« 日本弁理士会「パテント」誌2010年1月号掲載記事公開 | トップページ | 枝野行政刷新相が文化庁と特許庁との統合に言及(2010/03/14) »

2010/03/12

知的財産戦略本部コンテンツ強化専門調査会(第4回、2010/03/12)を傍聴ツイート実況

本日2010年3月12日に開催された知的財産戦略本部コンテンツ強化専門調査会を傍聴し、その模様をツイッター(Twitter)で実況した。トゥギャッター(Togetter)にまとめたが(http://togetter.com/li/9102)、こちらにも掲載する。

この実況はあくまでも当方の追いつく範囲なので、近く公開されると思われる配布資料(本記事投稿時点では未掲載、ページが見つかりません)http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/tyousakai/contents_kyouka/dai4/gijisidai.html とあわせて参考程度でお願いする。

なお、同調査会会長の中村伊知哉氏(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授)は、自身のブログ (http://www.ichiya.org/jpn/) でも私案を公表し、ツイッターハッシュタグ #c_policy (http://twitter.com/search?q=%23c_policy#search?q=%23c_policy)においてもツイッターユーザーと意見交換を行っている。


=====

  • 【知財】知的財産戦略本部:コンテンツ強化専門調査会 http://bit.ly/cJIfC3 第4回:3月12日(金)15時~172時の傍聴席なう。当方の能力と作業の範囲でツイート実況します。ハッシュタグは #c_policy です。 posted at 14:52:34

  • 配布資料:【資料1】インターネット上の著作権侵害コンテンツ対策についての検討状況、【資料2】「知的財産推進計画(仮称)」骨子に盛り込むべき事項(案)(コンテンツ強化関連)、※続く #c_policy posted at 14:57:05

  • 配布資料:※続き、【資料3】各国における国立国会図書館等のデジタルアーカイブの状況、(参考資料)コンテンツ強化専門調査会(第3回)における意見まとめ #c_policy posted at 14:57:31

  • 中村会長:第4回開会宣言。3回の会合の内容をまとめて骨子(案)とした。 #c_policy posted at 15:02:05

  • 中村会長:中山本部員からWGの報告を #c_policy posted at 15:02:15

  • 中山本部員:【資料1】インターネット上の著作権侵害コンテンツ対策についての検討状況、に基づいて説明 #c_policy posted at 15:02:23

  • 中山本部員:1.インターネット上の著作権侵害コンテンツの現状、2.インターネット上の著作権侵害コンテンツ対策に関する課題 #c_policy posted at 15:04:39

  • 中山本部員:3.プロバイダの責任の在り方について①:主な問題、②検討状況。 #c_policy posted at 15:04:53

  • 中山本部員:4.アクセスコントロール回避規制の在り方について①:主な問題、②検討状況。 #c_policy posted at 15:06:01

  • 中村会長:今のWG報告に対してご意見は #c_policy posted at 15:08:16

  • 川上委員:質問。「プロバイダ」の定義は、動画投稿サイトか? #c_policy posted at 15:08:34

  • 奈良参事官:すべて。接続サービス、動画投稿サイト、掲示板等々。 #c_policy posted at 15:08:56

  • 川上委員:一律規制ではなく努力義務だとすると正直者が馬鹿を見る。ニコ動ではパトロールしているが大きな負担。規制するなら海外も含めて一律に課すべき。 #c_policy posted at 15:16:40

  • 奈良参事官:一律は技術の枠を縛るという観点から難しいとの方向。民事上の手法で解決する方向かと。 #c_policy posted at 15:16:48

  • 佐藤委員:技術の進歩でリアルタイムで末端に届く。技術的にコンテンツを見ながら遮断するということはとてもできない。遮断するとしたらすべてとめるしかない。こう考えれば、不可能なことをここに盛り込んで罰則を課すというのは無理。 #c_policy posted at 15:16:57

  • 中山本部員:(書き取りそこね) #c_policy posted at 15:17:05

  • 中村会長:骨子(案)の検討に移りたい。現在それぞれの専門調査会で検討中。事務局から説明を。 #c_policy posted at 15:17:14

  • 奈良参事官:【資料2】「知的財産推進計画(仮称)」骨子に盛り込むべき事項(案)(コンテンツ強化関連)。第3回までの議論を踏まえて、当調査会として盛り込むべき事項をまとめた。 #c_policy posted at 15:18:21

