« 特許庁「産業財産権制度125周年記念ロゴマーク」を発表 | トップページ | 日本弁理士会が先端技術分野における弁理士の講師等派遣事業を開始 »

2010/03/26

知的財産戦略本部知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会(第5回、2010/03/26)を傍聴ツイート実況

本日2010年3月26日に開催された知的財産戦略本部:知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会(第5回)を傍聴し、その模様をツイッター(Twitter)で実況した。トゥギャッター(Togetter)にまとめたが(http://togetter.com/li/11129)、こちらにも掲載する。

この実況はあくまでも当方の追いつく範囲なので、当日配付資料とあわせて参考程度でお願いする。

==================

  • 【知財】知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会(第5回)http://bit.ly/arQcuP の傍聴席なう。当方の能力と作業の範囲でツイート実況します。ハッシュタグは #IPK_policy です。 posted at 14:57:00

  • ※昨日、傍聴・実況できないとツイートしましたが、予定変更です。 #IPK_policy posted at 14:57:12

  • 配布資料:[資料2点]と[参考資料4点]です。 #IPK_policy posted at 14:58:38

  • [資料1]「知的財産推進計画2010(仮称)」骨子に盛り込むべき事項について(案)(知的財産による競争力強化・国際標準化関連)、[資料2]相澤(英)委員提出資料 #IPK_policy posted at 14:59:48

  • [参考資料1]知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会(第4回)における主な意見 #IPK_policy posted at 15:02:53

  • [参考資料2]「知的財産推進計画2010(仮称)」骨子の盛り込むべき事項について(案)に関する議論の概要 #IPK_policy posted at 15:03:07

  • [参考資料3]知的財産戦略に関する論点整理(知的財産による競争力強化・国際標準化関連) #IPK_policy posted at 15:03:19

  • [参考資料4]目標指標例について(討議用参考資料) #IPK_policy posted at 15:03:27

  • 妹尾会長:年度末ご多忙の出席に感謝。津村政務官は公務のためご欠席。 #IPK_policy posted at 15:17:41

  • 妹尾会長:本日は本調査会としては一応の区切り。目標設定そのものはここで確定するわけではないが、詰めの議論を行いたい。 #IPK_policy posted at 15:17:51

  • 高山参事官:[資料1](盛り込むべき事項)の修正点の説明。 #IPK_policy posted at 15:27:05

  • 高山参事官:全体的に前回の津村政務官からの指示に基づいて修正した(検証可能な目標、「等」の削除) #IPK_policy posted at 15:27:14

  • ※例によって駆け足説明なので全部は書き取れていません。#IPK_policy posted at 15:32:36

  • 高山参事官:2ページ、知財戦略の重要性改めて明記。3ページ、短期・中期の期間の注を追記。 #IPK_policy posted at 15:53:50

  • 高山参事官:4ページ。技術貿易収支は削除。5ページ以降、担当省庁を追記。 #IPK_policy posted at 15:53:56

  • 高山参事官:6ページ以降、目標指標例を後から検証可能な記述にした。 #IPK_policy posted at 15:54:10

  • 高山参事官:7ページの目標指標例。件数ではなく「国際標準の獲得」を目標例とした。 #IPK_policy posted at 15:54:23

  • 高山参事官:8ページ、UPOV等追記。 #IPK_policy posted at 15:54:31

  • 高山参事官:11ページ、相談窓口、支援体制の整備は、そのための人材育成も追記。 #IPK_policy posted at 15:54:42

  • 高山参事官:13ページ、大学の産学連携の向上。研究専念の部分は短期にした。 #IPK_policy posted at 15:54:50

  • 高山参事官:13~14ページ。仮出願という言葉を「出願フォーマットの自由化」とした。 #IPK_policy posted at 15:55:01

  • 高山参事官:14ページ、職務発明の運用状況調査を追記した。 #IPK_policy posted at 15:55:10

  • 高山参事官:14~15ページ。ダブルトラック問題の記載を後から検証可能な記述に改めた。 #IPK_policy posted at 15:55:19

  • 妹尾会長:ダブルトラックについては前回パンドラの箱を開けてしまった感があるが、この調査会では議論しきれないと思う。 #IPK_policy posted at 15:55:39

  • 妹尾会長:担当官庁の方で研究会なりを立ち上げて専門家に深い議論をしてもらうことで取りまとめたい。 #IPK_policy posted at 15:55:48

  • 相澤(英)委員:その検討がきちんと行われたということが検証可能な形で盛り込まれればよい(渡部委員から同様の意見) #IPK_policy posted at 15:57:58

