« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の7件の記事

2010/01/22

ビジネスロー・ジャーナル「その紛争解決手段は最適ですか?ADRを利用すべき場合、すべきでない場合」(2010年3月号)

ビジネスロー・ジャーナルの2010年3月号(2010年1月21日発売)の特集「その紛争解決手段は最適ですか?ADRを利用すべき場合、すべきでない場合」を読了。

◆ビジネスロー・ジャーナルの2010年3月号
 (レクシスネクシスジャパン、1,680円、2010年1月21日発売)
http://www.businesslaw.jp/contents/201003.html

以下、読後の感想等を簡単に。-------------------------------

●「ADR」を概観する ~各機関の比較を中心に~
 (大澤 恒夫 弁護士・桐蔭横浜大学法科大学院教授)
【感想】ADR手続の種類(調整型、裁断型)、ADRの設営者と紛争分野、手続や成果の法的効力等についての概説している。「ADR」って何?という初心者にもわかりやすい。

●紛争解決に役立つ条項の作り方
 (出井 直樹 弁護士)
【感想】紛争解決条項の不備、有用な条項とするための具体的例示、仲裁開始後の留意点等について解説している。仲裁機関の特定が不十分な例は笑い話のようだが、実際にもときどき見かける事例だとか・・・・。

●調停人・仲裁人の立場から見たADRのポイント
 (花水 征一 弁護士)
【感想】調停の成功率を高める一工夫、日本における仲裁人の質と量の問題とレベルアップ、仲裁人選択にあたってのポイント等を解説している。「ADRによる紛争解決は交渉学の延長線上にあるといえますので、しっかりした勉強と準備が求められます」という指摘にはあらためてうなずかされる。
●法務担当者の経験談から学ぶADR活用法

・第三者のお墨付きを得た紛争解決の重要性
 (ベテラン法務担当者)
【感想】国内の紛争解決にADRはどれだけ使えるか等。悪質クレーマー対策としてのADR活用提案は興味深い。

・Mediationの有用性を経験して ~米国での事例から~
 (鳥海 修 三井物産 法務部 企画法務室 室長)
【感想】優れたMediator、優れたLitigatorの探し方等。飛行機に乗る間際までの粘っての話し合い等、実体験談が面白い。

●紛争解決の専門家が教えるADR活用法

・弁護士会が運営する紛争解決センター
 (山崎 司平 弁護士)
【感想】短期間解決のメリット、裁判との違い等を解説。セクハラ紛争での利用は進むか?

・日本知的財産仲裁センター
 (日野修男 日本知的財産仲裁センター長・弁護士・弁理士)
【感想】非公開・秘密性は知財紛争に最適、定額制料金のメリット、同センターを紛争解決機関として指定した調停・仲裁条項例等。今回記事では詳細は記されていないが、新規業務として開始予定の「知的財産評価」への期待が大きいか。

・一般社団法人日本商事仲裁協会
 (西村俊之 仲裁部仲裁課長・調停部調停課長)
【感想】国際仲裁の現状、仲裁人の手続指揮能力の重要性、和解戦略における仲裁規則の理解の必要性等を解説。老舗の国内仲裁機関ならではの取り組みに安心感がある。

・財団法人自動車製造物責任相談センター
 (小沢正道 常務理事・事務局長)
【感想】相談、あっせんは無料(日本自動車工業会と賛助会員からの寄附で運営費が賄われる)、事業者の初期対応の重要性等。相談・あっせんは無料で利用しやすいと思われるが、同センターへの相談者の44%は消費生活センターの紹介であり、一般知名度が意外に低い点には驚く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/21

知的財産小ネタ twitter 投稿まとめ(2010/01/13~01/20分)

twitter http://twitter.com/hideharus への投稿のうち、知的財産ネタ関連を抽出したものです。期間2010年1月13日(水)~2010年1月20日(水)。URLの表記に短縮サービス(http://bit.ly/)を利用している箇所があります。


■2010年01月20日(水)

◇「パテント」2010年1月号、本日到着。特集:海外で活躍する知財プロフェッショナル。インターネット出願への移行について巻頭と本文記事。企業と特許事務所のコラボレーション、企業の知財リスク、等。通勤電車内で読んで関係者を探すか(笑) posted at 14:37:32