  • 奈良参事官:※続き。1.コンテンツを核として海外から利益が入る仕組みを構築する。2.海外からも優秀な人材が集まる魅力的な「本場」を形成する。3.世界をリードするコンテンツのデジタル化・ネットワーク化の促進。 #c_policy posted at 15:20:37

  • 戸渡次長:WGの補足。プロバイダ周りについて。 #c_policy posted at 15:27:42

  • 中村会長:骨子(案)の現状認識について。わが国のコンテンツの潜在力は高いが、人材も含めて海外展開が弱いところがある、それを踏まえて提言するという方向でよいか(異議なし)。 #c_policy posted at 15:29:46

  • 角川委員:今までの知財の検討を見て。一定の提言をして呼びかけだけで終わってしまっている。※続く #c_policy posted at 15:36:17

  • 角川委員:※続き:結果として規制緩和の数よりも規制強化の数が多くなりつつある。特に著作権。創造保護活用の「保護」重点になりがち。政権交代、政府がどうすべきか、民間からの提言を受ける、ということに意義があると思う。※続く #c_policy posted at 15:36:26

  • 角川委員:※続き:具体的に何をするのかが重要だ。 #c_policy posted at 15:36:35

  • 中山会長:賛同。具体的にできることを盛り込みたい。 #c_policy posted at 15:37:12

  • 大多委員:項目、●●円を目指す、を見ると確かにそうなればいいなぁと思う。しかし具体性がない。 #c_policy posted at 15:37:28

  • 近藤局長?:各省の大臣、副大臣、政務官も交えて議論する。閣議に準じたものといってもいい。盛り込んだことは全部やる。そのために必要な予算を関係省庁の政務三役で決めて、財務省にも説明する。ファンドまわりについては予定より遅れているが具体的に進みつつある。 #c_policy posted at 15:40:01

  • ↓は津村政務官?かも #c_policy posted at 15:42:11

  • 大崎委員:ファンドの実効性を高める留意が必要。 #c_policy posted at 15:51:08

  • 近藤局長:ファンドの規模は100億。 #c_policy posted at 15:51:32

  • 大崎委員:ファンドの規模は100億と決まっているのになぜまた書くのか? #c_policy posted at 15:51:46

  • 近藤局長:税制上の問題などのクリアが残っているため。 #c_policy posted at 15:52:09

  • 角川委員:各省庁にまたがる問題は、担当の省庁を明記すべき。 #c_policy posted at 15:56:00

  • 近藤局長:その予定でいる。進捗、実施状況等を把握する、政策評価の点からも銘記する必要がある。 #c_policy posted at 15:56:10

  • 中村会長:それぞれの施策を誰が担当するかを明記するのは知財推進計画の良い伝統。今回も当然そうする。 #c_policy posted at 15:56:21

  • 佐藤本部員:オブザーバーなので遠慮がちに言うが(笑)。官民一体で検討し、官がすべきこと、民がすべきことを明確にすべき。※続く: #c_policy posted at 15:56:41

  • 佐藤本部員:※続き:今までの計画には担当省庁=官がすべきことは明記してあったが、民がすべきことは明記されていない。民が舞台の上で踊っていない。※続く: #c_policy posted at 15:56:49

  • 佐藤本部員:※続き:列挙されていることは、今まで検討自体はかなりされてきているもの、官民がそれぞれ具体的に実行できる体制を作るべき。 #c_policy posted at 15:56:57

  • 角川委員:日本をロケ地に選んでもらった場合の免税、減税等を盛り込んで欲しい。消費税免除など。笑い話だが、ラストラムライは日本ロケは1割でニュージーランドロケが9割。よく見ると、ロードオブザリングと同じ風景。 #c_policy posted at 15:57:31

  • 角川委員;くわえて海外からロケを受け入れた場合、日本人スタッフを雇用すればさらに減税。 #c_policy posted at 15:57:35

  • 奈良参事官:骨子案の4ページに盛り込んでいる。 #c_policy posted at 15:58:41

  • 角川委員:付言すれば、この手の税制、契約に詳しい弁護士の要請にもつながる。 #c_policy posted at 15:58:50

  • 中村会長:話を人材育成に移す。 #c_policy posted at 16:06:35

  • 杉山委員:高校生がデジハリ大学に進学したいと言うと、親御さんや進路指導の先生に反対される。進路指導の場への啓蒙が必要だ。 #c_policy posted at 16:06:45