  • 妹尾会長:相澤(英)委員、渡部委員の意見には留意してまとめたい。 #IPK_policy posted at 15:58:03

  • 妹尾会長:まず1~3ページ→※この時点では意見なく了承された。 #IPK_policy posted at 15:58:28

  • 妹尾会長:次に4ページ~。 #IPK_policy posted at 15:58:54

  • 高柳委員:6ページにある人材育成。その方法はそれぞれの所管官庁に任されるということか #IPK_policy posted at 15:59:00

  • 妹尾会長:その通り(事務局にも確認) #IPK_policy posted at 15:59:18

  • 高柳委員:所管官庁が「一生懸命やりました」だけということのないように検証可能な記述に。・・・・ #IPK_policy posted at 16:00:00

  • 妹尾会長:人材育成の観点から力強いご意見。誰も反対しないけど、誰も検証しない、ということのないようにしたい。 #IPK_policy posted at 16:00:24

  • 福島委員:7ページ。(マイク音量小さく聞きづらい)翻訳費用がかかり過ぎている。特に中国語対応が問題となっている。機械翻訳を政府が向上させ、それを民間に開放する方向を考えて欲しい。 #IPK_policy posted at 16:00:39

  • 妹尾会長:例示として入れる? #IPK_policy posted at 16:00:55

  • 高柳委員:少なくともアジア圏は翻訳なしでハイウェイ化が必要では。 #IPK_policy posted at 16:01:02

  • 相澤(英)委員:書き取れず #IPK_policy posted at 16:01:11

  • 相澤(英)委員:8ページ等の出願件数の記述。%ではなく、件数で。国内出願が減ってもいいということでないと思う。UPOVも現在の加盟国プラス●カ国と書くべき。 #IPK_policy posted at 16:01:42

  • 相澤(英)委員:ACTAは見込みがあるかどうかわからない。 #IPK_policy posted at 16:01:54

  • 相澤(英)委員:ACTAに反対ということではないが、短期、中期としては、ある程度実現可能性のあるものその間に中身のあるものになるのか? #IPK_policy posted at 16:02:03

  • 妹尾会長:外務省、経産省が参画していることから実現可能性はあると見てよいのではないか?事務局? #IPK_policy posted at 16:02:11

  • 高山参事官:わが国がイニシアチブをとり2010年中には成立させたい。 #IPK_policy posted at 16:02:20

  • 高柳委員:さきほどの(相澤英委員の)英語の件。意図としては、最初から英語ということではなく、翻訳の・・・(書き取れず) #IPK_policy posted at 16:02:28

  • 福島委員:※翻訳、出願言語についての意見 #IPK_policy posted at 16:02:50

  • 山本委員:3ページに戻って、”ベンチャー・中小企業、大学を含め我が国の「知」を生み出す”の記述。これだと今既に「知」を生み出す能力があるという書き方だが必ずしもそうではないので、修正すべき。 #IPK_policy posted at 16:02:58

  • 妹尾会長:その方向で修正したい。 #IPK_policy posted at 16:03:06

  • 渡部委員:8ページ。途上国の知財人材育成支援。「日本での研修」とあるが、日本という場所にこだわらず、日本が関与するという趣旨で #IPK_policy posted at 16:03:15

  • 西山委員:山本委員指摘の3ページの”ベンチャー・中小企業、大学”のところ、まず「個人」も来るべき。 #IPK_policy posted at 16:03:34

  • 妹尾会長:書き取れず。 #IPK_policy posted at 16:03:51

  • 岸委員:5ページから6ページのアジア諸国とのパートナーシップなどの具体的イメージ? #IPK_policy posted at 16:04:08

  • 高山参事官:書き取れず。 #IPK_policy posted at 16:04:16

  • 岸委員:国際標準化について、企業現場に聞くと、その国際機関を日本、アジアに誘致すべきという意見がある。本部はアメリカ、欧州という慣習を打破すべき。 #IPK_policy posted at 16:04:25

  • 妹尾会長:まったく同感だが、そのご意見はせめて3回目くらいに戴きたかった。今回は無理で4月以降の検討でどうか? #IPK_policy posted at 16:04:34

  • 相澤(英)委員:岸委員のご提案には賛成だが、アジアと言って、中国やインドに持っていかれたら意味がないことに留意すべき。 #IPK_policy posted at 16:04:51

  • 妹尾会長:今回は盛り込まず、4月以降の検討課題としたい。 #IPK_policy posted at 16:05:00

  • 上條委員:5ページ。差異化領域という記述について。 #IPK_policy posted at 16:05:46

  • 妹尾会長:当方と事務局でかなり議論した結果、この記述とした。 #IPK_policy posted at 16:05:53

  • 上條委員:6ページの・の3つめ、技術知識だけではなく~ の記述。知財本部での議論なので当然知財知識も含まれると理解しているが、それでよいか? #IPK_policy posted at 16:10:13