◇【知財】【知財協】インターネット出願への一本化について http://www.jipa.or.jp/topics/view.php?topics_id=8103198a4188b408ca6856430b3e6b7f ※電子証明書の入手、管理等について posted at 13:25:33

■2010年01月19日(火)

◇(電子書籍の国会図書館納本?)平成12年4月からはパッケージ系電子出版物(CD/DVD等)は納本対象、WEB出版は対象外(WARP)です。紙置き換えのダウンロード電子書籍は私も知りたいです。RT @matsubara_s: うーむ。電子書籍は「国会図書館納本制度」ではどう扱われる posted at 21:40:19

■2010年01月18日(月)

◇【知財】【イベント】第9回JIPA 知財シンポジウム「経済危機を越えて」[2010/03/02(火)11:30~17:30東京] http://bit.ly/5xksw1 要事前申込[2/12(金)17:00締め切り、先着800名] posted at 09:01:10

■2010年01月17日(日)

http://twitpic.com/yhs2a - 商標でもカトキチが多いですね RT @KATOKICHIcoltd: 会社名では確かに加ト吉でしたので、しかも変換では加ト吉で出ますし裏面の製造者名は漢字でしたからイメージとは面白いですよね #katokichi posted at 22:15:15

◇一応有資格者なんですが地域会の入会料を見て躊躇してます(^_^;)・・2月22日は「行政書士記念日」[日本行政書士会連合会] http://bit.ly/7duvKd posted at 02:52:50

■2010年01月16日(土)→知的財産ネタ関連無し

■2010年01月15日(金)

◇Reading: 「日本弁理士会会設 青森事務所」を開設(2010年1月8日) http://bit.ly/81tbaR 「青森県知的財産支援センターの要請に対応しつつ、特許・商標の出願の他、中小・ベンチャー企業及び各種研究機関等からの相談業務にも積極的に対応」 posted at 17:11:33

■2010年01月14日(木)→知的財産ネタ関連無し

■2010年01月13日(水)

◇Reading: 竹中会長が「2009年知財分野で最も影響力のある世界の50人」に選ばれました[日本知的財産協会2010/01/13] http://bit.ly/6Agsyu posted at 16:30:39

◇「日本弁理士会会設青森事務所」開設に係る知事表敬・記念セミナーを行いました。[2010/01/13(水)青森県新産業創造課] http://bit.ly/5ulrtn posted at 15:28:28

◇日本学術会議「世界のグーグル化とメディア文化財の公共的保存・活用」[2010/01/30(土)13:00~17:30@日本学術会議講堂] http://bit.ly/6P1gAs [PDF] posted at 13:29:49

◇Reading: 電子書籍化へ出版社が大同団結 国内市場の主導権狙い[asahi.com 2010/01/13(水)03:11] http://bit.ly/4MpX4K posted at 05:06:39

◇知的財産戦略担当は、菅直人副総理から川端達夫文部科学大臣に変更(菅副総理の財務大臣就任に伴い) http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/press.html posted at 01:48:44

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/13

知的財産小ネタ twitter 投稿まとめ(2010/01/01~01/12分)

twitter http://twitter.com/hideharus への投稿のうち、知的財産ネタ関連を抽出したものです。期間2010年1月1日(金)~2010年1月12日(火)。URLの表記に短縮サービス(http://bit.ly/)を利用している箇所があります。

■2010年01月12日(火)

◇ボイスワープを申し込む。「ボイスワープ」の商標(商標登録3038222)は、宇宙戦艦ヤマト抜きには語れないなぁ。 posted at 09:22:32

◇Reading: 特許申請が示す Apple の次世代製品に関するヒント [japan.internet.com 2010/01/12(火)09:00] http://bit.ly/5TqUtc posted at 09:08:30

◇Reading: 医薬品業界 『2010年問題』妙薬は?[東京新聞:2010/01/12] http://bit.ly/58IzAo posted at 09:05:15

