« 2009年7月知的財産管理技能検定の2級・3級の問題が公開 | トップページ | 「知的資産に係る今後の課題:情報開示を中心として」日本公認会計士協会経営研究調査会研究資料第4号 »

2009/08/17

知財協「”知的感動を奮い起こす論理の展開”―弁理士会110周年式典の特別講演から―」

日本知的財産協会サイトの役員談話室に掲載された同協会の中山喬志専務理事のコラムです。

http://www.jipa.or.jp/coffeebreak/yakuin/yaku090815.html

1.”知的感動を奮い起こす論理の展開”―弁理士会110周年式典の特別講演から―
2.”裁判官と麻薬犬”―特技懇の懇親会に参加して―

※2009/11/02(月)追記
上記弁理士制度110周年式典の特別講演「グローバル化時代における知財高裁の役割」(知的財産高等裁判所長:塚原朋一氏)は、日本弁理士会会誌「パテント」2009年9月号記事として、WEBサイトで公開されています。
http://www.jpaa.or.jp/activity/publication/patent/patent-library/patent-lib/200909/jpaapatent200909_002-006.pdf

|

« 2009年7月知的財産管理技能検定の2級・3級の問題が公開 | トップページ | 「知的資産に係る今後の課題:情報開示を中心として」日本公認会計士協会経営研究調査会研究資料第4号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13284/45952430

この記事へのトラックバック一覧です: 知財協「”知的感動を奮い起こす論理の展開”―弁理士会110周年式典の特別講演から―」:

« 2009年7月知的財産管理技能検定の2級・3級の問題が公開 | トップページ | 「知的資産に係る今後の課題:情報開示を中心として」日本公認会計士協会経営研究調査会研究資料第4号 »