« 日本弁理士会「パテント」誌2009年6月号掲載記事公開 | トップページ | ICTベンチャー知的財産戦略セミナー(札幌)開催 »

2009/08/03

日本弁理士会中央知的財産研究所が第7回公開フォーラムを開催

日本弁理士会の附属機関のひとつ、中央知的財産研究所は、同研究所の研究活動の一端を紹介する「第7回公開フォーラム」をパネルディスカッション形式で開催する。

東京会場(全社協灘尾ホール)は平成21年9月7日(月)、大阪会場(大阪弁護士会館)は平成21年9月10日(木)、時間はいずれも13:00~17:30。参加は無料で事前申し込みが必要。

「商標権侵害における商標の機能の役割」では、「商標権侵害における商標の機能の役割を並行輸入や立体商標との関係において、さらには商標法第26条の適用場面において検討する」とのこと。
また、「特許法第104条の3についての問題点と対応策」では、「特許表104条の3導入後の特許権侵害訴訟における特許無効理由を巡る攻防に焦点を当てて、裁判例を中心に、問題点と対応策を検討する」とのこと。

詳細、申し込み方法等については、日本弁理士会サイトに掲載の案内(PDFファイル)を参照。
※追記:web申し込みは終了。
http://www.jpaa.or.jp/topics/2009/pdf/forum_200909.pdf

◆中央知的財産研究所|日本弁理士会
http://www.jpaa.or.jp/about_us/organization/affiliation/chuuou/

|

« 日本弁理士会「パテント」誌2009年6月号掲載記事公開 | トップページ | ICTベンチャー知的財産戦略セミナー(札幌)開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13284/45824644

この記事へのトラックバック一覧です: 日本弁理士会中央知的財産研究所が第7回公開フォーラムを開催:

« 日本弁理士会「パテント」誌2009年6月号掲載記事公開 | トップページ | ICTベンチャー知的財産戦略セミナー(札幌)開催 »