◇Reading: 馬場錬成氏のブログ「自伝・知財立国に取り組んだ日々 その4」 http://babarensei.coolblog.jp/blog/2010/01/post_118.html posted at 06:05:45

■2010年01月11日(月)

◇昨年末「芸能界の告白特別編」小室哲哉氏パートをようやく録画視聴。5億円著作権詐欺事件真相はごくわずか。http://bit.ly/5vN108 小室氏著書「罪と音楽」 http://bit.ly/6LGfFx が詳しい。 posted at 15:59:32

◇ですね。[横手やきそばRT @japanipsystem: きっと商願2009-51140ですね。@hideharus posted at 15:50:50

◇Reading: ブランド守れ! 横手やきそば[asahi.com 2010/01/11] http://bit.ly/4NeZfx 商標登録申請、「やきそば道場」“けいこ”義務づけ。のぼり旗に店名と通し番号 posted at 15:22:30

◇Reading: 【スポーツ経営放談】帝京大経済学部教授・大坪正則[SankeiBiz:2010/01/11 05:00] http://bit.ly/7pZcpa テレビ放送権利料、商品化ロイヤリティー等の権利ビジネスについて日米の比較等 posted at 13:45:58

◇Reading: 【生かせ!知財ビジネス】パトリス、再生へ第一歩[SankeiBiz:2010/01/11 05:00] http://bit.ly/6WVqOA →【パトリスの発表】再生計画認可確定のお知らせ[2009/12/30] http://bit.ly/8dxkC4 posted at 13:15:08


■2010/01/10(日)

◇Reading: 清酒「石川門」、商標登録拒絶 石川県酒造組合連が偽物心配[北國新聞:2010/01/10(日)02:19] http://bit.ly/7HKYYc posted at 21:11:02

◇昨日購入今週読了予定:医薬品業界「特許切れ」後の挑戦/内田伸一著/A5判・並製・256頁:1680円(税込)/2010年1月5日発行 http://bit.ly/8p9OEY posted at 12:26:16

■2010/01/09(土)

◇Reading: ゆず和菓子ゼリー商標登録 増穂商卒業生が在校時に考案[山梨日々新聞2010/01/09] http://bit.ly/5VE7sp 授業の一環で出願、高校生が出願した商標が登録されるのは全国的にも珍しいとのこと。 posted at 17:45:16

◇Reading: 知財活用支援で「弁理士事務所」開設/青森[陸奥新報2010/1/9土曜日] http://www.mutusinpou.co.jp/news/2010/01/9744.html posted at 17:38:24

◇Reading: 河北新報 東北のニュース/日本弁理士会が全国初の営業拠点 青森に事務所開設[2010年1月9日土曜日] http://www.kahoku.co.jp/news/2010/01/20100109t22002.htm posted at 09:43:44

◇Reading: ABAニュース 日本弁理士会が青森市に事務所開設[2010/01/08(金)17:25](動画あり) http://www.aba-net.com/news/news007.html posted at 01:28:30

■2010/01/08(金)

◇Reading: 馬場錬成氏のブログ「自伝・知財立国に取り組んだ日々 その3」 http://babarensei.coolblog.jp/blog/2010/01/post_115.html posted at 22:35:34

◇「知財の利回り」読了。岸宣仁氏によりビジネスパーソンなら尻込せず読める仕上がり(知財専門書として読むと物足りないかも)。ネタとして面白いのは丸島儀一氏(キヤノン顧問・弁理士)のエピソードか・・。http://bit.ly/4VNjRG posted at 21:32:24

◇本日発売「週刊現代」(2010/01/23号)の「デフレ日本経済正しい考え方」にて、日本の技術力、ビジネス活用、事業仕分け等について、黒川清氏、増田貴司氏、畑村洋太郎氏、江崎玲於奈氏、妹尾堅一郎氏のコメント有り。 posted at 14:47:34

◇文部科学省中川副大臣の1月6日会見の書籍デジタル化での補償制度発言 http://bit.ly/77hfQQ 文部科学省サイト、動画MEXTchとも未掲載。1月5日川端大臣、1月7日鈴木副大臣のはある。「会見」での発言ではないのか? posted at 14:13:53

