« 国立国会図書館が「国会図書館の本 有料ネット配信」(日本経済新聞記事)についてコメント | トップページ | ICTベンチャー知的財産戦略セミナー(さいたま)開催 »

2009/08/09

「知的財産管理技能検定」の「特例講習」(2級)を受講

先に書きましたが、本日2009年8月9日に「知的財産管理技能検定」の「特例講習」(2級)を受講してきました。
この特例講習は「知的財産検定」が「知的財産管理技能検定」の移行したことに伴い、知的財産検定の認定者は、移行措置である特例講習を受講し、修了試験に合格することで、国家検定の合格者=技能士となることができるというものです。私は5年前の「知的財産検定」第2回で、2級に合格していました。

会場は渋谷の國學院大學。講義も修了試験も同一の講堂。講義での座席は自由でしたが、修了試験の際の座席は、受検番号で指定されていました。最後の3コマめの講義終了後に、200人強?がいっせいに座席移動をしたわけですが、講義のときから指定席にした方が効率がいいような気も・・・・・・・

●講義
講義は1コマ45分間で午前2コマ。午後1コマ。講師は弁理士で3コマ通しでご担当。内容は、当日配布の特例講習用のテキストに沿って、特許法、実用新案法、意匠法、商標法、著作権法、不正競争防止法、民法、独占禁止法、種苗法・・・。
と列挙すればおわかりかと思いますが、駆け足でざっとした確認と復習、平成17年以降の改正事項をところどころでという感じでした。

●修了試験
修了試験は、最後の3コマの講義終了後。前方のスクリーンに注意事項などが投影されていたのですが、薄すぎてまったく読めない状態。結局、問題の表紙と係員の方の口頭説明で終わりました。
修了試験は40分間、20問、マークシート、3択。
具体的な内容は伏しますが、レベル的には旧「知的財産検定」2級合格者であればなんの苦労もないレベルです。また、講義中に「ここは重要ですから」「ここを覚えておくといいことがありますから」「今日はここを」という形で出題が予告されていたことばかりでした。私自身は、実質10分もかからずに解答を終了していましたし、まわりの方も20~30分もかかっていなかったように見受けます。旧「知的財産検定」合格後、まったく知財に触れていない、という方はともかく、基本的にはこの特例講習のためだけの予習や、この修了試験のためだけの対策は不要でしょう。
これは、既に旧「知的財産検定」という関門をクリアしている者を「知的財産管理技能検定」に移行させるという特例講習と修了試験の趣旨から当然なのかもしれません。

●結果通知等
結果通知書発送予定日は2009年9月16日(水)、合格証書発送予定日は2010年1月18日(月)だそうです。
まぁ、晴れて「知的財産管理技能士」に移行した後の「フォローアップ」を楽しみに待つことにします。


◆知的財産管理技能検定 特例講習
http://www.kentei-tokurei-ip-edu.org/

|

« 国立国会図書館が「国会図書館の本 有料ネット配信」(日本経済新聞記事)についてコメント | トップページ | ICTベンチャー知的財産戦略セミナー(さいたま)開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13284/45879025

この記事へのトラックバック一覧です: 「知的財産管理技能検定」の「特例講習」(2級)を受講:

« 国立国会図書館が「国会図書館の本 有料ネット配信」(日本経済新聞記事)についてコメント | トップページ | ICTベンチャー知的財産戦略セミナー(さいたま)開催 »