  • 妹尾会長:それは盲点だった(笑) #IPK_policy posted at 16:10:31

  • 上條委員:スキルの可視化・・・ #IPK_policy posted at 16:10:49

  • 妹尾会長:「検定・認定制度」、検定は試験で○級、認定は○○講習を修了という意味でそうした。 #IPK_policy posted at 16:11:00

  • 佐々木委員:※人材育成、スキルについてのご意見。 #IPK_policy posted at 16:11:09

  • 妹尾会長:「場と機会」を設けてしっかりとした人材育成としたい。 #IPK_policy posted at 16:11:35

  • 妹尾会長:10ページ~の技術、新規事業創出に議論を移す。 #IPK_policy posted at 16:12:29

  • ※西山委員、野元委員、渡部委員が、発言。当方の急ぎのメール対応でメモできませんでしたm(__)m。 #IPK_policy posted at 16:12:37

  • 佐々木委員:前回も指摘したが、11ページのワンストップ、相談窓口のところ、弁理士法、弁護士法との関連について、企業OB等のポテンシャルを持った人材の活用言及して欲しい。 #IPK_policy posted at 16:12:46

  • 相澤(英)委員:弁理士法との関連について、弁理士試験も昔よりもかなり合格者が増えており、企業内弁理士も増えている。弁理士人材で対応できると考えられ、弁理士法の枠に言及する必要はない。 #IPK_policy posted at 16:12:54

  • 久夛良木委員:10ページの「知的財産に対する意識が低いベンチャー・中小企業」は例示と思うが、海外ベンチャーの知財意識の高さを考えるとどうか? #IPK_policy posted at 16:17:32

  • 久夛良木委員:優れたアイデアを持つ人材に国がお金をかけることを明確にすべき。 #IPK_policy posted at 16:17:45

  • 久夛良木委員:「抜本的に」とあるが抜本的な施策が具体的に書かれていない。人と人とのマッチング、企業からベンチャーへのモビリティ等。 #IPK_policy posted at 16:18:08

  • ※モバイル通信回線(イーモバイル)が不安定なのでツイート間隔が乱れ気味です。 #IPK_policy posted at 16:20:55

  • 山本委員:10ページの産学連携。現状では産学連携の評価指標が確立されていない。わかっているデータでは、アメリカよりも日本の方が件数が多いが、打率の部分ではそうではない。 #IPK_policy posted at 16:21:01

  • 佐藤委員:久夛良木委員指摘の10ページの「知的財産に対する意識が低いベンチャー・中小企業」のところはやはり不適切。同様に11ページの「特許出願に不慣れな」も #IPK_policy posted at 16:29:31

  • 高山参事官:事務局としては「ベンチャー・中小企業の中には」という趣旨。すべてがそうだという趣旨ではない。 #IPK_policy posted at 16:29:44

  • 佐藤委員:2003年頃からのセミナー等の啓蒙活動を経てベンチャー・中小企業の意識は向上している。誤解を招く記述は直すべき。 #IPK_policy posted at 16:29:53

  • 妹尾会長:ご指摘を踏まえて修正したい。 #IPK_policy posted at 16:30:03

  • 佐藤委員:さきほど指摘のあった人材育成等について弁理士以外もという点は同感。現状、企業OBなどがアドバイザーとして配置されている。 #IPK_policy posted at 16:30:11

  • 佐藤委員:既存の人材活用だけではなく、将来を見据えた人材育成が必要。 #IPK_policy posted at 16:30:22

  • 佐藤委員:人材育成について費用がかかるのは当たり前。妹尾会長から津村政務官に強く主張して欲しい。 #IPK_policy posted at 16:31:16

  • 妹尾会長:人材育成費用については調査会意見として津村政務官に申し述べたい。 #IPK_policy posted at 16:31:52

  • 妹尾会長:一委員として以前申し上げたとおり、既存アドバイザーなどについて、現実にはレベルの差があり全とっかえもありだと思っている。 #IPK_policy posted at 16:32:09

  • 出雲委員:知的財産に対する意識の低いベンチャー、中小に資源投資をして効率的ではない。意識が高いが経営資源が追いつかないものに重点投資すべき。 #IPK_policy posted at 16:35:39

  • 出雲委員:また論文発表の重要性が書かれているのはなぜか? #IPK_policy posted at 16:35:51

  • 相澤(英)委員:学会誌に論文を発表すると言うのはアカデミズムの基本でその重要性を明記するのは当たり前のこと #IPK_policy posted at 16:36:00

  • 渡部委員:※バイドールと省庁の関係。その活用方法についてのご意見。 #IPK_policy posted at 16:37:23

  • 妹尾会長:バイドールと省庁の関係はご指摘踏まえて修正したい。 #IPK_policy posted at 16:37:39

  • 山本委員:大学の技術はどうしても部品レベルが多くなり連携が不十分。有望なものは産業革新で集約するなどの方策も考えるべきではないか?。 #IPK_policy posted at 16:43:27

