« 「デジタル・ネットワーク社会における出版物の利活用の推進に関する懇談会」(第1回、2010/03/17)を傍聴ツイート実況)[※配布資料リンク追記有] | トップページ | 知的財産戦略本部コンテンツ強化専門調査会(第5回、2010/03/23)を傍聴ツイート実況 »

2010/03/24

知的財産戦略本部知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会(第4回、2010/03/19)を傍聴ツイート実況

去る2010年3月19日に開催された知的財産戦略本部:知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会(第4回)を傍聴し、その模様をツイッター(Twitter)で実況した。トゥギャッター(Togetter)にまとめたが(http://togetter.com/li/10075)、こちらにも掲載する。

この実況はあくまでも当方の追いつく範囲なので、当日配付資料とあわせて参考程度でお願いする。

=====

  • 【知財】知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会(第4回)http://bit.ly/9jtEvi の傍聴席なう。当方の能力と作業の範囲でツイート実況します。ハッシュタグは勝手ながら #IPK_policy です。 posted at 08:56:11

  • ※委員席、委員随行席、傍聴席に知り合いがたくさん(^_^;) #IPK_policy posted at 08:57:01

  • 配布資料:(資料4点、参考資料4点) #IPK_policy posted at 09:00:17

  • 配布資料:[資料1]「知的財産推進計画2010(仮称)」骨子に盛り込むべき事項について(案)(知的財産による競争力強化・国際標準化関連) #IPK_policy posted at 09:00:30

  • [資料2]相澤(英)委員提出資料 #IPK_policy posted at 09:00:37

  • [資料3-1]佐藤委員提出資料、[資料3-2]佐藤委員提出資料 ※佐藤委員提出は2点 #IPK_policy posted at 09:00:44

  • [参考資料1]知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会(第3回)における主な意見 #IPK_policy posted at 09:00:52

  • [参考資料2]知的財産戦略に関する論点整理(知的財産による競争力強化・国際標準化関連) #IPK_policy posted at 09:01:00

  • [参考資料3]知的財産戦略に関する論点整理(知的財産による競争力強化・国際標準化関連)補足資料 #IPK_policy posted at 09:01:29

  • [参考資料4]目標指数例について(討議用資料) #IPK_policy posted at 09:01:36

  • 妹尾会長:年度末ご多用のところ委員各位の出席に感謝。前回までの議論を踏まえて施策を検討する。 #IPK_policy posted at 09:02:59

  • 妹尾会長:いわゆる仮出願とダブルトラックについて議論。その後数値目標について議論したい。事務局から資料確認と説明を #IPK_policy posted at 09:04:03

  • 高山参事官:※配布資料、参考資料は、先ほどポストのとおり #IPK_policy posted at 09:04:29

  • 高山参事官:参考資料3から説明。知的財産戦略に関する論点整理(知的財産による競争力強化・国際標準化関連)補足資料。 #IPK_policy posted at 09:17:40

  • 高山参事官:仮出願について。導入を求める方々の主張。意見整理。日米欧における論文による出願。 #IPK_policy posted at 09:17:49

  • 高山参事官:コンセプトの転換は妹尾会長の指摘によるもので、米国「仮出願制度」の「導入」が必要なのか→「出願フォーマット」の「自由化」、産業界による育成 #IPK_policy posted at 09:18:02

  • 高山参事官:仮出願、論文による出願、国内優先権制度について #IPK_policy posted at 09:18:13

  • 高山参事官:参考資料3から説明の続き。ダブルトラックについて。 #IPK_policy posted at 09:18:38

  • 高山参事官:ドイツ法型、アメリカ法型的考え、キルビー判決、特許法104条の3 #IPK_policy posted at 09:18:46

  • 高山参事官:ダブルトラックに対する意見の整理。個人的には前回の江幡委員の指摘が興味深かった。 #IPK_policy posted at 09:19:12

  • 高山参事官:ダブルトラックの統計。 #IPK_policy posted at 09:19:19

  • 高山参事官:資料1:盛り込むべき事項。前回議論をふまえて一部加筆修正した。※具体的な修正点は書き取れず #IPK_policy posted at 09:19:31

  • 高山参事官:参考資料4:目標指標例について。数値を入れるべきか、どの程度にするかは、事務局では知恵が無いので、議論をお願いする。 #IPK_policy posted at 09:19:39

  • 妹尾会長:新幹線を超える事務局説明のスピード(笑)。津村政務官から発言を求められているので。 #IPK_policy posted at 09:28:57

  • 津村政務官:全体的に危機感を持ったので具体的な議論の前に発言をさせていただく。 #IPK_policy posted at 09:43:55

  • 津村政務官:目標指標については、知財政策だけの問題ではない、として避けられているように見えるものがある。しかし、「権利の安定」という数値化できないものも含まれている。 #IPK_policy posted at 09:49:03

