« 経済産業省も行政刷新会議事業仕分けについて意見の募集 | トップページ | 著作権保護期間70年?川端文科相意欲と前回改正の付帯決議等 »

2009/11/20

大阪府橋下徹知事「府立特許情報センター」廃止も検討

読売新聞サイトによれば、大阪府の橋下徹知事は「府立特許情報センター」(大阪市天王寺区)について、廃止も含めて業務運営を見直す方針を決めたとのこと、職員17名、人件費を含めたセンターの運営経費が1億4,200万円(2008年度決算)に対し、1日あたり来場者が25名と開設時の3割に激減しており、橋下知事は府庁で報道陣に対し、「(センターについては)これからチェックして改めるべきところは改める。当然、センターの廃止も含めて検討する」と述べたとのこと。

◆職員17人、1日の来場者25人…特許センター廃止も検討(読売新聞2009年11月20日)
http://osaka.yomiuri.co.jp/tokusyu/h_osaka/20091120-OYO8T00817.htm

◆大阪府立特許情報センター
http://www.o-pic.jp/

※追記2009/11/24 補足情報をアップしました
http://blog.hideharus.com/ip/2009/11/post-3c34.html

|

« 経済産業省も行政刷新会議事業仕分けについて意見の募集 | トップページ | 著作権保護期間70年?川端文科相意欲と前回改正の付帯決議等 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13284/46811874

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪府橋下徹知事「府立特許情報センター」廃止も検討:

« 経済産業省も行政刷新会議事業仕分けについて意見の募集 | トップページ | 著作権保護期間70年?川端文科相意欲と前回改正の付帯決議等 »