« 社員5人の世界的町工場・岡野工業の特許戦略(「カネは後からついてくる!」から) | トップページ | コピペ判定支援ソフト「コピペルナー」は国や自治体にも必要 »

2009/12/10

韓国の電子図書館法制―「IT大国」の図書館法と著作権法(国立国会図書館「外国の立法」)

国立国会図書館サイトで公開されている「外国の立法」No.242(2009年12月:季刊版)にて、韓国の電子図書館法制―「IT大国」の図書館法と著作権法、が掲載されている。

「IT大国」であり、図書館法の第1条(目的)において国民の情報アクセス権と知る権利を保障することが図書館の社会的責任であることを明確にしている韓国における電子図書館に係る政策と著作権法の関連規定を振り返り、2009年3月に改正された図書館法及び著作権法のオンライン情報収集関連規定についての解説と、図書館法の全訳と、著作権法の関連規定の抄訳が付されている。


◆韓国の電子図書館法制―「IT大国」の図書館法と著作権法
[国立国会図書館「外国の立法」No.242(2009年12月:季刊版)]
http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/legis/242/024204.pdf

|

« 社員5人の世界的町工場・岡野工業の特許戦略(「カネは後からついてくる!」から) | トップページ | コピペ判定支援ソフト「コピペルナー」は国や自治体にも必要 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13284/46985346

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の電子図書館法制―「IT大国」の図書館法と著作権法(国立国会図書館「外国の立法」):

« 社員5人の世界的町工場・岡野工業の特許戦略(「カネは後からついてくる!」から) | トップページ | コピペ判定支援ソフト「コピペルナー」は国や自治体にも必要 »