■2010/01/07(木)

◇Reading: 我妻「民法」無断引用、大原学園のテキスト http://bit.ly/8Ypdkn (※毎度のことながら「無断引用」ではなく「無断転載」とすべきところ) posted at 15:33:10

◇Reading: 馬場錬成氏、日本弁理士会賀詞交歓会にて、知財高裁所長塚原氏スピーチ、民主党の知財政策、藤末議員 @fujisue 等民主党知財議員へのアクセス http://babarensei.coolblog.jp/blog/2010/01/post_114.html posted at 03:28:06

■2010/01/06(水)

◇先約有(涙)・・知的資産経営総括寄付講座公開セミナー「総括寄付講座教員によるディスカッション~知的資産経営ビジネス塾2009を振り返って~」 http://bit.ly/8CyTCU 2010/1/21(木)18:30~21:15、参加料:2,000 円(ネットワーキング代込) posted at 18:24:59

◇Reading: 知財じわり関心 県支援センター利用増(陸奥新報) http://bit.ly/7m6X2r posted at 13:10:30

■2010/01/05(火)

◇Reading: 馬場錬成氏のブログ「自伝・知財立国に取り組んだ日々 その2」 http://babarensei.coolblog.jp/blog/2010/01/post_113.html posted at 11:39:16

■2010/01/04(月)

◇Reading: 菅直人副総理(弁理士)、ブログにて中小ベンチャー企業の特許出願支援、優れた若手研究者に研究報奨金等に言及 http://bit.ly/6ZNhwf posted at 22:47:12

◇日本弁理士会「パテント」誌2009年11月号掲載記事公開 http://bit.ly/4vq2Jn 特集≪ビジネス関連発明≫の他、「特許侵害訴訟の現状と対策」(三村量一判事[当時])、「知的財産権訴訟の国際裁判管轄と準拠法」(吉原省三弁護士)等 posted at 22:14:53

◇Reading: 愛知に「みよし市」誕生 徳島の三好市、漢字名許さず http://bit.ly/5boQ2M →三好市の見解 http://www.city-miyoshi.jp/ezs/info.asp?s=10&c=40&g=030&id=1667 posted at 21:46:05

◇Reading: 特許庁長官年頭所感 http://bit.ly/6TkWiB、日本弁理士会会長年頭所感 http://bit.ly/7o3gKd posted at 12:11:51

■2010/01/03(日)→知的財産ネタ関連無し

■2010/01/02(土)

http://www.jiii.or.jp/info2009_2010b.html  発明協会。サイトトップの「発明協会の本」をクリックすると年末・年始はサービス停止だそうな・・・・。電子図書目録すら見れないとは posted at 23:30:15

◇馬場錬成氏がブログで「自伝・知財立国に取り組んだ日々」を開始http://babarensei.coolblog.jp/blog/2010/01/post_112.html posted at 19:24:22

■2010/01/01(金)→知的財産ネタ関連無し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/07

新刊「すぐに役立つ音楽著作権講座」

著者の30年以上にわたる実務経験をもとに、ミュージシャン、音楽出版社、レコード会社、放送局などの音楽に携わる人々向けの音楽著作権の解説書。もちろん、これから携わる人にもお勧めできる。
音楽ビジネスのしくみからはじまり、権利、規程、契約の3Kを平易に解説している。また、コラムでは、「著作権詐欺事件の教訓」、「ビートルズの原盤の権利がもうすぐ消滅する?~ビートルズ作品の保護期間を考える~」も興味深く読むことができるだろう。

【目次】
序章 音楽ビジネスにおける「3K」(権利・規程・契約)の重要性
第1章 音楽ビジネスのしくみを知ろう
第2章 権利のことを知ろう
第3章 規程を知ろう
第4章 契約のことを知ろう
第5章 権利と規程をビジネスに活かそう
第6章 契約書サンプル集

◆すぐに役立つ音楽著作権講座
 秀間修一著、2010年1月10日初版、A5判320ページ、定価1,890円
 ISBN 978-4-401-63359-3 シンコーミュージック・エンタテイメント発行