  • 妹尾会長:事業戦略の観点だと思う。成長戦略との関連等、政務三役には相談した。4月以降また検討したい。 #IPK_policy posted at 16:43:34

  • 佐藤委員:今日のここの議論ではないが、知財戦略全体のプロデュースに留意が必要。 #IPK_policy posted at 16:44:07

  • 妹尾会長:戦略本部、国家戦略に申し送りたい。 #IPK_policy posted at 16:44:12

  • 福島委員:12ページ~13ページの「知」のプラットフォーム構築への着手、とあるが、着手の結果どうするのか?またなぜの文部科学省だけなのか? #IPK_policy posted at 16:44:20

  • 内山次長:所管官庁については、全体的に、まずはその省庁がということ。文部科学省のみが書かれているから他は無関係、ということではない。 #IPK_policy posted at 16:47:43

  • 妹尾会長:オブザーバーの各省庁の方よろしいですね。異議のある方は挙手してください(笑)。はい、挙手無しなのでそういうことで(笑) #IPK_policy posted at 16:48:43

  • 江幡委員:11ページの相談のところ、多様な相談に対応とあるが、これを一人に求めると言うことではなく、さまざまな専門家がチーム連携であるべきと思う。 #IPK_policy posted at 16:49:03

  • 妹尾会長:相談窓口については本日も種々のイメージが出ているので4月以降具体的に議論したい。 #IPK_policy posted at 16:50:06

  • 佐藤委員:相談窓口については、第1回に提出したペーパーをぜひ参考にしていただきたい。 #IPK_policy posted at 16:51:51

  • 西山委員:スピードの観点をぜひ盛り込んで欲しい。特許は、手段。権利を換金化、そのスピードを考えると、アメリカ等に行かざるを得ない。 #IPK_policy posted at 16:52:50

  • ※西山委員の指摘はビジネスのためのスピードということ。 #IPK_policy posted at 16:53:29

  • 相澤(英):制度改正もスピードが必要。ここではないが、検索エンジンのぐずぐず議論をやっているうちに検索エンジンは日本から失われた。 #IPK_policy posted at 16:53:40

  • 岸委員:なんくせになるかもしれないが1ページの「知を使う知」は何を言っているのか一目で理解できない。意味があるなら注釈を入れるべき。 #IPK_policy posted at 16:56:26

  • 妹尾会長:私が新聞紙上で使った言葉で非常に反響があった。注釈を入れることとしたい。 #IPK_policy posted at 16:56:35

  • 佐藤委員:ブランド戦略が重要。中華商標協会はブランドベースでの見本市を展開している。 #IPK_policy posted at 16:56:54

  • 野元委員:複数の省庁が書かれている場合はどこが主になるのか? #IPK_policy posted at 16:57:47

  • 事務局:一番左が主務官庁となる。 #IPK_policy posted at 16:57:53

  • 妹尾会長:来週火曜日には戦略本部上程しなければならない。議論を踏まえて会長である私に一任いただきたい。 #IPK_policy posted at 16:58:37

  • ※報告の修正については、異議なく妹尾会長に一任された。 #IPK_policy posted at 16:59:29

  • 妹尾会長:津村政務官がご欠席(天皇陛下行幸に随行)だが、近藤局長からご挨拶を #IPK_policy posted at 17:02:06

  • 近藤局長:大変活発なご議論に御礼。来週火曜日の戦略本部は、妹尾会長が所要のため、岸副会長からご報告いただく予定。総理、財務も含めた各大臣により閣議決定に準じた決定をする。 #IPK_policy posted at 17:02:13

  • 近藤局長:また4月以降も推進計画の最終決定に向けご協力いただきたい。 #IPK_policy posted at 17:03:22

  • 妹尾会長:御礼。閉会。※実況終了。 #IPK_policy posted at 17:03:33

  • 【知財】知財戦略本部:知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会第5回(2010/03/26)の当方ツイート実況(能力&作業範囲内)トゥギャりました。http://togetter.com/li/11129 #IPK_policy posted at 20:16:22

  • 【知財】知的財産戦略本部:知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会[第5回]議事次第 http://bit.ly/atZoPN ※平成22年3月26日開催の配布資料 #IPK_policy posted at 20:28:53


  • ==================

    |

    « 特許庁「産業財産権制度125周年記念ロゴマーク」を発表 | トップページ | 日本弁理士会が先端技術分野における弁理士の講師等派遣事業を開始 »

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13284/47916887

    この記事へのトラックバック一覧です: 知的財産戦略本部知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会(第5回、2010/03/26)を傍聴ツイート実況:

    « 特許庁「産業財産権制度125周年記念ロゴマーク」を発表 | トップページ | 日本弁理士会が先端技術分野における弁理士の講師等派遣事業を開始 »