« 【補足情報】大阪府橋下徹知事「府立特許情報センター」廃止も検討 | トップページ | 事業仕分けで経済産業省のコンテンツ産業強化対策支援事業も大幅削減 »

2009/11/25

日本弁理士会が青森市に常設弁理士事務所を開設予定

日本弁理士会が青森市内に常設の弁理士事務所を開設する予定が明らかになった。
同会は青森県と知的財産支援に関する協定を締結
して普及活動を展開しているが、青森県の弁理士2名は八戸市内を拠点としており、青森市は全国の県庁所在地で弁理士が不在の唯一の都市であり、知的財産を通じての地域活性化のために一歩踏み込んだ支援を行うこととなった。また、3~5年をめどに、弁理士が自力で同市内に事務所を開設できるよう支援していくとのこと。
同事務所は、同会の臨時総会の決議を経て、来年2010年1月8日に青森県庁近くに開設され、公募で選任された弁理士2人が交代で常駐する。また、あわせて記念セミナー等も開催される予定。


◆常設の弁理士事務所青森に[読売新聞]
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/aomori/news/20091124-OYT8T01398.htm

◆日本弁理士会が青森事務所を1月開設 新産業創出へ後押し[陸奥新報]
http://www.mutusinpou.co.jp/news/2009/11/9169.html

◆弁理士会が青森に事務所 来年1月、営業拠点は全国初[河北新報]
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/11/20091125t22017.htm

◆青森市に1月から常駐の弁理士[東奥日報]
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2009/20091125141201.asp

|

« 【補足情報】大阪府橋下徹知事「府立特許情報センター」廃止も検討 | トップページ | 事業仕分けで経済産業省のコンテンツ産業強化対策支援事業も大幅削減 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13284/46856127

この記事へのトラックバック一覧です: 日本弁理士会が青森市に常設弁理士事務所を開設予定:

« 【補足情報】大阪府橋下徹知事「府立特許情報センター」廃止も検討 | トップページ | 事業仕分けで経済産業省のコンテンツ産業強化対策支援事業も大幅削減 »