  • 津村政務官:私がお願いしたのは、検証可能なものにしてください、ということで、検証ができないものは外していただきたい。 #IPK_policy posted at 09:49:12

  • 津村政務官:茫漠とした表現はやめて欲しい。悪貨が良貨を駆逐してしまう。あいまいな表現は落として欲しい。 #IPK_policy posted at 09:49:23

  • 津村政務官:これがまとまった後、実行するのは、私たち(政治)や事務局なので、行き先が不明確なまとめはやめて欲しい。 #IPK_policy posted at 09:49:30

  • 津村政務官:また具体的なものとして、ユーザーイノベーションと人材育成についても数値目標にして欲しい。 #IPK_policy posted at 09:49:40

  • ※津村政務官は、施策の具体化、数値目標の設定について強く要望を述べました。これはある程度予想通り #IPK_policy posted at 09:49:48

  • 妹尾会長:逃げ場の無い表現にという津村政務官の意向を承った。まず仮出願について議論する。 #IPK_policy posted at 09:56:11

  • 山本委員:妹尾会長によくまとめていただいた。「仮出願」という言葉が独り歩きしているが、「出願フォーマットの自由化」程度で、中期ではなく、短期目標として欲しい。 #IPK_policy posted at 09:58:09

  • 相澤委員:記載要件について。※書き取れず #IPK_policy posted at 09:58:19

  • 佐藤委員:資料3-2 に基づいて説明。諸外国と比べて記載要件が厳格すぎる。大学の知財人材が少なすぎる。論文による仮出願を認めても後で回収できずに捨てられることになってしまう。 #IPK_policy posted at 09:58:29

  • 山本委員:相澤委員、佐藤委員の指摘に同感。「出願フォーマットの自由化」については・・・(※書き取れず) #IPK_policy posted at 09:58:37

  • 山本委員:当方としては「仮出願」という言葉は下げているのでよろしくお願いしたい。また人材の問題はまた別と考えている。 #IPK_policy posted at 09:58:46

  • 佐藤委員:※書き取れず #IPK_policy posted at 09:58:53

  • 佐々木委員:当初から弁理士に関与してもらう、費用、ワンストップの問題。弁護士・弁理士の先生方には申し訳ないが、弁護士法、弁理士法の制約への踏み込み、自由化も必要だと思う。 #IPK_policy posted at 09:59:03

  • 妹尾会長:まずは「出願フォーマットの自由化」に短期的に手をつけるという点はどうか。 #IPK_policy posted at 09:59:14

  • 江幡委員:出願日の問題。「緊急避難的」と言っても大学側がそちらに流れてしまうかもという懸念はある。 #IPK_policy posted at 09:59:22

  • 山本委員:出願日は(書き取れず)・・・。安易に論文による出願に流れるという懸念については、米国ではクレームの一つでもなんとか書こうという方向、また特許庁や弁理士会等による啓蒙もお願いしたい。 #IPK_policy posted at 09:59:32

  • 妹尾委員:大学において、論文という知がたくさん出ているが、特許・知財になっていない。副作用の懸念もあると思うが、そこは4月以降に検討するとして、出願フォーマットの自由化を盛り込みたい。 #IPK_policy posted at 09:59:41

  • 妹尾委員:ダブルトラックについての議論に移る。 #IPK_policy posted at 09:59:53

  • 荒井委員:書き取れず #IPK_policy posted at 10:00:04

  • 相澤委員:日本の場合には他の訴訟に比べて・・・(書き取れず) キルビー判決が拡大解釈されている。 #IPK_policy posted at 10:01:57

  • 佐藤委員:荒井委員指摘のとおり、行政と司法との役割分担はしっかりやるべき。このままでよいのか #IPK_policy posted at 10:03:31

  • 佐藤委員:個人的には、104条の3の廃止ではなく、見直しの方向で考えている。中小企業にとって特許が信頼できないという状態を解決しなければならないが、その障害はダブルトラックだけではない。 #IPK_policy posted at 10:03:47

  • 佐藤委員:弁理士としては、104条の3以降、権利行使がしにくくなっているというのは実感している。 #IPK_policy posted at 10:03:55

  • 大渕委員:キルビー、104条の3以降の無効件数の増加は今までも潜在的にあったものが数字で出てくるようなっただけではないか?またダブルトラック解消となれば、無効審判、侵害訴訟のいずれに一本化という点も議論が必要。 #IPK_policy posted at 10:09:37

