« 経済産業省平成22年度新予算要求「特許特別会計」は1,202.5億円 | トップページ | 法務省が「国際裁判管轄法制に関する中間試案」への意見概要と個別論点の検討を公開 »

2009/10/16

日本弁理士会「知的資産経営フォーラム2009」[2009/11/16(月)13:00-17:00東京]

日本弁理士会は、“リレーションシップバンキングの進展と知的資産経営時代における資金調達”というコンセプトのもと「知的資産経営フォーラム2009」を来る2009年11月16日(月)13:00~17:00に、東京都千代田区霞が関の全社協・灘尾ホールにて開催する。

なぜ今知的資産経営なのか、知的資産経営評価による中小企業の資金調達のあり方について解説・提言を行うことで、これからの知的資産経営のあり方を探り、リレーションシップバンキングの機能強化の中で、知的財産を含む知的資産に着目した資金調達(知的資産経営ファイナンス)に関する現在の動きを紹介するとともに、中小・地域金融機関におけるこれからの中小企業に対する知的資産経営ファイナンスのあるべき姿を提言するとしている。
また、知的財産を含む知的資産に着目した中小企業の資金調達(知的資産経営ファイナンス)に際して、情報の非対称性を解消するために、知財の専門家である弁理士はどのような貢献ができるかについて提言と意見交換を行うとしている。

「知的資産経営の時代と中小企業の資金調達」と題し村本孜氏(成城大学社会イノベーション研究科長教授)が基調講演を行い、「金融機関に訴求する“知財力”~地域金融機関の声より~」と題し森收平氏(日本弁理士会知的財産価値評価推進センター副センター長)が、「地域金融における知的資産経営とその評価の促進について」と題し中村博之氏(知的資産マネジメント支援機構(株)代表取締役)が、「知的資産経営評価融資の秘訣について」と題し中原裕彦氏(経済産業省経済産業政策局知的財産政策室室長)がそれぞれパネル講演を行う。
また、「知的資産経営時代の資金調達における弁理士の貢献」と題し、村本氏、中村氏、森氏、桜井政考氏(東京中小企業投資育成(株)成長支援部部長代理)をパネリスト、久保司氏(日本弁理士会知的財産価値評価推進センターセンター長)をコーディネーターとして、パネルディスカッションを行う。

なお、本フォーラムは「知的資産経営WEEK2009」の一環として行われる。

参加無料、定員300名、詳細および申し込みについては、以下の案内を参照。


◆「知的資産経営フォーラム2009」開催のご案内|日本弁理士会
http://www.jpaa.or.jp/topics/2009/event/shisankeiei_forum.html

◆知的資産経営フォーラム2009
 ※実施協力の日刊工業新聞社サイト内。ここからオンラインでの参加申し込みが可能。
http://www.nikkan.co.jp/html/benrishi/

|

« 経済産業省平成22年度新予算要求「特許特別会計」は1,202.5億円 | トップページ | 法務省が「国際裁判管轄法制に関する中間試案」への意見概要と個別論点の検討を公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13284/46501116

この記事へのトラックバック一覧です: 日本弁理士会「知的資産経営フォーラム2009」[2009/11/16(月)13:00-17:00東京]:

« 経済産業省平成22年度新予算要求「特許特別会計」は1,202.5億円 | トップページ | 法務省が「国際裁判管轄法制に関する中間試案」への意見概要と個別論点の検討を公開 »