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/05

【お知らせ】小ネタは twitter http://twitter.com/hideharus にて

鳩山首相にあわせて(^_^;)、今年1月1日から twitter の運用を開始しています。
ブログとの使い分けは試行錯誤ですが、とりあえずいわゆる「小ネタ」やブログ更新の案内をtwitterで流していく形になるかなと。あと、twitterでのネタ範囲は、このブログのテーマ「知的財産ネタ」の他、もうひとつのブログ「PCとネット」、世間話等々、特に限定していません。

◆Hideharu Eguchi (hideharus) on Twitter (リアルタイム)
http://twitter.com/hideharus

◆Hideharu Eguchi(@hideharus) - Twilog (日付ベースログ)
http://twilog.org/hideharus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/04

日本弁理士会「パテント」誌2009年11月号掲載記事公開

日本弁理士会は、同会発行の会誌「パテント」2009年11月号の記事本文をサイト上で公開した。2002年1月号以降の掲載記事のうち著者の承諾を得たものを本誌発行月から2ヵ月後の月初めにサイト上に掲載しているもの。

今回公開の2009年11月号は、特集≪ビジネス関連発明≫の他、日本弁理士会近畿支部主催:弁理士の日記念講演会における三村量一判事(当時)の基調講演「特許侵害訴訟の現状と対策」、吉原省三弁護士による論考「知的財産権訴訟の国際裁判管轄と準拠法」等が掲載されている。


◆「パテント」2009年11月号目次:特集≪ビジネス関連発明≫
http://www.jpaa.or.jp/activity/publication/patent/patent-library/patent-lib/200911/


**サイトより注意事項を引用**
「パテント」誌の2002年1月号以降の掲載記事のうち、著者の承諾を戴いたものをPDFファイル形式で掲載します。
各月号の掲載開始は、「パテント」誌発行月から2ヵ月後の月初めとします。
このページのご利用に当たっては、以下の事項にご注意ください。
(1)それぞれの記事・写真に係る著作権は著者に帰属し、パテント誌の編集著作権は、日本弁理士会に帰属します。
(2)著作権、プライバシー、名誉、肖像権その他の権利を侵すような利用を禁じます。このPDFファイルに収録されたデータの全部または一部を、複製、蓄積、翻案、翻訳、出版、送信、頒布および改変する等、著者、日本弁理士会及び第三者の権利を侵害する利用は一切できません。
(3)パテント誌掲載記事は、日本弁理士会としての公式見解、統一見解を示すものではありません。
(4)掲載URL(アドレス)は予告無く変更することがあります。
**引用、以上**

■関連

◆月刊「パテント」の記事内容
http://www.jpaa.or.jp/activity/publication/patent/patent-library/

◆月刊「パテント」の記事内容(アーカイブ)
http://www.jpaa.or.jp/activity/publication/patent/patent-library/patent-lib/

◆月刊「パテント」の申込方法
http://www.jpaa.or.jp/activity/publication/patent/application/
*一般書店では販売されていないが、年間購読(10,500円、消費税と送料込)とバックナンバー単体購入が可能。

◆月刊「パテント」目録検索システム
http://www.jpaa.or.jp/activity/publication/patent/patent_search.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/03

第5回知的財産管理技能検定の1級試験問題は問題分野のみの公開

知的財産教育協会は、2009年12月21日付けで、第5回知的財産管理技能検定(2009年11月15日実施)の1級の問題分野、2級・3級の試験問題をサイト上にて公開した。

「1級学科試験の試験問題は、著作権法36条に基づき、公表された著作物を複製した部分を含むため、 ホームページ上での公開はできませんので、ご了承ください。」とのこと。
この理由に一定の理解はできるが、「公表された著作物を複製した部分」以外を部分公開する等、試験の透明性と受験希望者の学習の便宜を図ることはできないものだろうか?(「きちんと学習すれば実問題対策は不要」という意見は否定しないが)。
なお、当日受験者の試験問題冊子の持ち帰りは第5回知的財産管理技能検定(2009年11月15日実施)から可能になっている。

●2009年11月試験-国家試験 知的財産管理技能検定
http://www.kentei-info-ip-edu.org/exam_kekka091115

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »