« 特別会計の積立金と剰余金を巡る議論―いわゆる「埋蔵金」問題と財政の課題― | トップページ | 「特許庁業務・システム最適化計画」を改定、運用開始は平成26年1月に延期 »

2009/10/26

インターネット出願一本化(ISDN出願廃止)まで約5ヶ月

特許庁、独立行政法人工業所有権情報・研修館が重ねてアナウンスしているインターネット出願一本化(ISDN出願廃止)まであと約5ヶ月。

各地でのインターネット出願説明会(東京では10月8日にも追加開催)や、10月21日に行われた電子政府・オンライン申請体験フェアでも、インターネット出願の体験ブースが設けられ、情報・研修館の担当者の方が親切丁寧に来場者の相談に乗っていましたが・・・・・・
9月末時点でのインターネット出願の利用は手続件数ベースで約半分程度にとどまっているとのことです(10月8日の説明会での話)。

10月21日の電子政府・オンライン申請体験フェアで新たに目にしたチラシ(10月8日説明会ではなかった)には、「お早めに準備ください!」として、以下のような説明があります。

----------
・インターネット出願を開始するためには、事前に準備作業が必要となります。
・ISDN出願の廃止直前には、申請人利用登録等が集中し事務処理に時間を要することが予想されます。
・ご準備が間に合わず、書面(紙)により出願等の指定特定手続を行うと、電子化手数料が必要となりますのでご注意ください。
----------

特許庁、工業所有権情報・研修館による説明会の追加開催があるかはわかりませんが、インターネット上で得られる情報源の一例を記します。


◆パソコン電子出願|工業所有権情報・研修館
http://www.inpit.go.jp/pcinfo/index.html
※インターネット出願説明会のテキスト、インターネット出願簡単操作ガイド、等が掲載されています。

◆電子出願ソフトサポートサイト
http://www.pcinfo.jpo.go.jp/index.html
※インターネット出願ソフトのダウンロード、操作マニュアル等が掲載されています。

◆日本弁理士会会誌:月刊パテント2009年6月号~2009年8月号集中連載
※ISDN出願かららインターネット出願への切り替えにあたって有用な情報を項目別連載。
◇インターネット出願への一本化にあたって
http://www.jpaa.or.jp/activity/publication/patent/patent-library/patent-lib/200906/jpaapatent200906_080-081.pdf
◇インターネット出願の説明(1)
http://www.jpaa.or.jp/activity/publication/patent/patent-library/patent-lib/200906/jpaapatent200906_082-097.pdf
◇インターネット出願の説明(2)
http://www.jpaa.or.jp/activity/publication/patent/patent-library/patent-lib/200907/jpaapatent200907_096-114.pdf
◇インターネット出願の説明(3)
http://www.jpaa.or.jp/activity/publication/patent/patent-library/patent-lib/200908/jpaapatent200908_110-115.pdf

==参考画像===
●インターネット出願説明会(10月8日東京)での配布資料
2009100801

●10月21日の電子政府・オンライン申請体験フェアで新たに目にしたチラシ(10月8日の時点ではなかった)
2009102101

●10月21日の電子政府・オンライン申請体験フェアの様子
2009102102

2009102103


|

« 特別会計の積立金と剰余金を巡る議論―いわゆる「埋蔵金」問題と財政の課題― | トップページ | 「特許庁業務・システム最適化計画」を改定、運用開始は平成26年1月に延期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13284/46586483

この記事へのトラックバック一覧です: インターネット出願一本化(ISDN出願廃止)まで約5ヶ月:

« 特別会計の積立金と剰余金を巡る議論―いわゆる「埋蔵金」問題と財政の課題― | トップページ | 「特許庁業務・システム最適化計画」を改定、運用開始は平成26年1月に延期 »