« 新刊「図表とイラストでよく分かる特許のとり方・使い方」 | トップページ | 弁理士制度110周年、弁理士の日記念行事 »

2008/09/03

知財セミナー「中小企業の知的財産経営」-研究開発から事業に至る知財の果たす役割-

日本弁護士連合会と日本弁理士会が共同で開催する知財セミナー。

中小企業の経営者、知的財産実務者を主な対象として、研究開発から事業に至る一仮想事例「キャスター付き椅子事件」に内在する知財の問題を取り上げ、弁護士、弁理士のディスカッションにより、知的財産経営に適した解決策を探る。中小企業における知的財産活用のポイントと留意点、知的財産に詳しい弁護士、弁理士の活用のヒントとノウハウがわかります。

大阪:9月20日(土)午後1時~5時(大阪商工会議所)
東京:10月4日(土)午後1時~5時(弁護士会館)

参加費:無料!詳細、申込は、
http://www.jpaa.or.jp/topics/2008/collabo-semi.html

|

« 新刊「図表とイラストでよく分かる特許のとり方・使い方」 | トップページ | 弁理士制度110周年、弁理士の日記念行事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13284/42368872

この記事へのトラックバック一覧です: 知財セミナー「中小企業の知的財産経営」-研究開発から事業に至る知財の果たす役割-:

« 新刊「図表とイラストでよく分かる特許のとり方・使い方」 | トップページ | 弁理士制度110周年、弁理士の日記念行事 »