  • 大崎委員:杉山委員の指摘に賛同。吉本興業に入った頃はえっ?という反応をされた。今ではコンテンツの充実した会社ですね、とお世辞を言われるが、まだ虚業の最たるものと思われている。※続く #c_policy posted at 16:06:57

  • 大崎委員:※続き:優秀な高校生が、偏差値の高い大学ではなく、クリエイティブ教育の場にいく仕掛け、社会人がクリエイティブ教育を受けられる仕組みづくりが必要だ。 #c_policy posted at 16:07:05

  • 大多委員:フジテレビの入社試験。テレビではなく、ネットでなにかやりたい、という学生が増えてきた。なぜと聞くと、ジョブズが、グーグルがカッコイイ、という漠然としたものだが、あってしかるべきだと思う。 #c_policy posted at 16:07:45

  • 谷口委員:雑談ぽく聞こえるかもしれないが、東京大学に芸術学部は無い、国はそう思ってるんだと社会は受け取る。 #c_policy posted at 16:07:51

  • 川上委員:海外に日本人のクリエーターを送り込む、海外に日本人クリエーターの活躍の場を作ることが、海外クリエーターとの国際交流、協力につながる。 #c_policy posted at 16:09:25

  • 中山会長:7ページに盛り込むことを考えたい。事務局で具体案はあるか? #c_policy posted at 16:15:07

  • 奈良参事官:国際クリエーター交流会?のようなものが考えられる。 #c_policy posted at 16:15:15

  • 大多委員:海外からの人材呼び込みの点。日本人の育成すらままならないのにどうか。交流を通じて質を高めるということか? #c_policy posted at 16:15:23

  • 奈良参事官:交流を通じて質を高めると考えている。 #c_policy posted at 16:15:51

  • 大多委員:さきほどの吉羽委員の指摘「東京大学に芸術学部は無い」にはあらためて気づかされた(※さきほど谷口委員発言とツイートしましたが吉羽委員発言のようです) #c_policy posted at 16:15:59

  • 杉山委員:海外留学生の日本語習得等も踏まえて検討して欲しい。 #c_policy posted at 16:21:41

  • 中村会長:親御さん・進路指導の先生の意識を変える、東京大学に芸術学部を設ける、というのを盛り込むのは難しいか(笑)。知財の重要性をメッセージとして訴える施策が必要 #c_policy posted at 16:21:49

  • 角川委員:従来の戦略本部の検討は、委員が検討が言いぱなっしになっている面がある。従来の委員会との違いは、現場の方が多いこと、それを生かして欲しい。 ※続く #c_policy posted at 16:22:36

  • 角川委員:※続き:知財戦略本部を立ち上げた頃は、特許しか検討しない、コンテンツなんか・・ということで中山本部員と孤軍奮闘した思い出がある。特許関係の提言はある程度形になるが、コンテンツは難しい、それをうまくまとめたい。 #c_policy posted at 16:22:51

  • 吉羽委員:※書き取れず #c_policy posted at 16:23:11

  • 大多委員:総花的でどれをやりたいかが明確でない。会社の企画書だったら、どれをやりたいんだ、というところ。 #c_policy posted at 16:25:10

  • 近藤局長:推進計画本文、サマリーをプレス発表。新聞記事になる頃にはエグゼクティブサマリーに・・・・。 #c_policy posted at 16:27:14

  • 中村会長:われわれの思いを伝えるものも作りたい。 #c_policy posted at 16:27:19

  • 佐藤委員:メディアの出現はサービスやコンテンツを大きく変える。ラジオの出現、テレビの出現、そしてインターネットの出現。それとともに新たな問題も生じてくる。 ※続く #c_policy posted at 16:31:57

  • 佐藤委員:※続き:通信・放送の融合新聞、デジタル書籍の点も踏まえて検討する必要がある。 #c_policy posted at 16:32:17

  • 中村会長:通信・放送の融合に関する法案は今国会に提出と聞いている。 #c_policy posted at 16:32:34

  • 吉羽委員:10ページの電子書籍の記述。コンテンツを伸ばすという場合に、電子と紙を対立的に書く、電子のみを伸ばす、という書き方には疑問がある。 ※続く #c_policy posted at 16:32:42