  • ??委員:書き取れず #IPK_policy posted at 10:09:44

  • 江幡委員:特許侵害訴訟は、交通事故の損害賠償とは違う。当事者がお互い企業同士のことが多いので、和解に行くケースも多い。※以降書き取れず #IPK_policy posted at 10:09:53

  • ※すいません、IMEの期限が悪く、書き取りスピードが落ちてます。 #IPK_policy posted at 10:10:02

  • 渡部委員:※書き取れず・・・・・裁判所のデータがきちんと出てないのは問題。 #IPK_policy posted at 10:10:11

  • 妹尾会長:問題を可視化、パンドラの箱を開けたら収束しなくなってしまった(笑)。時間の関係もあるので、皆さんの指摘を踏まえて、次回再度議論したい。 #IPK_policy posted at 10:12:13

  • 津村政務官:「出願フォーマットの自由化」についての結論は結構だと思う。 #IPK_policy posted at 10:12:31

  • 津村政務官:佐藤委員の指摘は、京都大学山中先生にも同様の指摘を頂いている。研究者の増加に対して研究者をサポートする人材がいない。日本では、サポーターの道を勧めると、研究者としての将来が断たれたと悲観されてしまう。 #IPK_policy posted at 10:12:38

  • 佐藤委員:産学連携については昨年までも検討されてきた。政権交代等で停止しているように見える。現政権下で短期的に実行してもらいたい。 #IPK_policy posted at 10:14:38

  • 佐藤委員:重ねて言うが、東北大学の知財本部は危機的な状況にある。弁理士会としても支援に向かっているが、大学知財について政治ベースでの推進を #IPK_policy posted at 10:14:46

  • 相澤(益)委員:産学連携についてもう一言。研究室の構造改革が必要。 #IPK_policy posted at 10:15:51

  • 渡部委員:産学連携の現場についての補足。 #IPK_policy posted at 10:16:43

  • 出雲委員:大学教授等が知財に力を入れる余力があると思えない。弁理士等の知財サポート人材が大学をまたいで活躍できるようにして欲しい。 #IPK_policy posted at 10:19:07

  • 出雲委員:大学初ベンチャーは1000社?もできたが、知財で収益を生む構造になってない。 #IPK_policy posted at 10:19:12

  • 出雲委員:論文による出願、出願フォーマット自由化の副作用懸念について。論文全部をこれで出願しようとは考えていない。大学だけではなく企業と連携して出しているものが主になると思う。 #IPK_policy posted at 10:20:39

  • 出雲委員:なので、ぜひ短期目標にして欲しい。また大学発ベンチャーの強化も。 #IPK_policy posted at 10:22:43

  • 妹尾会長:論文による出願、産学連携について多く意見をいただいた。あと30分間くらいだが、津村政務官から強くご要望の数値目標に話を移す。 #IPK_policy posted at 10:23:09

  • ※議論白熱です。時間が押してます。妹尾会長が進行に苦心されてます。 #IPK_policy posted at 10:24:09

  • 相澤(益)委員:目標数値もそうだが、主体が定かでないものがあり、これでは検証のしようがない。 #IPK_policy posted at 10:24:59

  • 妹尾会長&事務局:主体が書いてないものは「政府」がということ。政府のどの省庁がやるかは4月以降に。 #IPK_policy posted at 10:27:57

  • ※相変わらずIME不調なので、書き取りは不十分になりがちです。ご容赦。 #IPK_policy posted at 10:28:27

  • 荒井委員:UPOVに中国等アジア諸国が入っていない。加入を促進し、アジア農業市場に安心して進出できる環境を作るべき。 #IPK_policy posted at 10:31:12

  • 荒井委員:日本の発明、知財の潜在力を生かす思いもきちんと書いて欲しい。 #IPK_policy posted at 10:31:18

  • 西山委員:知財戦略が成長戦略の下にあるとすると、成長戦略での重点分野をみてそこを議論すべき。 #IPK_policy posted at 10:31:27

  • 西山委員:参考資料2の11ページ。産学共創力の部分を細分化して検討すべき。 #IPK_policy posted at 10:33:44

  • 妹尾会長:この場であまりブレークダウンして公開すると戦略にならない。別の場としたい。 #IPK_policy posted at 10:34:39

  • ※IME不調のためPC再起動します。しばし中断。 #IPK_policy posted at 10:35:52

  • ??委員:※PC再起動中で書き取れず。 #IPK_policy posted at 10:52:07

  • 久夛良木委員:企業の立場から。パテントマップを国内だけではなく、世界を見据えて、世界に出て行くものは国が協力に後押しする必要がある。 #IPK_policy posted at 10:52:15

