から見ないとだめ、寝転がってはダメという注意も出てきている。もし、健康障害などが出た場合に、零細なコンテンツ業者に非難、責任が行くということになると3Dコンテンツが生まれない。 #c_policy posted at 11:27:52
  • 久夛良木委員:資料7の3頁。外国の配信プラットフォームが我が国でも主導権を握れば我が国コンテンツが不利になることもある、というのは具体的に何を想定しているのか?取り分の話か? #c_policy posted at 11:28:01

  • 奈良参事官:具体例としては、そのとおり。 #c_policy posted at 11:29:17

  • 久夛良木委員:プラットフォームを決めてしまうと進歩が止まる。プラットフォーム自体はせいぜい20年から30年程度ということも考える必要がある。 #c_policy posted at 11:29:24
  • 吉羽委員:国際標準ということよりも別の視点が必要。日本のコンテンツがアメリカのサーバーに置かれて収益がアメリカに行くということもある。国益を考えると日本のコンテンツだけではなく、世界のコンテンツを日本に集めて #c_policy posted at 11:29:37

  • 久夛良木委員:コンテンツを日本に集中するというのはサーバーコストを考えると厳しい。アメリカは、サーバーのハードウエアだけではなく接続料等も見ると天文学的に安い。日本の接続料の在り方から #c_policy posted at 11:29:46

  • 杉山委員、角川委員:*書き取れず。 #c_policy posted at 11:30:14

  • 久夛良木委員:BtoBで決まることもあり、接続料等はデータとして共有できていないというのが実情。ただ、トラフィックが多いところほど回線が集まり安くなっている、グーグルが典型。国として手を打つ必要がある。 #c_policy posted at 11:33:48

  • 別所委員:自分たちは公募のためのシステムを持っているが、ある業者のシステムを使えばかなり安価(記憶では「80ドルか8000ドル」とのこと)に世界中のデータを当たることができる。 #c_policy posted at 11:37:43

  • 別所委員:超越した文化国防論になると思うが、世界中のコンテンツや情報が日本のサーバーにあるとなれば攻撃できないだろう。 #c_policy posted at 11:38:09

  • 吉羽委員:グーグルブック検索で日本は対象外になったが、グーグルに著作者情報が集まるという点は文化の点で脅威となる。 #c_policy posted at 11:38:31

  • 杉山委員:サーバーというとデータだけの話になりがちだが、映像計算処理のためのサーバーなどの充実も必要。 #c_policy posted at 11:39:23

  • *今日は議論が拡散気味のような・・・・ #c_policy posted at 11:39:46

  • 大崎委員?:国会図書館の蔵書のデジタル化は知っているが、デジタルコンテンツ自体を国会図書館のような機関に集約しているケースはあるのか? #c_policy posted at 11:48:04

  • 角川委員:現実にはグーグルやアップルがその役割を果たしているのだと思う。 #c_policy posted at 11:48:14

  • 角川委員:今日の議論は7年間の知財本部ではなかった話で画期的と感じている。(*ITとの関係などをおっしゃっている?) #c_policy posted at 11:48:54

  • 中村会長:フランスでは国の機関が放送番組のアーカイブを2006年から行っている。 #c_policy posted at 11:49:08

  • 大崎委員:日本、NHK等でそのような動きはないのか? #c_policy posted at 11:49:15

  • 中村会長:NHKオンデマンドが権利調整に苦労しながらやっている。またNHKコンテンツについて、意見として教育関係は無償利用というのも出ている。 #c_policy posted at 11:50:42
  • 吉羽委員:どなたかご存知の方がいれば。国立国会図書館が行っているデジタル化、使用するサーバーを国内に限定・規制するような運用になっているのか。安いという理由で海外に行っていないか、と懸念。 #c_policy posted at 11:50:50

  • 角川委員:吉羽委員の懸念に同感、ぜひ調べてほしい。また、国会図書館のデジタル配信については、無料ではなく、著作権者への配分も考えてほしい。 #c_policy posted at 11:51:06

  • 別所委員:アメリカでは大統領等のツイッターを公文書として扱う等、国としての取り組みが進んでいる。 #c_policy posted at 11:51:34
  • 久夛良木委員:権利制限の一般規定について、萎縮を生み出さないよう実現してほしい。また、ネット関係の動きの速さを考えての制度改正をきちんとやってほしい。改善要望をどこに投げればいいのかもわからないケースがある。 #c_policy posted at 11:53:21
  • 角川委員:*目標数値の設定についてのご意見。 #c_policy posted at 11:57:48
  • 吉羽委員:参考資料3の5頁「電子配信される書籍、包装の割合が、流通するコンテンツの約8割程度になる」というのは、書籍で言えば紙は2割というゼロサムか? #c_policy posted at 11:57:58
  • 奈良参事官:そうではなく、全流通量の8割は電子でも入手できるという趣旨。(*表現は修正する) #c_policy posted at 11:58:08

  • 角川委員:その電子配信のところ、民間でということだと思うが、インセンティブがない。たとえば電子配信されたものは権利期間を延長するとか(笑)、出版社等は苦しいところ。 #c_policy posted at 11:59:42
  • 中村会長:本日も活発なご議論を戴いた。最後に津村政務官からお話を頂戴する。 #c_policy posted at 12:00:54

  • 津村政務官:骨子の策定のご尽力に改めて御礼。総理からも高い評価を戴いた。本日の議論は2010計画を主眼に戴いたが、成長戦略との関連で中長期の視点も引き続きご議論いただきたい。 #c_policy posted at 12:02:41

  • 中村会長:閉会。次回は5月14日。 #c_policy posted at 12:03:44
  • 【知財】知的財産戦略本部:コンテンツ強化専門調査会:第6回(2010/04/23)の当方実況ツイート(能力&作業範囲内)をトゥギャりました。 http://togetter.com/li/16158 #c_policy posted at 16:42:28
  • =====

    |

    « 知的財産小ネタ twitter 投稿まとめ(2010/04/21~04/24分) | トップページ | 知的財産戦略本部知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会(第7回、2010/04/26)を傍聴ツイート実況 »

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13284/48194758

    この記事へのトラックバック一覧です: 知的財産戦略本部コンテンツ強化専門調査会(第6回、2010/04/23)を傍聴ツイート実況:

    « 知的財産小ネタ twitter 投稿まとめ(2010/04/21~04/24分) | トップページ | 知的財産戦略本部知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会(第7回、2010/04/26)を傍聴ツイート実況 »