  • 吉羽委員:※続き:プラットフォームについて、アメリカ発がデファクトになっているのは事実だが、日本語処理の点がある。業界でも検討を進めているが、中国の動きにも注視する必要がある。 ※続く #c_policy posted at 16:33:32

  • 角川委員:電子書籍について、10ページの日本発のプラットフォーム。KindleやiPadの話もあるが、日本語の縦読文化への対応には1年?ほど時間がかかるらしい。日本発、アジア向けの電子リーダー開発を国が支援することが必要だ。 #c_policy posted at 16:36:19

  • 吉羽委員:中国では中国語の特性を生かしたDTPソフトがある。日本は日本語を生かせずにアメリカのアドビが周流になった。 #c_policy posted at 16:37:19

  • 奈良参事官:※書きとれず。 #c_policy posted at 16:42:43

  • 川上委員:プラットフォームに関して。プラットフォーム上の自由を確保することが重要。現在、東京都条例案の「非実在青少年」がネット上でホットであるが、規制を強くすべきではない。※続く #c_policy posted at 16:42:58

  • 川上委員:※続き:単純に自由にと言っているのではない。日本人のネットリテラシーは高い反面、規制が暴走する面がある。 #c_policy posted at 16:44:03

  • 川上委員:※続き:たとえば、「殺す」と掲示板に書くと、前後の文脈関係なしに通報する。侵害行為をするとたたかれる。素人が作ったコンテンツは著作権云々は無視して作者の言ったことがすべてになるという現象も生じている。 #c_policy posted at 16:44:11

  • 角川委員:国会図書館のデジタルアーカイブは結構なこと。電子書籍について、納本制度、民間のビジネスモデルの検討も必要。 #c_policy posted at 16:45:26

  • 杉山委員:3D化に関して。映画では2時間程度で心配はしていない。しかし、家庭のテレビが3D化した場合、拒絶反応を示す消費者も出てくる。クレームがテレビの3D化をつぶすということも考えられる。事前に実証実験をきちんとやって広報して欲しい。 #c_policy posted at 16:49:32

  • 三尾本部員:IPTVフォーラムについて報告。IPTVサービスの広報が必要。新しいテレビには入っているものの消費者には知られていない現状。普及しなければ国際標準にならない。普及を盛り込んで欲しい。 #c_policy posted at 16:51:39

  • 中村会長:IPTVのコンテンツは? #c_policy posted at 16:53:27

  • 三尾本部員:アクトビラ等。普及しないとコンテンツ展開が進まない。IPTV普及支援を文言として明記して欲しい。 #c_policy posted at 16:53:37

  • 津村政務官:(見えたばかり)「コンテンツ特区」のようなものも面白いかと考えている。 #c_policy posted at 16:56:13

  • 中村会長;津村政務官の発言に驚いた。実はツイッター上で公式な場だと怒られるかもと「特区」の話をしたばかり。他にも良いアイデアがあればぜひ事務局に寄せて欲しい。 #c_policy posted at 16:58:46

  • 中村会長;提言するわれわれにも責任がある。社会的なニーズ、官民の取り組み、作った後で点検評価される政策メニューとしたい。 #c_policy posted at 16:58:55

  • 奈良参事官:次回は3月23日。 #c_policy posted at 16:59:05

  • 中村会長:弊会宣言。※実況終了 #c_policy posted at 16:59:10


  • 【知財】本日の知的財産戦略本部:コンテンツ強化専門調査会(第4回)の当方実況ツイートをTogetterにまとめました。当方の追いつく範囲なのでご参考程度でお願いします。 http://togetter.com/li/9102 #c_policy posted at 17:29:58
  • |

    « 日本弁理士会「パテント」誌2010年1月号掲載記事公開 | トップページ | 枝野行政刷新相が文化庁と特許庁との統合に言及(2010/03/14) »

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13284/47791526

    この記事へのトラックバック一覧です: 知的財産戦略本部コンテンツ強化専門調査会(第4回、2010/03/12)を傍聴ツイート実況:

    « 日本弁理士会「パテント」誌2010年1月号掲載記事公開 | トップページ | 枝野行政刷新相が文化庁と特許庁との統合に言及(2010/03/14) »