  • 久夛良木委員:世界を戦慄、グーグルのようなベンチャーがなぜ出ないか?アイデアがあっても人材がいないから。ベンチャーには、特許の費用半減よりもサポートする人材が必要だ。 #IPK_policy posted at 10:52:28

  • 佐藤委員:ベンチャー企業が育たない。米国から産総研への視察ではよい技術、シーズがあるのになぜ事業化しないのかと指摘される。 #IPK_policy posted at 10:53:01

  • ??委員:※書き取れず #IPK_policy posted at 10:53:10

  • 山本委員:IMDの目標数値化、具体的にわからないと頑張りようが無い(笑)。#IPK_policy posted at 10:53:20

  • 妹尾会長:アンコントローラブルな目標数値を入れてはダメは同感。ただIMDに関しては具体的に出ている。 #IPK_policy posted at 10:55:58

  • 高柳委員:世界市場でシェア○%と技術収支の双方を追いかけるのは矛盾。~ #IPK_policy posted at 10:56:06

  • 妹尾会長:残り10分も無いので、数値目標に絞って発言をお願いする。 #IPK_policy posted at 10:56:43

  • 上條委員:国際標準化人材についても、数値目標は具体的だと思うが、2020年に向けては、世代・年齢等内訳に目を向けるとことが重要。 #IPK_policy posted at 10:56:53

  • 相澤(英)委:内需が見込めないのような後ろ向きの表現は避けて欲しい。数値目標について分母を小さくしないように。論文について論文発表事態を抑制するようなことのないように。 #IPK_policy posted at 10:59:26

  • 佐藤委員:中小支援について、中国にすら遅れていることを受け止めてしっかりやって欲しい。制度がユーザーフレンドリーでないので世界の知財が入ってこない。ぜひ見直して欲しい。 #IPK_policy posted at 11:00:42

  • 妹尾会長:最後に3点。やっとみなさんのエンジンがかかって(笑)、大変楽しい議論となってきた。 #IPK_policy posted at 11:02:55

  • 妹尾会長:数値など切り分けのところは期間の関係でご理解を願いたい。 #IPK_policy posted at 11:05:42

  • 妹尾会長:徹夜続きの事務局には申し訳ないが、みなさんのご意見の資料への反映を #IPK_policy posted at 11:05:50

  • 津村政務官:3月30日の総理も交えた本部会合に向けてまだまだご意見、ご議論を頂きたい。 #IPK_policy posted at 11:05:58

  • 津村政務官:最後に3点再度お願い。1点目は検証可能な目標設定として欲しい。 #IPK_policy posted at 11:06:12

  • 津村政務官:2点目は、主体の明確化、何も書いてなければ「政府」ではなくはっきりと。 #IPK_policy posted at 11:06:30

  • 津村政務官:3点目。○○等という役人言葉を排除して欲しい。 #IPK_policy posted at 11:06:41

  • 妹尾会長:次回3月26日。閉会。※実況終了 #IPK_policy posted at 11:07:11

  • ※本日は、仮出願、ダブルトラックの議論に時間がかかり、数値目標の検討は少しでした。津村政務官が、検証可能、数値目標、主体の明確化、役所的「等」に重ねて釘を刺したのが印象的でした。 #IPK_policy posted at 11:42:42

  • 【知財】知財戦略本部:知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会第4回(2010/03/19)の当方ツイート実況(能力&作業範囲内)をトゥギャりました。http://togetter.com/li/10075 #IPK_policy posted at 11:45:54

  • 【知財】知的財産戦略本部:知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会[第4回]議事次第 http://bit.ly/baFDJf ※平成22年3月19日開催の配布資料 #IPK_policy posted at 17:10:39


  • =====

    |

    « 「デジタル・ネットワーク社会における出版物の利活用の推進に関する懇談会」(第1回、2010/03/17)を傍聴ツイート実況)[※配布資料リンク追記有] | トップページ | 知的財産戦略本部コンテンツ強化専門調査会(第5回、2010/03/23)を傍聴ツイート実況 »

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13284/47895557

    この記事へのトラックバック一覧です: 知的財産戦略本部知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会(第4回、2010/03/19)を傍聴ツイート実況:

    « 「デジタル・ネットワーク社会における出版物の利活用の推進に関する懇談会」(第1回、2010/03/17)を傍聴ツイート実況)[※配布資料リンク追記有] | トップページ | 知的財産戦略本部コンテンツ強化専門調査会(第5回、2010/03/23)を傍聴ツイート実況 »